馬医者修行日記

サラブレッド生産地の大動物獣医師の日々

繁殖雌馬の空回腸纏絡

2017-03-20 | 急性腹症

きのうは休みで、夜は当番じゃなかった。

早朝、繁殖雌馬の疝痛の依頼。当番者に伝言した。

出勤したらその馬の開腹手術が始まるところだった。

実習生が来ていないので尋ねたら、3時まで手術していたので、まだ呼んでいない、とのこと。

電話して呼ぶ。

症例を観るために費用と時間をかけて実習に来ているのだ。私なら1例でも多く観たい。

                           -

小腸閉塞でひどい。

成馬の小腸閉塞で、完全膨満していたら助手が必要だ。

実習生に手を洗わせる(手指を消毒して、滅菌手袋を着けた助手をさせることをそう言う)。

しかし、絡んだ空回腸がほどけない。

それで私も手洗いして手術に参加した。

赤黒く変色した纏絡部を切開して減圧した。

そのことで、やっとほどけた。

腸間膜が破れていた。

12日前の分娩後からずっと調子が悪かったそうだ。

ひょっとすると分娩で腸間膜が破れたのかもしれない。

                       -

壊死部を切開して内容を棄てる。

腸間膜の血管を結紮止血する。

回腸を切断して、断端を閉じる。

壊死部を切除して、健康な部分を盲腸へ吻合する。

腸間膜を縫い付けて穴を閉じる。

                       -

腹腔洗浄した。

完全壊死した小腸からは、大量の炎症性サイトカインが腹腔内へ放出されているはず。

それだけでなく、腸間膜が破れていたので、出血もあり、フィブリノーゲンも腹腔へ出ている。

こういう症例の腹水中の乳酸値や細胞逸脱酵素も、血中以上に上昇していることが報告されている。

それらは、癒着の要因になるはず。

腹腔洗浄はその可能性をいくらか減らしてくれるだろう。

                       -

夜中中、疝痛に苦しんでいたらしい。

顔も肢も傷だらけ。

                     /////////////

きょうは暖かかった。

ことしは今日が春分の日だものね。

 

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1歳馬の回盲部閉塞 | トップ | 斜・傍正中切開による顆粒膜... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はとぽっけ)
2017-03-20 19:54:44
 じゅーににちかん!想像するだけで気絶しそう。その間、仔馬にお乳を飲ませたり、お世話をしたりもして?
 どうか、元気になってまた仔馬と過ごせますように。勝算はどれくらいでしょ。
 お彼岸の中日で、穏やかないい日でした。
 オラ君、似てる。そっくりだ。似ちゃうんでしょうね。オラ君、いいねぇ。
 ミルワーム、ちょっとしかなくて「おしまい」って言ったら「もっとたべな(もっとたべたい)」だって。食べるとき「ハイどうぞ」って言いながら食べたり。所詮だから、日本語変だ。似てないですよ。
Unknown (chelsy)
2017-03-21 02:01:52
二人?で同じ方向を見ているオラ君とhig
先生。素敵な関係ですね(笑)
>はとぽっけさん (hig)
2017-03-21 04:00:53
ずっとひどく具合が悪かったのではなく、落ち着いていた日もあったようです。それが突然ひどく痛くなったそうです。

牧場は仔馬をもう乳母につけました。半分あきらめているのかもしれません・・・

ニワトリと会話できるのは面白いですね。
>chelsyさん (hig)
2017-03-21 04:04:43
隣に座ってくれる大型犬はいいですね。存在感が安心感につながります。すぐ背中を向けてきて、マッサージをせがみますけど;笑。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。