競馬重賞予想 ー三連複(6頭BOX)編ー (仮)

競馬の予想を気楽にしています。
2014年から三連複(6頭BOX)で予想しています。

宝塚記念の予想

2012-06-24 | 競馬
宝塚記念
本命はショウナンマイティ。
2000Mがベストだろうがこの馬の決め手に期待しないわけにはいかない。
鳴尾記念は惜しくも負けてしまったがトライアルということを考えれば及第点をあげれる。
巧く外に出して大外一気が決まればまとめて全てを負かすだろう。
穴はフェデラリスト。
母が良血揃いのメンバーが多いがこの馬の母のダンスパートナーはこの距離では6戦してオール複勝圏内。
宝塚記念も2戦共に好走している。
大阪杯以来だが年明けからの疲れも取れリフレッシュした状態はプラスと考える。
2-1・11・15・7・12
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マーメイドS・函館スプリントSの予想

2012-06-17 | 競馬
マーメイドS
本命はシースナイプ。
最近は中距離戦を中心に使っているが条件戦ではスタミナのいる長距離戦でも牡馬相手に好走してきた。
このレースは2000Mを超えるレースを好走してきた馬が好走しやすい。
阪神コースも得意としており重賞初挑戦でも勝ち負けになりそう。
穴はレジェンドブルー。
この馬は北海道の洋芝でよく好走していて重い馬場も苦にしないだろう。
馬場が急速に回復しなければ内々を巧く回って波乱を演出してくれるかもしれない。
13-4・3・14・6・1

函館スプリントS
9割方ロードカナロアで間違いないと思うが洋芝経験の無さが不安。
パドトロワを本命にする。
この馬は昨年の北海道で好走して今のポジションに駆け上がった。
近走は冴えないが他馬よりも斤量が重かったのも影響しているのだろう。
今回は久々の56キロで走れるので楽に先行出来そうだ。
穴はブルーミンバー。
北海道の洋芝経験は無いが同じファルブラヴ産駒のワンカラットが好走していたのでこの馬もそこそこ走れると思う。
騎手の川須も函館になってから以前の調子の良い頃の様に乗れて来た。
強敵揃いだが3着位にはなんとか滑り込んでもおかしくは無い。
7-1・2・5・8
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エプソムCの予想

2012-06-10 | 競馬
エプソムC
本命はダイワファルコン。
東京では勝ち星は無いが道悪になって瞬発力勝負にならなければジワジワと伸びてくる馬なので勝ち負けになってもおかしくは無い。
道悪馬場も苦手ではないので他馬が苦戦しているうちに見せ場以上もある。
穴はダノンスパシーバ。
馬場がどの程度まで回復するかはわからないが時計のかかる馬場は最近速い上がりを出せていないこの馬にとってプラスに働くだろう。
13-14・4・1・15・10
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京ジャンプSの予想

2012-06-09 | 競馬
東京ジャンプS

デンコウオクトパスが強敵だがルールプロスパーを本命にする。
成績を比べても平地のクラス実績も上だし近走のジャンプでも他馬より重い斤量を背負って快勝しているのだから中心にして何ら問題はない。
穴はハクサン。
メンバー中最も東京コースで走っているのはこの馬。
着外も多いが嵌った時は浮上してくる。
無視はできない一等。
11-7・2・3・1・6
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安田記念・ユニコーンSの予想

2012-06-03 | Weblog
安田記念
本命はアパパネ。
この馬は昔はトライアルで走らず叩いた二走目でキッチリ変わる馬だった。
しかし前走は変われなかった。
今回は更に叩いて牝馬戦よりもペースが速くなるため復活してもおかしくはない。
穴はダノンヨーヨー。
この前のNHKマイルCの時はダンスインザダーク産駒のクラレントが大駆けした。
このレースでも以前に同産駒のジョリーダンスが激走した。
もしかしたら東京マイルはダンスインザダーク産駒が走りやすいコースなのかもしれない。
混戦なだけにちょっとだけ期待してみる。
10-14・5・2・4・1

ユニコーンS
本命はレッドクラウディア。
単純に成績を見ても明らかにダートの方が走るタイプ。
得意でもない芝でもそこそこ走れるのでマイルのスピードでも問題はない。
穴はメジャーアスリート。
ヒヤシンスSでは6着に負けてしまったが他馬よりも斤量が重かったのも影響したのだろう。
同斤の今回はもっと走ってもいい。
16-4・8・7・6・12


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳴尾記念の予想

2012-06-02 | 競馬
鳴尾記念
本命はアーネストリー。
この距離なら一番信頼出来るのがこの馬。
このところパッとした成績は残せていないが少頭数だし得意距離だけに復活してもおかしくはない。
穴はスマートギア。
前回は前に行けなかったのが敗因だろう。
平坦コースに良績があるが阪神コースでも好走経験があるので少しでも前に行ければ上位を脅かすだろう。
1-10・8・3・4
コメント
この記事をはてなブックマークに追加