エピローグ

終楽日に向かう日々を、新鮮な感動と限りない憧憬をもって綴る
四季それぞれの徒然の記。

ヒマラヤ杉

2016年11月07日 | ポエム
ヒマラヤ杉を見上げてみる。
「新松子」が列をなしている。
「しんちじり」と読む。
松ぽっくり、である。

新松子は、秋の季語である。
ヒマラヤ杉は、実は松なのである。



この季節、葉の先端部分が妙に白い。
その白さを改めて発見した句友、がいる。
一緒に俳句を勉強している仲間、である。







「新松子葉先の白きヒマラヤ杉」







この松ぽっくりだけれど、12月に入るとコトリと落ちてくる。
ぽっくりの周りは、いちまいいちまい落としてしまうのだけれど・・・。
ぽっくりの中心部分は、まるで薔薇の花のようになって落ちてくるのだ。

「シダーローズ」と云う。
クリスマスや新年のオーナメント(飾り物)に、良く使われている。

今年もまた、夜風の強かった朝方に拾いに行こうと思っている。
見つけると、不思議に心が弾む。

嬉しいのである。



     荒 野人
『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬薔薇 | トップ | 山茱萸の実 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。