馬医者修行日記

サラブレッド生産地の大動物獣医師の日々

ひどい裂蹄のその後

2016-11-02 | 蹄病学

朝、シカに襲われた1歳馬が上腕骨骨折のようだ、ということで来院。

左胸に角で突かれた傷があり、肋骨も折れている。

そして、右前肢は負重不能。

X線撮影して上腕骨骨折を確認した。

斜骨折だが、粉砕しているようだ。

助ける術はない。

                      -

ひどい裂蹄をおこし、蹄関節もひらいてしまった重種の仔馬。

ほぼ1ヶ月経って再来院。

歩きはとても良い。

前回の術後もほとんど痛みを見せなかった、とのこと。

Distal Limb Castをはずす。

傷の状態も素晴らしい。

もちろん蹄壁は癒合しない。しかし、軟部組織は癒合したようだ。

ただ、これから蹄球や蹄冠が開いてしまうと、そうなってからでは処置のしようがない。

せっかくうまく癒合しているので、またキャストを巻くことにした。

キャスト擦れもまったくない。

正直、ダメかな、と思うような怪我だったが、何が幸いしたのだろう。

発症してから時間が短かったこと、

徹底したデブリドメントと関節洗浄、

ワイヤーによる蹄壁の縫合、

キャストによる不動化、

これらは重要な要件だったように思う。

 

 

 

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子牛の骨折プレート固定の実... | トップ | 飛節軟腫 ワンコの »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はとぽっけ)
2016-11-02 21:05:56
 鹿に突かれて命落とすなんて、不憫。鹿に当たられて廃車になることもあるくらいだから、危ないですね。はとぽっけはラッキーでしたね。あぽぽーんと鹿のおなかを見上げていましたけど。
 一方ではひどい傷だったけどここまで治すことができるなんて、悲喜交々。
 やんちゃで力持ちだから怪我をしたような印象ですが、大人しいおんまさんなのですか?痛みもなく、食欲も落ちなかったのでしょうね。飼養管理もよかったのかと思います。
 この後は蹄がしっかり伸びてくるといいのでしょか?おかぁさん馬には会えたのでしょか?ばん馬の素質、生かすことができるようになるでしょか?
 お医者さんが先にあきらめちゃうとそこでおしまいになっちゃいますもんね。
Unknown (piebald)
2016-11-02 21:08:52
良かったですね。本当に良かったです。

お母さんは、まだ主張中なんでしょうね。
>はとぽっけさん (hig)
2016-11-03 08:00:05
シカは”駆除”で少しは減っているようですが、まだまだ対策が必要なようです。

重種馬はサラブレッドよりずっと温和ですが、肢を挙げようとしませんし、人の足を踏んでも平気で踏み続けたりします。
>piebaldさん (hig)
2016-11-03 08:01:40
もう母馬に会ってもお互いにわからないか、知らんふりのはずです。

馬房でおとなしくしていたようです。それも蹄の傷が悪化しなかった要因だと思います。
Unknown (zebra)
2016-11-05 08:24:15
ヒールブロックを使う形でキャストをかけたのですか。
関節に傷が到達していなければ、もしかすると蹄底での負重をすればよいのかもしれませんが、この症例では単純にそういう考えをするわけにはいかないですね。
若いというのも一つの要素だろうと思います。
角質は置き去りのままですが、切れた蹄冠がくっついてある程度まともな蹄壁が出てこないとこの症例はうまく行かないでしょう。
牛の鼻鏡断裂縫合解除したら見た目開いてしまい、ダメかと思ったら半年経ってまたくっ付いた、というほんまかいな症例がありました。
縫合してた時期に延びた膠原繊維が一時的に耐えられなくて傷が開いたのでしょうけれども、時間とともにそれが増生して傷を手繰り寄せたのだろうと想像しています。
まあ、運がいいだけなのですがやっぱり縫う努力はしないとだめだなと思わされます。
そんな風にこの症例も蹄壁が再生されるとよいですね。
不完全なものでも負重ができればこの馬の生涯を全うすることはできるでしょう。
20年も生きるような繁殖や競技競争が目的ではないわけですから。
>zebraさん (hig)
2016-11-06 04:39:24
hoof cast, distal limb cast には一般にヒールブロックをつけません。ヒールブロックは、球節を直線状にしたときに踵を支えるためのものですから。
蹄底を支えても蹄壁の動きを抑えることはできないでしょう。蹄葉炎で使われることがある底を丸くしたdistal limb castは反回によるストレスを無くす点で効果があるかもしれません。

若さは治癒能力、再生能力の大きな要因ですね。一方で秋の当歳でさえ成馬より感染に弱いです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。