地方の女たち

夜の街で出会った女達と男達

トランプと経済

2016-11-12 11:17:34 | 今日のニュースから
この話題は飲み屋でも出来るネタで、この人についての話の内容は政治が薬味で本体は別の事のなります。

暴言ならフィリピンのドゥテルテ大統領の方がひどいが、やはり日本に対する影響力を考えればアメリカとフィリピンじゃ天地の差があり、トランプの話題で韓国の朴槿恵やフィリピンのドゥテルテの話題は吹っ飛んだ。

トランプの当確後の演説を見て、世界中の多くの人が・・・チョット安心

物事を考えるのに損得を考えるのは普通だけど、その割合が人によって違います。
トランプの場合は不動産屋だけに、その割合が多いと予想しますよね・・・普通。

その利益の得方が問題なんです。

目の前に子豚がウロウロしてたら・・・

近年のアメリカの考え方は豚を太らせてから食べる、その間に別の豚を繁殖させて子豚を作る。
・・・これならば豚はづぅ~っと食べる事が出来ます。

中国はどうだろう???
目の前の子豚はすぐに捕まえて食べます。太らせるなんて考えない、その間に死ぬかもしれないし誰かに盗まれるかもしれないので、そんなリスクは負わない。

じゃあロシアは・・・???
アメリカと同じ様に太らせて食べます。今の食料はどうするかと言うと他国から豚を奪って食べます。

日本には日本の考え方が有りますが、しょせん日本はアメリカの支配を部分的に残している国。
経済活動もアメリカ次第なんです。
だから、、、トランプの経済政策の姿を早く察知したいんです。
日本にある米軍基地の話しなんかも、軍事の話しじゃなくて経済面の話しが入り口なんですね。


〔トランプの政治活動は・・〕

これは一言で言って「何も出来ません」
当選確実後の言動で世界の人が知った様に・・「地位が人を造る」
ただしトランプの場合は「地位によって造られる」のは一時的なものです。。。

それはトランプの性格と言うより、トランプの支持者の意向を無視できないからなんです。
アメリカの大統領になった気持ちなんて想像できませんが、政治家で無い人が突然政治家のトップになった時は大半の人が「政治家」をやってみようとします。

私が白衣を着せられて、大学の研究室に主任研究員として迎え入れられたら、私はその日から研究者モードです。しかし、私にできることは研究室の掃除くらいですよねぇ~。

掃除をするなら、それでも良いかもしれないけど・・・
どうしても研究者の様な事をやりたくなる。 だって、一旦研究室から出ると世間の人たちから・・
「立派な先生なんですよねぇ~」
・・って言われるもんだから、何か研究をしなくちゃと思うのも当然でしょ。

必ず トランプも何か政治をしようとします。
その時に問題が発生するんですねぇ~

自分が言ってきた事。。 現実にできる事。。 
国内の支持者の意見。。国内の反対派の意見。。

これらを両立させる、もしくは妥協点を見つける。 
その為には自分の意に反する事を、自分の意見として主張しなくちゃならない時が来るのが政治なんです。

その結果、利益を失う方面から強烈な批判を受けることになります。

・・・で。
「地位で造られた自分」と「本来の自分」が行ったり来たり。。。
その姿はすでに見えていますよね。
トランプのHPでイスラムの人たちの入国禁止と唱えていたのが、画面から消えたり付いたりしています。


ホワイトハウスの中でほうきを握り、外に出たらマイクを握る事だけに徹したら・・・
ひっとして二期八年の満期をまっとうしてアメリカ大統領として名を残す事が出来ますが、、、
少しでも政治家になりたいと思ったら、確実に一期4年で終了し、残念な大統領として名を残します。

まぁ、、、物事に一喜一憂しない今の安倍首相なら心配ないでしょ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 死刑執行 | トップ | 情けない、、徳島 »

コメントを投稿

今日のニュースから」カテゴリの最新記事