馬医者修行日記

サラブレッド生産地の大動物獣医師の日々

第3手根骨の矢状断方向の盤状骨折

2017-11-29 | 関節鏡手術

「第3手根骨の剥離骨折だから」と言われて、来院した2歳競走馬。

跛行はかなりひどい。

直線常歩で、はっきりわかる。

Dyson Grade で4/8。

盤状骨折してるんじゃないか?と思ってX線撮影したら案の定。

ただし、よくある部位の盤状骨折ではなく、最内側の矢状断方向の盤状骨折だ。

小片骨折 chip fracture だと聞いていたし、

「X線画像は見舞金請求のために競馬場へ送って手元にない」と言われていたので、こちらでは術前評価はどうしようもなかった。

スクリュー固定の器具をそろえて滅菌を開始する。

関節鏡で関節腔内を見たら、あちこちかなり傷んでいた。

鏡視下で目印の針を刺し込んでおいて、

透視装置を遠位近位方向で見ながら、4.0mmキャンセラス(海綿骨)スクリューを入れた。

1本入れたが遠位すぎたので、もう1本その近位に入れた。

神経すり減らした。

                           -

午後は、競走馬の後肢の跛行診断、x線撮影で診断つかず。

続いて2歳馬の去勢。

歩様が悪く、しかし超音波で腱の異常はわからず、MRIで遠位部の浅屈腱炎と診断されているそうだ。

そういう時代なんだな。

                         /////////

今日は、夜6時から、馬の歯科のDr.Hydeの講演があるよ。

 

 

 

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

中手骨外顆掌側chip fractureの関節鏡?手術

2016-09-16 | 関節鏡手術

1歳馬、歩様も悪くないし、腫脹もないが、X線検査で球節に骨片が見つかった、とのこと。

とても珍しい箇所の骨折で、「取れるかどうかわかりません」と回答しておいたのだが、「取ってください」ということになった。

競走馬の球節は激しく動き、大きな負担がかかる。

骨片は摘出しておいた方が良いだろう。

中手骨外顆の掌側。

種子骨遠位や第一指骨掌側突起の骨片は関節鏡で摘出したことがあるが、今回の部位は記憶にない。

関節鏡を入れるが骨片は見えない。

注射針を刺してX線撮影してみると、骨片はもっと遠位だ。

鈍端のプローブで関節鏡の視界を邪魔する靭帯をどけて観るが骨片は見えない。

もう少し遠位だ。

細めの骨起子を当てて、X線撮影してみると、やっと届いたようだ。

関節鏡では骨片を観ることはできないので、X線画像と手触りで見当をつけておいて引っかく。

少し器具孔を切り広げ、らしきものを起こそうとしていたら、骨片が飛び出てきた。

摘出できたのは間違いない。

関節鏡手術と言えるかどうかわからないが、最初から関節切開しようとしても関節を開いて覗けるような箇所ではないだろう。

やれやれ、急患で昼食も食べられずだったので、ひどく手こずらずには済んでようございました。

                         //////////////

とうちゃんが昼にかえってこれなかったと思ったら、なんだその格好は!

おめ~にはプライドとか矜持とか礼節とかというものは・・・・・・ないネ。

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

腕節掌側の骨片摘出

2016-08-17 | 関節鏡手術

いつもの川へ行って、夏休みして来た。

こども達も仕事や実習やクラブや宿題があり、都合がついたのは盆休み最盛期の土曜日曜だけ。

それでも日高山脈のゴルジュの中は誰もおらず貸切りだった。

なんで不便な生活がこんなに楽しいんだろうね。

                              ///////////////

休み明けは、種子骨骨折の関節鏡手術。

翌日は、Tieback&Cordectomy.

今日は、腕節のchip fractureだが、掌側にも骨片が飛んでいた。

その部分も腫れていたので、掌側外側からスコープを入れて、半分手探り、半分関節鏡視下で掴み出した。

難易度はDかな;笑

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

球節底側の骨軟骨片

2016-06-26 | 関節鏡手術

球節が腫れるのを繰り返している1歳馬。

X線撮影で底側に骨片らしきものが写った、とのこと。

どこから欠けたか、剝がれたかわからない。

球節底側に関節鏡を入れたが、フィブリンがいっぱいあって関節腔内が見え難い。

まずはそのフィブリンを引っ張り出す。

関節内にかなりの出血があった痕だ。

フィブリンを取り出しているうちに、遊離体になった軟骨片があったので摘出した(下写真の左)。

第三中足骨の矢状稜の端に出っ張りがあった。

圧迫するとどうやら動くようなので、剥がして摘出した(右)。

X線撮影して、それが矢状稜の近位に写っていた骨片であったことを確認する。

矢状稜の底側の近位部のOCDだったのだろう。

軟骨が剝がれた部分と、剥がれかけて残っていた部分があり、軟骨が剝がれたときに出血したのだ。

種子骨の関節面には関節可動方法へ走る線状創が何本もあった。

遊離体になった軟骨と出っ張った部分が傷つけたのだ。

これで症状も落ち着くだろう。

中手骨・中足骨の矢状稜は、掌側や底側にもOCDが起こることがあるとされているが、手術でこんな大きな骨片を摘出したのは初めてだ。

                              -

日曜日の今日、

ほかに腸炎の仔馬の来院。

蹄葉炎の繁殖雌馬の深屈腱切断手術と削蹄。

仔馬の肢軸異常の蹄エクステンション装着。

                          ////////////////

アスファルト舗装道路の端のわずかな土の上に生えているこの植物は何だろう?

草のようでもあり、コケのようでもある。

花らしきものも咲く。

葉も花も、色が変わるのよ。

                        -

ドゥラメンテ、どうした、心配だね。

 

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

近位趾節関節の骨片骨折の関節鏡手術

2016-06-14 | 関節鏡手術

数週間前から頼まれていて、急患で延期してもらい、その次はその牧場の別な馬を先に手術することになってまた延期していた関節鏡手術。

ほとんどやったことがない近位趾節関節の骨片骨折。

最初、1枚だけX線画像を見せられたときは、その関節の変形性関節症なので手術の対象にならない、と考えた。

しかし、他の角度のX線画像を見せてもらうと変形性関節症の所見はほとんどない。

そして、関節内の骨片は完全遊離体になって動いているようだった。

それなら、摘出した方が良い。

ただし、ほとんど動かない、狭い、厚い腱と靭帯に取り囲まれた関節で、難しいことが予想された。

                         -

基節骨P1と中節骨P2の関節に針を刺して、骨片の位置を確認する。

関節を生理食塩液で膨らませておいて関節鏡を入れる。

狭くて見えづらいが、骨片らしきものを確認できた。

骨片近くを切開し、3mmのロンジャーで摘出した。

P2のこの部分が凹んでいた。

おそらくここが折れて欠損したのだろう。

X線撮影して骨片が摘出できていて、破片が残っていないのを確認する。

この馬は種子骨にも骨片があるのがわかっていた。

単純な頂部骨折ではなかったが、関節面から確認できた。

これは何度も経験しているので、手こずっても粛々と進めれば善い。

                        -

今日は、ほかに、

2歳馬の去勢。豆作式捻転去勢棒で。

1歳馬の腱超音波検査。

繁殖雌馬の気管内腫瘍の内視鏡検査。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加