心のかたち 小野英四郎

子どものころの思い出や、毎日の生活での思いを表現しています。ご感想をいただけたらありがたいですね。

ちょいと自慢の品 №10

2016年10月17日 | 火鉢
火鉢


その昔、どの家庭も火鉢の火で暖をとっていました。

火鉢の上にまたがってお尻を温めもしました。

火箸の先で炭をととのえながら、上手に火を

熾(おこ)しました。

餅や干芋を焼いたりしながら

田舎時間がゆっくり過ぎていました。
ジャンル:
コレクション
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちょいと自慢の品 №9 | トップ | 作品 「かえるのたわごと」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。