心のかたち 小野英四郎

子どものころの思い出や、毎日の生活での思いを表現しています。ご感想をいただけたらありがたいですね。

2017年03月13日 | 師匠の作品
師匠の作品 №3


先生もよく「夢」を書いておられました。

九十を過ぎても書いておられました。

私の夢はすでにしぼんで小さくなっているのですが、

「あるのはある」というほどになってしまいました。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬の薔薇 | トップ | 花のさくころ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

師匠の作品」カテゴリの最新記事