馬医者修行日記

サラブレッド生産地の大動物獣医師の日々

新生仔馬の脱水と低血糖には遅れず対応しなければならない

2017-05-17 | 新生児学・小児科

夜中、生まれて2日目の仔馬が乳を飲めなくなった、のでとNICU(neonate intensive care unit)への依頼。

来院したら立っていて、親からも哺乳している。

しかし、血液検査ではPCV47%、白血球数2740/μl。

かなりの脱水と白血球減少。

持続点滴するならその間親から離さなければならない。

せっかく親から哺乳できているので、それはしたくない。

それで、留置カテーテルは入れず、留置針を使って1時間ほどかけて電解質液と5%ブドウ糖を点滴した。

翌朝、仔馬は自力で親から哺乳していた。

                    -

子馬が乳を飲めなくなったら、脱水、低血糖におちいる。

それに対応するには、輸液しなければならない。

夜中でもだ。

                   ---

翌朝、仔馬の様子を観にいって、カルテを書いていたら1歳馬の外傷の依頼。

往診先で縫合しようとしたが、馬が敏感でできなかった、とのこと。

来てみたら、後肢で、腱が露出し、汚れていて、一部は骨膜も削れていた。

こんな外傷は立位で処置するのは無理だ。

患部の毛をきちんと刈り、

汚れた皮下織を鉗子でむしりとった。

50ccのシリンジに細い針をつけて思いっきり噴射すれば、傷をきれいにできる圧が達成できる、と書いてある外傷管理の本があるが、ウソだ。

腱傍組織を縫合し、皮下織に皮膚を縫いつけ、皮膚縁を縫合し、皮膚はステント縫合した。

それでも傷は癒合する率は高くない。

傷がはじけてしまうまでに、内部で組織の治癒過程が進むこと。

このまま二期癒合を期待するより、傷が小さくなること。を期待する。

                     ---

夜勤明けで、NICUの子馬が居たが、もっととんでもない日になるとは思っていなかった。

 

 

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 交配による膣穿孔 | トップ | またまた大結腸奇形に悪戦苦... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はとぽっけ)
2017-05-17 07:20:06
 試用していたデブリマシンはもうないのですね。
 母馬が体調悪くても、仔馬がそうでも、長時間離すせない、もれなくついてくるか、どちらにも対処が必要なのですね。
 あら、なんでしょ?お疲れでしょね。
 いい一日を
Unknown (piebald)
2017-05-17 10:19:06
お乳、飲めるようになって良かったですね。
 まきばの生後1か月で母に死なれたポニーは、無事育ってくれたのですが、下の歯並びが悪いんです。切歯しか見てませんが、少しデコボコしてます。歯の先は、平らに削れていますが、あごの幅が足りないのかな?顎が育つとき、栄養不足だったのかな?等と、思ってしまいます。

仔馬って、目を離しちゃいけないから、目が離せないように、可愛いのかもしれませんね。
>はとぽっけさん (hig)
2017-05-17 19:02:32
バーサジェットはちょっと高すぎると判断しました。欲しいですけどね。今回も、あったらな~と思いました;笑

子馬が乳を飲んでくれないと2-3日で泌乳停止してしまいます。母仔関係って大切なんですよね。
>piebaldさん (hig)
2017-05-17 19:04:55
ポニーは歯並びが悪いのが多いようです。ミニチュアはとくにです。

生き物の赤ちゃんが可愛いのは、攻撃性がないことを姿で示すことで、襲われるのを避け、守られるようになのでしょうね。

コメントを投稿

新生児学・小児科」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。