馬医者修行日記

サラブレッド生産地の大動物獣医師の日々

メッケル憩室腸間膜による空回腸纏絡

2017-10-08 | 急性腹症

午後2時半から疝痛を示した1歳馬。

夕方になっても痛く、夜7時前に来院。

痛みは治まっているようにも見えたが、超音波で検査すると右腹部で完全膨満した小腸が観えた。

PCVは30%そこそこ、乳酸値も1.0mmol/l だが、「開腹した方がいいです」

                         -

開腹したら回腸のすぐ吻側で縛られて小腸が出てこない。

締め付けているのが腸間膜のようだったので、指で引きちぎるようにして引っ張り出した。

空腸の末端あたりに、腸間膜が腸を取り巻くように付着している部分があった。

メッケル憩室腸間膜の遺残だ。

これが原因で小腸捻転を起こしている例にはときどき遭遇する。

                       -

回腸は回盲部近くまで変色している。

仕方がないので回腸を引っ張り出せる限界で切断して盲端にし、

壊死した空腸下部を廃液ホースとして使って小腸内容を棄てて、

壊死部を切除して、健康な空腸を盲腸体へ吻合した。

手術終了が9時。

馬は麻酔は切れているようだったのに、なかなか立とうとしなかった。

手術前の数時間、痛いときは激痛だったようなので、へばっていたのだろう。

                       -

次の日、腸管手術の翌日としてはとても調子が良かった。

手術した馬が好調だと、私もhappy だ;笑

                    ////////////////

夕暮れが早くなった。

これから、夕方の散歩は暗闇の中だな。

 

 

 

 

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 下顎骨折プレート除去、Lawso... | トップ | 長野で思ったこと »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はとぽっけ)
2017-10-08 20:52:38
 開腹手術したときしかメッケル憩室腸間膜はみつけることができないのでしょか?見つかったら、開腹手術になるのでしょうけど。
 ヒト医者は患者さんと回復の喜びを共有できるけど、獣医さんはあまりそういう場面ってないでしょね。嫌われることはあっても。
 今年はきちんと赤やら、黄色に紅葉している木々が多いように思います。
 今朝は寒かったからかシマヘビのおこちゃまはしぶしぶ逃げている感じで可笑しかった。
>はとぽっけさん (hig)
2017-10-08 21:01:06
腹腔鏡手術でたまたまみつかる、ということはあるかもしれません。繁殖雌馬でも見つかることがあるので、なんともなければ何年もそのまま生きていけるのだと思います。

獣医さんは、患者が文句を言わない分、楽かもしれませんが、患者さん自身に感謝してもらえないのかもしれません。「助けてやった」なんて思ってると蹴られます;笑

コメントを投稿

急性腹症」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。