<オッサンのぼやきとヘボ写真、時々脱線>

子育て終わったら時間が出来て、写真、旅行、カラオケ、毒書、など色々ぼやいてみます。

今日は?

2017年07月11日 06時17分38秒 | 話題

今日7月11日は

<YS-11記念日>

1962年のこの日、初の国産旅客機YS-11が完成した

日本の飛行機技術を恐れたアメリカが

終戦後飛行機の制作を禁止しました

時代はプロペラからジェットになった頃

やっと国産飛行機の許可が出ましたが

大幅な遅れをとり先ずはプロペラ機から

名機零戦の技術者を取り入れ完成したのが

YS-11でした

短距離での離着陸の能力は抜群でしたが

しょせん半官民の会社

経営能力に欠け利益を生まずに解散です













ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トラブル | トップ | 意外な物の致死量 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
YS-11 (天空猫)
2017-07-11 17:01:06
あの零戦の堀越二郎さんも計画に加わった・・でしたよね

今の日本って〝飛行機生産をしている国〟の印象に乏しいと思います

たまにはニュースで新機種のことを言っていますが、何かぼちぼちイメージが消えません

技術力が発展していってないのがシロウト目にもつきますね

tenkuu3103さん (ep3c)
2017-07-11 23:57:54
物作りには失敗から得る情報の蓄積が必要です
此処をこうしたら
あそこに影響が出るので
この位で納めようかな
と言うノウハウが必要です

MRJも部品製造の技術は世界レベルでも
設計となると開発途上です
全体を見て仕切れる人間が居ないんですね
だからモグラたたき状態なんですね

それと、商業用の機体を世界に販売するには
飛行機を作って試験を受けて型式認定を
受けるだけでは駄目なんです

世界各地に部品を置いて
最悪でも24時間以内に供給出来る
体制を作らないと買って貰えません
それだけでも莫大な費用がかかります
採算ラインまで機体を受注しないと赤字だし
次の機種の着手もしなければなりません

だからアメリカでは航空機産業は淘汰されたし
ヨーロッパは共同体でエアバスを創設しました

だからHONDAは作っただけでなく
販売したのは快挙なのです

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL