暇人のぼやき

三十路を越えた廃ゲーマーの徒然日記。

1週終わりっ

2017-06-15 20:31:19 | 日々の出来事
さて、折り返し。
さっさとこの前線が失せてくれないと睡魔が強くて日中困る。



対テロ法がなんぞ可決されそうだとか?
野党に強行採決だとかなんだとか批判する資格はあるの?
法案審議の場で「加計加計加計」まともに審議せず、あげく問責決議をだして審議を拒否。
審議しない委員会ならば開催するだけ時間と金の無駄。
対案も出さない、審議もまともにしない、自分に不都合になると委員会を欠席して運営を止める。
こんな連中のがよほど害悪でしかないだろ。
議論をするならまずは対案。ただ、批判のためだけの批判しかせず、関係のないことで審議を滞らせるような連中のどの口が「強行採決」だよ。
無駄口たたくだけで年俸2,000万ですか。おいしいお仕事ですね。委員会の内容から外れた発言1文字につき1万円の罰金を取ろう。年俸を超えても借金扱いで。

今回のやり口はどう考えても野党の身から出た錆。自分たちのやったことを棚に上げて批判するんじゃない。





イース1週目無事にクリアーーー!
ひゃっはー。
とりあえずとれる実績は極力とって、残すは人物メモと釣りとキャラ別プレイ時間。
いったいどこにヌシの最後のやつはいるのか。

最終評価はほぼ初期のものから変わらず、実に楽しかったです。
エンディングもまぁ落としどころとしてはちょうどいい感じだったかと。
……でも、新しいダーナの髪型が、どう見てもベリーショートにヅラをかぶせているようにしか見えず、ちょっと残念な感じ。
あれさえなければダーナは実にいいヒロインだったというのに。

別に短い髪でもいいのよ、似合ってれば。でもヅラのヒロインは……。(いや事情があれば別だが、ダーナの場合はね)

で、攻略上使った小技。

・スキルの熟練度上げ
夜の珊瑚礁の森でツタを登っていった先にある細い足場の蜂の巣をつつく。
あそこなら足の遅いキャラだろうがなんだろうが、敵の逃げ道が少ないので楽に倒し続けられる。

・迎撃戦/制圧戦
とりあえず実績を埋めるのが目標。クリアするだけならどうとでも。
広範囲・高威力のスキルを持ったキャラで編成、ひたすらそれをぶっ放し、ブレイクと撃破を狙う。
迎撃戦であれば、ドラを早いうちにブレイクドラに改造しておくと難易度がぐっと下がる。
最高レベルのもので、どうしても無理だと感じたらおとなしく難易度を落とすのも一つの手。(集中したレベル上げをしなければクリア時にはせいぜいレベル70台半ばだろう)

・マップ移動
本来なら移動できないはずの段差を越えることが可能な場所がある。
ダッシュジャンプで崖をこするようにして移動すると、場所によってはテクスチャの隙間が足場になって飛び越えることができる。(疑似二段ジャンプ)
これを活用すると、結構早いうちに沈黙の塔外縁にある紫電の腕輪をゲットできる。
ただし、正規の方法ではないので越えた先に何があっても文句を言わないこと。

・フラッシュムーブ活用法
一番楽なのは飛び道具に対して、そこに向かって飛び込むこと。
飛び道具はフラッシュムーブ、格闘攻撃はジャストガードと棲み分けをするといいのかもしれない。
おそらく受付時間がジャストガードの方が長い。
ちなみに体当たりなどの場合、両方を同時発動させることも可能。回避でフラッシュムーブ発動、そのまま押されながら反撃でスキルは集うようにR1を押すとガード発動という形。
ぶっちゃけ連続ヒットするものであればたいてい可能。


・エクストラスキル
ロマン技……のはずなのに、威力が低すぎてSP40オーバーのスキルを連発した方が火力が出るという悲しい技。
が、一番の活用方法はジャストガードのクリティカル時間中にスキルを連発→効果時間中にエクストラスキルをたたき込む。
そうするとジャストガードの時間を越えてクリティカル攻撃を発生させられるので、気持ちお得。(実際にお得なのかは知らない)


他にも小技をちょろちょろと。
まぁ、そんな感じで遊んでました。
続いて2週目……はどうやって遊ぼうか。





さぁ、いよいよE3の情報が出始めました。
14日からの3日間のゲーマーにとってのお祭り。ここで大きく流れをつかんで、東京ゲームショウで詳細を把握する。これが鉄板の流れだと思ってる。
特に国内メーカーの場合はそうだと思うんだけどね。
各企業のカンファレンスなどで新作情報がちらほら見受けられるものの、まだそこまで大きく食指の動くものはなし。
とりあえずいろいろ調べてみます。
ジャンル:
アクション
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やめ時が見つからない | トップ | さすがにきついかな。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々の出来事」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL