馬医者修行日記

サラブレッド生産地の大動物獣医師の日々

捻転去勢棒試用2

2015-08-20 | その他外科

きのうは、

1歳馬の飛節OCDの関節鏡手術。

午後は、2歳馬の去勢。

当歳馬の球節の肢軸異常の矯正手術と蹄処置。

                   -

その2歳馬の去勢で捻転式去勢棒を使ってみた。

静脈麻酔で仰臥にして、陰嚢の正中を1ヶ所、精巣の短径だけ皮膚切開する。

皮下織を掘るように剥がし、精巣を総鞘膜ごとつかみ出し、さらに皮下織を押し下げて精巣を引き出す。

これには多少のコツと指の力がいる。

倒馬してすぐに精巣実質に局所麻酔薬を注射しているのだが、充分に効果が現れるのは15分後だと言われている。

待っていられないので、精索にも局所麻酔薬を注射する。

痛みがない去勢をすることは、去勢後の腸管脱出を防ぐ上でもたいせつだと考えている。

子牛の去勢用に作られている豆作式ニコイチ捻転式去勢棒だが、成馬の精索も捕らえられる。

あとはHenderson式去勢と同じ。

できるだけ引張らないように、完全に捻りきれるまで、最初はゆっくり回す。だんだん速く回しても良い。

最初だけわずかな抵抗があるが、力がいるわけではない。

捻転式去勢棒の持つ部分にチューブが付けられているので、手術手袋を着けていても手袋を巻き込んだりしない。

40-50回くらい回転させると精索が捻り切れる。

反対側も同じようにやる。

                      -

電動ドリルも要らないし、回転の調節がしやすいし、数万円するSTONE社の去勢具も要らない。

捻転式去勢ではあるが、STONE社の器具とはまったく違う器具なので、特許上の問題もないだろう。

しかし、ステンレスの頑丈な棒を180度曲げるのはHow toと器材が要るので、自作するのは難しい。

北海道発の牛と馬の去勢具が、世界を席捲するようになったら、それだけで愉快だと私は思う。

                    ////////////////

ことしの夏は北海道は天候不安定。

いつのまにか暑さも峠をすぎてしまったようだ。

これだから北国の夏はうっかりしてられないんだよ;笑。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 捻転去勢棒試用 | トップ | 子牛の陰睾 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (piebald)
2015-08-20 10:32:41
 誰も気づかなかった、ちょっとした工夫が高価な道具より使いやすい。これですね。私も、簡単な事が、何より大好きです。
>piebaldさん (hig)
2015-08-20 19:04:06
simple is best でしょうか。しかし、発想を具体化する努力のすえにそれがあるのかもしれませんね。
Unknown (豆作)
2015-12-31 07:57:32
hig先生のブログを見るのをサボっていたら
こんな記事のあったことを見落としていました。
ニコイチ捻転棒
早速使っていただいたのですね!
ありがとうございます。
現在、この棒を手に入れる窓口は
私ではなく、MPアグロさんに
やってもらっています。
次回の私の記事で
この記事を紹介させてくださいね!
>豆作先生 (hig)
2015-12-31 17:02:50
成馬の去勢にもとても良い感触でした。
AAEPのブースで売ったらすごく売れると思うな。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。