心のかたち 小野英四郎

子どものころの思い出や、毎日の生活での思いを表現しています。ご感想をいただけたらありがたいですね。

作品 「かえるのたわごと」 その30

2016年10月19日 | 刻字


庭の一番高い樹のてっぺんのあたりに

烏が巣を作ろうとしているのでしょうか。

『ガアーッ、ガアーッ』 とうるさく鳴きます。

あまりうるさいので 『こらーッ』 と怒りましたが

いっこうに反応がありません。

そこで下から小石を投げました。

しばらくして、烏が西の空へ飛び立ちました。

最後に一鳴き 『それがなんね』 と言い残して

去ったように思いました。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 獅子 | トップ | 谷口樵雲先生 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

刻字」カテゴリの最新記事