馬医者修行日記

サラブレッド生産地の大動物獣医師の日々

脛骨近位成長板損傷Salter-Harris2型 LCP抜去とまた1頭・・・

2017-05-12 | 整形外科

3月末に脛骨近位成長板損傷をLCP2枚で固定した仔馬はGW中にLCPを抜いた。

内固定前と、

内固定6週間後。

術後10日ほどで術創が開いてしまい、その後感染し、経過は順調とは言えなかった。

異常可動もひどかったのでLCP2枚でしっかり固定したのだが、その分、皮膚の緊張が強くなってしまったことが要因だろう。

関節近くのよく動き、ひっぱられる部分だし、包帯もできない部分なので傷が開かないかはこの部位の骨折治療の課題のひとつだ。

                       -

そして、またあらたに同じタイプの成長板損傷。

今回は、screw&wire で牽引しておいて、6穴ナローLCPで固定した。

このタイプの骨折は、Tプレートで手術していた頃から、ダメになったことはない。

あとは、安心して、併発症なく、経過よく治せるように上達していきたい。

                      ///////////////

雨だね~

 

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PCV36%の小腸捻転 | トップ | 橈骨遠位成長板損傷Salter-Ha... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はとぽっけ)
2017-05-12 06:42:01
 成長期の仔馬だから、という注意点もあるけど、成長に助けられて治癒に向かうという面があるのですね。筋肉も左右ができたようですが、じきに治るのでしょうね。
 オラ君、おはよーございます。雨が降るとまだ肌寒く感じるこの頃ですが、雨の後は一気に植物が活気好きますね。
 
>はとぽっけさん (hig)
2017-05-12 20:20:22
すごい勢いで成長する時期ですから、使わないと筋肉も落ちるし、骨も太くなりません。しかし、そこからの回復力もすごいはずです。

ほんと雨が降って寒いです。でもあの真冬の寒さとは段違いですから。

コメントを投稿

整形外科」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。