エピローグ

終楽日に向かう日々を、新鮮な感動と限りない憧憬をもって綴る
四季それぞれの徒然の記。

杣の径

2016年10月18日 | ポエム
杣の径を歩くと云うのは、楽しい。
杣径は、不思議な径である。
まるで異次元へ通じる径、であるかのように錯覚してしまう。

「杣道」とは、杣人が使った細くて険しい道の事だ。
杣人とは、マタギ或いは山人、そして山での仕事を生業とする人の事。
獣道とは似て非なるものである。



この杣の径を歩きながら、ぼくは今年の夏の光と訣別した。
そんな気分でもあった。

夏の光から、杣道は秋へと移ろう。
移ろいは優しいのである。







「団栗の転び弾ける杣の径」







杣の径を歩んで倦み疲れたら、このベンチで一休みし給え。
きっと優しく抱き竦めてくれる。

この杣という言葉、秋から冬へと美しい響きとなって人の耳元に囁きかけてくる。
その秋の声を聴くのが大好きである。



杣道が発する訳でもなかろうに・・・。
だがしかし、確かに声がする。



あるいは、地中深く穿孔する蝉の幼虫の悲鳴か。
あるいはまた、螻蛄の鳴声か。

否、ぼくの囁きにも似た悲鳴なのかもしれない。
杣の径で、何か声を聴いたら・・・。
野人の囁く悲鳴だと、そう思ってくれないだろうか。



傷ついた心に、山が振動する。
マグマが、ゆっくりと盛り上がってくるかもしれない・・・。

因みにであるけれど・・・。
いまはこの径、トレイル・ランのルートとして活用されている。
山野を駆け抜ける、スポーツである。
それだけに素朴な径のオマージュは、減殺されてしまっている。
けれど、杣の径の面影は確かである。


      荒 野人
『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コキア色づく | トップ | 赤蕎麦の花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。