競馬重賞予想 ー三連複(6頭BOX)編ー (仮)

競馬の予想を気楽にしています。
2014年から三連複(6頭BOX)で予想しています。

高松宮記念・マーチSの予想

2010-03-28 | 競馬
惜しい病が続くと凹むが復調のサインかもしれない。

高松宮記念
シルクロードSでアルティマトゥーレ・オーシャンSではキンシャサノキセキがステップレースを勝って来ている。
がこの2つのレースはなかなか直結しない。
やはり毎年1頭は必ず馬券になっている阪急杯組を本命にした方が安心だ。
本命はエーシンフォワード。
この馬は2歳時から適度に活躍していたが3歳馬の不振に陥りやすいダービーの無理使いが原因だったのかもしれない。
立て直してからは目を見張る活躍振り。
1200Mの実績はないがオレハマッテイルゼの例もある。
勢いで何とかなる。
穴はトウショウカレッジ。
昨年4着だったが今回はその時よりもメンバーが弱体化した印象がある。
歳はとってしまったが弱体化したこのメンバーなら善戦可能。
16-6・3・15・7・5

マーチS
ここ2年は一番人気が馬券になっているが昔から良く荒れるレース。
今回人気となっている馬はまだダート重賞にそれほど実績のない馬が多い。
それらの馬とハンデが1~2キロしか違いの無いマコトスパルビエロが本命。
幾多の強敵と戦ってきた経験はここで活きるだろう。
穴はネイキッド。
この馬はムラ馬だから人気の時は買わず人気薄の時に買えばよい。
12-14・16・8・4・1
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日経賞万馬券的中報告

2010-03-27 | 競馬
東西重賞的中で連敗ストップ。
おまけに日経賞は三連複12750円的中。
予想もお楽しみのキングストレイルはダメだったがほぼ完璧。
明日も楽しみになってきた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日経賞・毎日杯の予想

2010-03-27 | 競馬
先週の阪神大賞典は攻めて1・2・4・5着。
スプリングSは守って1・3・4・5着。
相変わらず何かが足りないが調子は上向きかも。

日経賞
日経賞というとグラスワンダーやマンハッタンカフェといった実績のある4歳馬が凡走する印象がある。
今回もダービー馬ロジユニヴァースが出るがここまで来るまで順調じゃなかったのでかなり危うい。
なので本命はエアシェイディが無難だろう。
2000を超えるレースでも詰めが甘いがほぼ掲示板には入っている。
57キロで走れるのも大きい。
穴はキングストレイル。
短い距離で使われているがセントライト記念ように長めの距離がダメというわけでもない。
思いっきり人気の無い時こそ怖い。
8-6・4・13・10・12

毎日杯
故障明けのリルダヴァル今後の為に是が非でも賞金を稼ぎたいルーラシップが出るがこちらも順調度が物をいう。
本命は賞金も加算しているダノンシャンティ。
ラジオNIKKEI2歳Sを振り返っても上位5頭は重賞でも好走するのは明白。
穴はいつもながらの母父サンデーのミッキドリーム。
4-1・2・9・7
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スプリングS・阪神大賞典の予想

2010-03-21 | 競馬
絶不調は変わらず。

スプリングS
こういう書き方をする時は結構1番人気が負けているので期待をこめて本命はローズキングダムで仕方ないだろう。
皐月賞で人気を争うヴィクトワールピサが完勝したので負けられない。
穴はサクラエルドール。
前走は福永が怪我をして乗れなかったのが大きかったと思いたい。
再度期待する。
3-12・11・6・5・14

阪神大賞典
最近は牝馬が強いと言われているが長距離戦においてはまだまだ力が足りない。
今回は牝馬のメイショウベルーガが人気だが2400Mまでしか走っていないのでかなり危険な人気馬となるだろう。
ダンスパートナーの菊花賞もこんな感じだった。
それならやはりスタミナに秀でた馬を本命にするのが当然だろう。
ミスター長距離のトウカイトリック本命。
また騎手は初騎乗だが最後の最後に繰り出す末脚は変わらずゴール前までハラハラ出来る。
穴で面白そうなのは格上挑戦で厳しいかもしれないがシグナリオ。
使っているレースほとんど2000Mを超えるレースに好感が持てる。
この舞台は最適の条件。
13-6・1・14・10・3
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フラワーC・ファルコンSの予想

2010-03-20 | 競馬
当てに行ったフィリーズレビューは何かが足りない得意の2・3・4・5着。
そろそろ春のGⅠ戦線前に当てておきたいが・・・

フラワーC
3歳牝馬戦はこの時期までマイル以下が圧倒的にレース数が多い。
このレースは中距離戦で実績を残している馬と速いマイル戦では持ち味を発揮できなかった馬が好成績を残している。
本命は中距離戦で牡馬と戦って圧勝しているサンテミリオン。
今年は中山重賞絶好調の横山典なら何も注文は無い。
穴はバイタルスタイル。
前走は不良とマイルで持ち味を発揮できなかったが相性の良い中山1800
に戻ってアッと言わせるかも。
9-12・14・11・4・5

ファルコンS
本命はドリームフォワード。
デビューから特徴はあまり無かったが1200戦を使っているうちに持ち時計がドンドン良くなってきている。
心配は重賞未勝利で83連敗の太宰だが2・3着は今までも十数回ある。
意識しないで普通の気持ちで乗ってくれれば何とかなる。
穴はセイウンオウサム。
マイルでは足りないが1200なら十分善戦できる。
10-3・2・8・7・13
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中山牝馬S・フィリーズレビューの予想

2010-03-14 | 競馬
土曜日は惜しいすらなかった・・・

中山牝馬S
本命はジェルミナル。
この世代はブエナビスタ・レッドディザイアと抜けた存在がいるがこの馬はそれに次ぐ勢力。
順調さを欠いていた昨秋よりは前進が見込めるだろう。
穴はマイネレーツェル。
このレースでは追い込み馬はスタミナに秀でたタイプが度々穴を開ける。
マイネレーツェルはクラシック路線から長めの距離を使われてきたからスタミナは問題ないはず。
ムラ馬な印象があるので人気が落ちてきた今回は逆に買いたい。
8-14・4・10・11・9

フィリーズレビュー
ラブミーチャンが芝をこなせるかが注目だが本命はラナンキュラスでいいだろう。
ここ2戦は物足りない印象だが3歳牝馬の中では力上位。
今回はメンバーも落ち多少マークがラブミーチャンに行く分だらしない競馬は出来ない。
穴はニシノモレッタ。
1400Mの持ち時計はラナンキュラスのりんどう賞と同じ。
得意距離だけに面白い存在。
15-6・3・2・7・11
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阪神スプリングジャンプ・中京記念の予想

2010-03-13 | 競馬
弥生賞は穴は来たが本命は見せ場も無く
せめてヴィクトワールピサがあの騎手じゃなければ・・・

阪神スプリングジャンプ
本命はテイエムトッパズレ。
中山では用無しだがその他の競馬場では斤量を背負っても高いパフォーマンスを見せている。
それにしても最近の充実振りも目を見張るものがある。
これは人馬共に成長したからこその結果だろう。
せめてもう少しいい名前だったら良かったのに・・・
穴はマンノレーシング。
久々の60キロで変わるかも・・・
3-4・8・11・14・1

中京記念
このレースは時折京都記念惨敗馬が穴を開ける。
それに今回の京都記念はブエナビスタやドリームジャーニーといい相手が悪すぎた。
京都記念の成績全く気にしなくてもいいだろう。
それを踏まえて本命はこの冬好調のトウショウシロッコ。
やはりトウショウシロッコは2000Mを超えるレースよりも2000Mが良く似合う。
穴は休み明けが若干気になるがサンライズベガ。
下級条件の時は常に休み明けで馬券圏内に来ていた。
今回は重賞だが侮ると怖い存在。
9-2・14・16・17・12
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弥生賞の予想

2010-03-07 | 競馬
いつもながらショウナンカザンとは相性が悪い・・・

弥生賞
先週の馬場同様今週も馬場が悪い。
中山記念ではオペラハウス産駒が激走したようにパワータイプの馬が上位に来るかもしれない。
そこで本命はオペラハウスの父サドラーズウェルズと同じガリレオ産駒のミッションモード。
この馬の上がりは馬場が良くても悪くても34秒後半でまとめられる。
日曜日も雨降りなのでパンパンの良馬場にはならないので武豊がいつもの後方からの差しをやってしまったら逆転も大いにある。
穴はダイワファルコン。
薔薇一族以上に成績を残しているスカーレット一族。
ここでも無視は出来ない。
4-1・3・2・13・11
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オーシャンS・チューリップ賞の予想

2010-03-06 | 競馬
確変終了

オーシャンS
重賞になってからいろいろな荒れ方で一筋縄でいかないレース。
今回も昨年同様キンシャサノキセキが人気だろうが初の58キロだけに不安。
なので今回本命にするのはショウナンカザン。
最近は本命にしていて前走評価を下げたとたん2着に来られたがメンバー的・展開には今回もチャンス。
大外がどう出るかだが関西ジョッキーだがよく関東に来る藤田だ何とかしてくれるだろう。
穴で面白そうなのはランチボックス。
まだ時計が速いと要らないがちょっと上がりがかかるような展開だと上昇期だけに紛れ込んできても不思議はない。
16-3・10・2・12・15

チューリップ賞
ここは阪神JF組が中心だろう。
アパパネも確かに強いがベストクルーズの安定性も捨てがたい。
幸いなことに阪神JFとは枠順が2頭内外逆になった。
これでベストクルーズにも逆転の芽が出てきた。
阪神1600を熟知している安藤勝に期待する。
穴はいつものことながらサンデーの血があるラフォルジェルネ。
この阪神1600Mはオークスの舞台東京2400Mと直結している。
つまりスタミナも要求される。
2000M以上のレースしか経験のない同馬だが逆にそれが活きるかもしれない。
10-16・15・5・3・2
コメント
この記事をはてなブックマークに追加