馬医者修行日記

サラブレッド生産地の大動物獣医師の日々

交配による膣穿孔

2017-05-15 | 繁殖学・産科学

きょうは、準急患で、交配による膣穿孔。

たいていは膣円蓋と呼ばれる子宮頚管の背側が破れる。

この馬は子宮頚管の右側が穿孔し、左側も傷んでいたが貫通はしていなかった。

目視下で縫えた。

立位、枠場保定、尾椎硬膜外麻酔。

                      ////////////

これは日曜日。

曇りのち雨の天気予報だったが、とても好い天気だった。

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 側頭骨舌骨関節症 9症例目 | トップ | 新生仔馬の脱水と低血糖には... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はとぽっけ)
2017-05-15 20:22:55
 受胎したとして、娩出するとき、問題ないのでしょか?なんでこうなるんだろ。種牡馬にペナルティーはないんですか(???)
 あ~、ほんとにいい気候ですよね~外乗りなんて贅沢は言わない、 馬場で引馬でも馬車でもいい、ニンジンあげるだけでもいい。鼻なぜるだけでもいい。ま、画像で我慢する。
 
>はとぽっけさん (hig)
2017-05-16 21:33:47
種馬は射精しなかったそうです。

こうなる要因は、種馬と繁殖雌馬の大きさのちがい(今回は関係ないようです)、種馬のペニスの長さ、雌馬の発情、などでしょうか。
昔から、種馬所での事故は自分もち、あるいは泣き寝入り、が多いですね。種馬側も蹴られたりしますし。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。