エピローグ

終楽日に向かう日々を、新鮮な感動と限りない憧憬をもって綴る
四季それぞれの徒然の記。

オリーブの実

2016年10月12日 | ポエム
そろそろ・・・オリーブの実が色づき始めるだろう。
そう思って、いつものカフェのオープンテラスに座った。

ここはお気に入りの一つである。



季節は、気がつけば冬隣に近い。
秋深し・・・の候である。

アキアカネも、その色具合が深まってきている。
落葉のグラデーションも綺麗である。



このグラデーションだけでも、句が詠めそうである。
けれど、野人にはまだ詠めていない。

いつか必ずものにしよう!
などと、自分勝手に思い込んでいる。
思い込みだけは、それこそ勝手である。

オリーブの実は、一つだけ熟した黒になっていた。
たった、一つである。
けれど、良いものを目に出来たと納得である。







「漆黒のオリーブの実の孤独かな」







この黒が、良い。
色の案配が良い。

たった一粒だけれど、限りもなく愛したい。



     荒 野人
『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 運動会 | トップ | 山盧忌と沈黙忌 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。