エピローグ

終楽日に向かう日々を、新鮮な感動と限りない憧憬をもって綴る
四季それぞれの徒然の記。

平林寺の紅葉

2016年11月20日 | ポエム
平林寺の紅葉が色づき始めた、という。
で、早速出かけてみたのだ。




色づき始め、どころでは無かった。
確かに全山が黄葉している訳ではないけれど、スポット的には見頃そのものだ。

この色づきは、その意味で半端ではない。
境内に入って、直ぐにある広場は適度な色合いであった。

それ以外では、鐘楼の周囲が素敵であった。



もう一カ所は、茅葺きの屋根を持つ堂宇が素敵であった。
寺院だから「伽藍」と云うべきか・・・。

茅葺きの屋根に投影された紅葉は、朽ちる事はなさそうであった。
けれど、朽ちると詠んだ。







「茅葺きの屋根に朽ちゆく照紅葉」







おしなべて、見頃と云っても可笑しくは無かった。
全山は、既に初冬でもあった。



色彩の魔術師、それは自然の営みである。




     荒 野人

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初冬の湖 | トップ | 銀杏並木の黄葉 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ポエム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。