馬医者修行日記

サラブレッド生産地の大動物獣医師の日々

PCV36%の小腸捻転

2017-05-10 | 急性腹症

きのうは・・・競走馬の腕節chip fracture の関節鏡手術を午前と午後にやって、

ほかにも、x線撮影やら、なにやら、

夕方、1歳馬の疝痛の来院。

夜間放牧していて、朝、疝痛を発見した、とのこと。

日中、転がるほど痛かったらしいが、他の1歳馬の疝痛と重なったりもして来院と診察が遅れた。

で、夕方になったのだが、血液所見はひどくはなかった。

しかし、超音波で小腸の膨満が見えるので、「もう開けた方がいいです」。

症状と経過から回盲部の閉塞を疑ったが、りっぱな小腸捻転だった。

空腸下部から回腸にかけての1mほどが纏絡していた。

結腸捻転とならんで、もっとも痛い腸捻転だ。

回腸を盲端にして、空腸下部を盲腸につないだ。

この馬、回腸が盲腸背側紐だけでなく、盲腸内側紐にもつながる腸間膜を持っていた。

                        -

今日、1歳の顔面陥没骨折のプレート固定手術の最中に1歳馬の疝痛の依頼。

顔面骨陥没骨折はプレート3枚を使う大手術になった。

終わって、来院した1歳馬はまだ寝てしまうほど痛い。

血液はPCV36%、乳酸1.4mmol/l。

超音波検査で、結腸壁が肥厚しているかな?と見えた。

左の腎臓と脾臓がしっかり見えて、結腸左背側変位は否定。

動いているが、内容が多い小腸が見えた。

鎮静剤投与して、直腸検査したら、膀胱が大きくて邪魔だが、その奥に膨満した小腸が触れた。

「血液所見は悪くないので、もっと経過を観ることもできるけど、開けた方が良いです」

                      -

開腹したら空腸が大きなループどうしで絡んでいた。

多少色が変わっていたが、ほどけたら色は回復した。

手術が遅れなくて良かった。

絡んでいた部分が長かったので、全体が壊死していたらたいへんな手術になるか、あるいはあきらめなければならなかっただろう。

                     ///////////////

地元の幌村建設会社が、もう20年近く前に桜の苗木をたくさん植えてくれた。

ほとんど全部の苗木はシカにやられて消えてしまった。

しかし、この1本だけ生き残って、今年はたくさん花を咲かせた。

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PCV39%にだまされる | トップ | 脛骨近位成長板損傷Salter-Ha... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はとぽっけ)
2017-05-11 06:25:39
 2頭も疝痛重なったらそりゃ大変だったでしょうけど、助かってよかったですね。
 顔面骨折だとプッシュ・プル・デヴァイスの出番でしょか?
 腸ねん転でも場所により痛みの度合いは違うのですか。
 鹿のえさを植えた、という結果には苦笑するしかないけど、この桜、そういうストーリーをもって生きているのですね。
 青空、いいですね。馬で外乗りにもいい季節だなぁ。おんまさんとしては青草を食べてるほうがいいのかな。
 いい日になりますように。
>はとぽっけさん (hig)
2017-05-11 19:15:21
この季節、交通整理もたいへんです。
プッシュプルデヴァイスも用意していましたが、薄い顔の骨にはごつすぎますね。

最も痛いのが、結腸捻転、あるいはギュッと締められている小腸捻転です。

コメントを投稿

急性腹症」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。