地方の女たち

夜の街で出会った女達と男達

狸まつり

2016-11-05 17:16:44 | 日記
徳島の昔の名前は阿波。。。
その「阿波」を使って全国的に一番有名なのは「阿波踊り」と思いますが・・・

「阿波の狸合戦」と言って金長(きんちよう)狸と六右衛門狸の戦いの伝説も面白いんです。
もちろん伝説なので色々と説はあるのですが、この二匹の狸が大勢の部下を伴い戦ったのは「事実」みたいですよ

元々、金長狸は四国の狸の総大将の六右衛門を慕っていたのですが、あまりにも優秀な為に六右衛門に自分の地位を脅かされると思われ戦いになった・・・らしい。
その結果、今の勝浦川の岸辺には戦死した狸が多数いたらしい。
戦いは金長狸が勝ち六右衛門は亡くなったが、金長も戦いの傷が元で後に亡くなった。

現在の徳島には社名や商品に「金長」や「六右衛門」を使っている所も有りますネ。。。

そのタヌキにあやかりたいと町興しの一環で始まった「狸まつり」

場所は藍場浜公園で、阿波踊りの演舞場にもなる所です。
多くの屋台が出るのですが、ざっくりとテキヤと県下各自治体の産物と地元企業の三つのエリアに分かれています。

 各自治体からの出店は魚類や野菜・果物類が多いです。
そこに集まる人は少し年齢が高い感じがしました。


 地元企業の出店付近は祭りの雰囲気と言うより展示場。なんか静かな感じです。
出店より、その前に設置された子供の遊び場が若い親子で賑っていました。


 やはりプロのテキヤの付近が一番にぎやかな感じです。 まぁ、たこ焼き・カラアゲなど食べ物もこの付近だし、焼き物の臭いも人を集めますよね。騒音でしかない発電機の音も、こういう場所ではテンションを上げるから不思議です。


天気もよく、のんびりと会場を散歩がてらに訪れ、立ち止まって両手を後ろで組み祭りの風景を見ていると・・・
私の手の指を誰かが優しく握って引っ張るのです。
振り向くと・・・ちっちゃな女の子が親と間違って私の手を握って進もうとしているんです。

少し離れた所で、母親らしき人とお姉ちゃんらしき2人が笑顔で「私達親子」を眺めてた。
私はその手の感覚が気持ち良くて、引っ張られままについて行きました。

少し歩くと母親と姉(子供)が見えたのでしょう、、、、
ちっちゃな女の子はゆっくりと手を離して、こちらを見上げた・・・可愛い笑顔だ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家庭菜園の連続です | トップ | 豆だらけ・・・ »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。