アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争

社会構造を分析しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

若者の右傾化もアメリカの意図通り

2012年09月27日 | 記事
そもそも、小泉総理大臣の「靖国参拝」はアメリカの意図を十分に汲み取っている小泉の行為。その「靖国問題」に対する中国・韓国の反発は、アメリカの意図通りと読める。

反韓・反中に至る「右傾化」は、アメリカが仕組んでいる事ではないのか?

これまたアメリカの意図を充分に把握している安部晋三が、憲法九条改正→自衛隊増強→核兵器保持の可能性あり、との発言を繰り返すのは、アメリカの意図と十二分に合致するはず。(自衛隊を増強させて、核兵器を持たせたいのは、”アメリカ”ではないのか?)

また、面白い事に「右傾化している」と言われるネット上の議論のほとんどが、反韓・反中止まりで、反アメリカにはなかなかならない。


内藤琢
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今のままでは日本がアメリカ... | トップ | 中曽根・小泉両首相とアメリ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。