馬医者修行日記

サラブレッド生産地の大動物獣医師の日々

またまた大結腸奇形に悪戦苦闘する

2017-05-17 | 急性腹症

昼前、競走馬の喉頭内視鏡検査。

終わったら、分娩後の繁殖雌馬の不調の相談。子宮穿孔、消化管損傷、動脈破裂、などが疑われるが・・・

午後、2歳馬の球節chip fracture の関節鏡手術。

その前に、2歳馬の疝痛診察の依頼。

しかし、関節鏡手術が終わっても、すぐには来院しないことになった。

1ヶ月齢の仔馬の疝痛も連れて来たい、とのこと。

先に来る、重症馬から対応するしかない。

2歳馬が先に来院。

診察して手術適応だと判断したが、仔馬も来院。

仔馬はもう立てない。こちらが先だ。

仔馬は空腸捻転だった。

大きなループが腸間膜を軸に捻転し、その先はすっかり変色していた。

捻れを戻して、1.8m空腸を切除し、空腸空腸で端端吻合した。

終わってすぐ2歳馬の開腹。

結腸左背側変位を一番の推定診断に考えていたが、左背側変位はしていない。

大結腸はほとんど厚くなっていない。

右背側結腸には大量の内容が入っているが、ひどい便秘というほど固くない。

結腸を引っ張り出そうとするが、出てこない。

破れそうでとても危ない。

術創を切り広げたが、雄馬でペニスがあるので、それ以上は尾側には切り広げられない。

この30年、日本で最も多く馬の大結腸を引っ張り出してきた私が手こずるのだ;笑

仕方がないので、引張り出せた部分を切開し、水を入れてもみほぐして内容を少しずつ棄てていった。

それでも結腸壁の筋層が裂けたので、途中で縫合した。

なんとか大結腸を空にした。

あらためて引っ張り出して、盲腸との位置関係を確認した。

大結腸は・・・・ハート型をしている。

本当の骨盤曲は、腹側結腸の紐が終わる辺り。

大結腸が奇形なので、便秘しやすく、今回はそれに変位も加わったのだろう。

3時間がかりの大手術になった。

その前の仔馬の開腹も合わせると5時間超。

片づけをしていたら、2歳馬のオーナーさんが、

「思い切って切り取ってしまえばよかったんじゃないか」と言う。

楽しいおじさんだ;笑

                      /////////////

タウリン、カフェイン、ヴィタミンB群、さて効果はあったか・・・・・

一番元気が出るのは、きのう手術した馬が今日好調なことだ。

 

 

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新生仔馬の脱水と低血糖には... | トップ | 爽やかな季節の日曜日 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はとぽっけ)
2017-05-17 21:29:33
 もし2歳馬の手術が始まってから仔馬が到着するという順番だったら厳しい結果になったかも。ハートかぁー。そんなぁ。って思った。
 お、チオビタ2000。経過がいいと、ホント、眠気もぶっ飛び、力も湧くでしょね。
 明日もいい日になりますように。
>はとぽっけさん (hig)
2017-05-18 05:37:28
順序が逆だったら仔馬は厳しかったかもしれません。
どんな症例もさっさと判断して、早く連れて来る、そして慎重に診断する、のがだいじということでしょうかね。
Unknown (Chelsy)
2017-05-20 03:05:32
大人しかったり何となく元気のない仔馬の中には内臓奇形がいたりするかも知れませんね。厳しい環境(自然界・政治的)の中で生き残って来たヒトも動物たちもラッキーというか何というか。。
>chelsyさん (hig)
2017-05-20 04:31:06
生産地で馬を診ていると、おかしな部分を持って生まれてしまう子馬をたくさんみます。中には生きていけないというほどではなく、数年後、十数年後に問題が起きてくることがあります。
ほんと、標準どおり、というほうが不思議でラッキーなのかもしれません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。