馬医者修行日記

サラブレッド生産地の大動物獣医師の日々

眼瞼裂創

2017-10-19 | 馬眼科学

馬はときどき上瞼を切ってしまう。

何かにひっかけるのだろう。

発見するのが遅れると、垂れ下がった瞼はひからびてしまう。

しかし、絶対に切り取ってはいけない。

瞼がないと、風が吹いただけでも角膜が刺激されて涙をポロポロこぼすし、角膜が乾燥したり、傷ついたりしやすくなる。

瞼は単なる皮膚の延長ではなく、眼器官なのだ。

                       -

瞼はとても血行が良い組織で、縫合すれば癒合は良好だ。

ひからびていても、

汚れていても、

凍っていても、

瞼を切り取ってはいけない。縫合しろ!!

                       -

と教わったので、そうする。

ほとんどの馬で立位で縫える。

鎮静して、眼窩上孔で神経ブロックする。鼻捻子保定もできるし、リドカインの点眼で角膜も麻酔できる。

コツは、眼瞼縁を先に縫い合わせることだ。でないと肝心の瞼の端がずれてしまう。

二つ目は、結膜に糸を出さないことだ。角膜に擦れて傷をつけてしまう。

二層縫合が推奨されている。

私は、十字縫合が良いと思う。皮膚も、断面もしっかり合わせることができる。

                        -

眼窩上孔でのブロックは先日の講習会で教えた。十字縫合も質問されて答えた。

                        -

術後管理も大切。

眼を擦って、また同じ傷を負う馬がいる。

怪我の元になった物を見つけて取り除いておきたい。

                           ---

今日は、

競走馬の第三手根骨の骨折の関節鏡手術。ほとんど盤状骨折だった。

そして、繁殖雌馬の眼瞼裂創。

当歳馬の外傷。

午後、1歳馬の披裂軟骨炎の肉芽切除。

準急患で、競走馬の中手骨外顆骨折のスクリュー固定。

入院厩舎に小腸を7m切り取った繁殖雌馬が居る。

                        /////////////

本格的に霜が降りた。

今朝は氷点下だった。

 

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 経験5年未満の獣医師の研修 | トップ | 近位指節関節固定 9症例目 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はとぽっけ)
2017-10-19 22:07:52
 おんまさんも一重瞼と二重瞼があるのでしょうか?
 いったいどこでこんなことに。馬房、洗い場、馬具、牧柵などでしょか?
 メッシュの眼帯のようなものはこういう場合、どうでしょ?
 寒くなっちゃいましたね。台風のニュースもあるようですが。オラ君、ときどき幼少のころの画像見てますが、わんこの時間は早いですね。いいお顔。
>はとぽっけさん (hig)
2017-10-20 04:46:59
完全な一重瞼はいないかもしれません。でもくっきり二重とか、奥二重とか、いろいろです。

この馬、数年前に顔を蹴られて骨折し、プレートが入っています。ひょっとするとまた蹴られたか・・・?鋭利なもので切っているのが多い部位ですが、この傷はギザギザに裂けていました。

メッシュの遮眼帯、いいですね。

もはや晩秋です。

コメントを投稿

馬眼科学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。