馬医者修行日記

サラブレッド生産地の大動物獣医師の日々

1歳馬の空腸纏絡

2016-10-12 | 急性腹症

1歳馬が午前から疝痛。

来院して超音波画像診断したら小腸閉塞のようだ。

フルニキシンメグルミンを投与し、鎮静剤を投与し、それでも痛い。

開腹手術したら、空腸が大きなループで纏絡していた。

解くことができて、ラッキーなことに壊死しそうな部分はなかった。

水腫性の肥厚と、わずかに膠様浸潤があるだけ。

纏絡部位より吻側の膨満部の内容は盲腸へ推送し、盲腸でガス抜きした。

これなら癒着の心配も少ないだろう。

                  /////////////

サッカー日本代表ワールドカップ・アジア最終予選オーストラリア戦。

原口元気はベンチへ下がった後タオルをかぶって泣いていた。

この最終予選、大活躍で、この試合でも先制のゴールを決めて、でもPKを与える反則をしてしまって・・・・

体が切れていて勢いあまって、という感じだった。

決めたゴールも難しいシュートだった。

楽しみな選手が出てきたね(新人じゃないけど)。

ヨーロッパへ行って、壁にぶつかって、自分を見直して、何ができるか考えて、自分を鍛えあげなおして、そしてドイツのチームの主力として活躍している。

この後の彼の日本代表での活躍が楽しみだ。

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高齢乗馬の疝痛3日目 | トップ | ひどい裂蹄と蹄関節損傷 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はとぽっけ)
2016-10-13 07:26:23
 開腹したとき、ピンクの腸管が現れたら、きっとよい予後を思うのでしょうね。今回は早い受診で、おんまさん、よかったですね。
 サッカー、盛り上がる試合展開だったようですね。サッカーに限らず、ほとんどのスポーツはかなり気分が高揚しているのでしょうね。子供たちの指導者は運動後のケア、メンタルな部分も指導しているようですョ。
 一雨ごとに、冬に向かっていることを実感するこの頃ですが、2度とない今日もいい一日を!
>はとぽっけさん (hig)
2016-10-14 04:44:57
ほどいてみてピンクにもどるようなら、ということですね。ギュッと捻れるとたぶん1時間もしないで紫になります。

ハリル・ホジッチ監督が原口元気に声をかけボディータッチしていました。「よくやった、おまえのせいじゃない」でしょうか。

われわれの業界にも彼の様な次世代の担い手の登場を期待したいです;笑

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。