競馬重賞予想 ー三連複(6頭BOX)編ー (仮)

競馬の予想を気楽にしています。
2014年から三連複(6頭BOX)で予想しています。

中山記念・阪急杯の予想

2011-02-27 | 競馬
中山記念
当然ヴィクトワールピサが注目されるだろう。
だが同馬は昨秋活躍したがそれは55キロだったと忘れてはいけない。
3着以内に入ってくるとは思うが全幅の信頼は置けない。
そこで本命はキャプテントゥーレ。
1600~2000の右回りでは新馬の駄騎乗でしか大きく負けていない。
ヴィクトワールピサと同じ斤量だがこちらは何度も背負っているだけに問題は無い。
穴はマルカボルト。
前走は初の2200と距離が原因だろう。
良積の集まっているこの距離なら見直し当然。
3-9・1・12・5・4

阪急杯
今年も層が薄い短距離界。
本命はワンカラット。
GⅠでは騎手の部分で要らないかもしれないがトライアルでは別。
1400以下のGⅡ以下では一番信頼できる。
穴はサワヤカラスカル。
2年前の阪神牝馬Sで4着しているようにこの距離は比較的得意としている。
昇級戦だが時計は全く見劣りしていないだけにこのメンバーなら面白い。
7-2・10・4・12・5
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アーリントンCの予想

2011-02-26 | 競馬
アーリントンC
大物らしい馬がいない今回はどの馬にも少なからずチャンスはある。
本命はテイエムオオタカ。
開幕週ということもあって毎年前に行ける馬が好成績を残している。
毎回走っても人気が上がらないため騎手達のマークが甘くなるかも。
穴はキョウエイバサラ。
ダート実績しかないがハイペースのレースで実績を残しているのが強み。
今回がハイペースになるかは不明だが実績が無いよりはあったほうがいい。
2-6・8・9・7・3
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フェブラリーSの予想

2011-02-20 | 競馬
フェブラリーS
1番人気はトランセンドだが一昨年の武蔵野Sを見る限り芝部分スタートのコースではダッシュが悪いかもしれない。
JCダートでは勝ったが差し馬たちにあわや差されるところだった。
コーナーが一つしかない長い直線の東京コースでは評価を若干下げたい。
そこで本命はセイクリムズンにする。
マイル勝ちは無いが近走の充実振りから距離は克服可能。
いつもくらいの上がりが出せればまとめて差しきれる。
穴はダイショウジェット。
ムラだが東京コースは人気の割りによく走る。
2回に1回は好走する。
順番的に前走を好走してしまったには余計だったが人気よりは上の着順には来てくれるだろう。
14-15・7・1・3・12
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダイヤモンドSの予想

2011-02-19 | 競馬
ダイヤモンドS
例年よりは長距離適正のある好メンバーが集まった。
本命はスノークラッシャー。
東京コースが3240と長くいい脚が使えるのが強み。
長距離を得意としている松岡も頼もしい。
穴はスリーオリオン。
詰めの甘いレースが多いが距離が長くなるごとに成績が安定してきている。
上級ステイヤーなのかもしれない片鱗を持つ同馬に期待。
3-4・7・1・11・13
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

共同通信杯・京都記念の予想

2011-02-13 | 競馬
共同通信杯
本命はベルシャザール。
重賞初挑戦だが戦ってきた相手は重賞でも活躍していたり活躍出来る馬たちばかり。
それを物差しにしてもここでは勝ち負けになる。
デムーロを確保したのも勝負になるからだろう。
穴はニジブルーム。
北村友は東京新聞杯ではダノンヨーヨーで凡走してしまったが1番人気でマークされる立場だったから仕方ない。
まだ重賞1番人気は荷が重いのかもしれない。
人気薄で気楽に乗れるほうが乗りやすいかもしれない。
12-2・11・5・6・8

京都記念
ヒルノダムール本命。
やはり強い4歳世代からだろう。
トゥザグローリーも強いが使い詰めで強敵相手と連戦してしているのが気がかり。
穴はプロヴィナージュ。
派手な成績ではないが昨年は惜しいレースが続いた。
牡馬相手でも見劣りもせず京都なら粘りも増す。
12-2・1・5・6・11
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クイーンCの予想

2011-02-12 | 競馬
クイーンC
普通ならダンスファンタジアが本命でいい。
しかし別定戦なので54キロの馬たちにも少なからずチャンスはあるだろう。
本命はデルマドゥルガー。
既に9戦しているが今回は得意としているマイル戦。
キャリアがあって斤量が軽い分大仕事をするかも。
穴はユースティティア。
東京マイルはフジキセキ産駒が好成績を残している。
大きな武器は無いが血が武器になる。
10-1・9・11・8・14

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京新聞杯・きさらぎ賞の予想

2011-02-06 | 競馬
東京新聞杯
マイルCSの2・3着馬が出て来ていつもより少しだけ豪華なメンバーとなった。
だが大荒れとなることも多いこのレースなので簡単に堅く収まらないかもしれない。
本命は東京マイルではまだ新興勢力に譲ることのできないスマイルジャック。
単純に時計を2強と比べても遜色無く全く劣っていない。
外枠でスムーズに運べる分2頭より有利に働く。
穴はキャプテンベガ。
この馬も東京コースを得意としており近走の上がりを見ても衰えは見られない。
15-4・1・8・3・6

きさらぎ賞
ここは注目はディープVSハーツだろう。
ただやはり繁殖牝馬の質の良さではディープに軍配が上がる。
本命はコティリオン。
マイルでは一押し足りないレースが続いているが1800と乗り替りで変わるかもしれない。
穴はリキサンマックス。
新馬では距離が合わなかったのか大敗してしまったが1800Mでキッチリと勝った。
今回も前でレースをすればちょっとは楽しめるかもしれない。
3-9・10・6・12・7
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小倉大賞典の予想

2011-02-05 | Weblog
小倉大賞典
小倉でのハンデ戦なので馬の力よりも小倉での騎乗成績を重視したい。
本命は丸山騎乗のクレバートウショウ。
減量の時に比べたら勢いは若干落ちたがそれでもローカルではまずまずの成績を残している。
そろそろワンランクアップの飛躍を期待したい。
馬も連勝の勢いを買う。
穴はサンライズベガ。
最近は人気よりも着順が下になることが多いがこういうタイプは人気が下がったときが好走する。
少し期待する。
12-2・10・3・11・10

コメント
この記事をはてなブックマークに追加