暇人のぼやき

三十路を越えた廃ゲーマーの徒然日記。

さすがにきついかな。

2017-06-19 20:05:49 | 日々の出来事
さて、週明け38度の熱があるまま仕事はきつい。
明日が総会だし、週末は別の会議だし。うまく休めるとよいのだが。



今日の新聞読んだら、本当にあの沖縄に巣くうテロリストどもの親玉が国連で発言したんだ。
沖縄の恥だぜ、あれ。
不当に勾留されたと言うが、そもそもが不法侵入・傷害といった重犯罪を犯しているのだから当然だろう。
それに活動している内容も、民進党や社民党がさんざんっぱら「ヘイトスピーチだ!」とがなり立ててたやつよりもひどい内容だし。
ま、日本の民進党などを代表とする左巻きは基本的に差別主義者で自分たちがやっていることはどんなことでも100%正しいという選民思想の塊だから仕方がねぇか。

基地がなくなってほしいというのは正しい願いだし理解できる。
でも、その手段が圧倒的に間違っている以上、この連中の言う「反戦平和・基地反対」は断固として俺は認めない。
こんなやつが沖縄代表みたいなつらして国際的に恥をばらまくなよ。
たぶん、ヤクザや暴力団の方がプライドとかポリシーがあるwあの人たちは自覚してはみ出しもんをしているからな。こいつらは自分が“絶対的な”正義だと思っている分、お手上げよな。

おそらく、今回のイージス艦衝突に対してもギャーギャー言ってくるぜ、こいつら。
(あと、記事の見出しで“戦艦”と書くのを止めなさい。今この世界に現役の戦艦は存在しない)
でも、良かったな。衝突したときに弾薬が誘爆しなくて。実弾とミサイル積んでて、仮に誘爆したらイージス艦だけじゃなく貨物船も吹き飛んでただろうしな。






こんなの見つけたからちょいと。

民進党が馬鹿にされる理由

え?民進党が馬鹿にされる理由?簡単だよ。何も考えてない馬鹿だから馬鹿にされる。小学生以下の思考力で反対のための反対。
自分がいやだから反対。こんな感情論でしか国会に臨まないからさ。感情論でしかものを言わないやつはすべからく馬鹿にされる。
そもそもが、政権とることを目標にしている時点でどんなやつでも指示する気にはなれない。
政権を取るというのは目標実現の手段であって、そこに目標を置いた時点でその掲げている政策が張りぼてでしかないというのは以前の政権交代で多くの良識ある国民は学んだ。だからこそ民進党を支持しないし、馬鹿にもする。
それでもなお民進党を支持しているのは、日本が嫌い、日本死ねというようなやつしか残ってないわけだ。
日本嫌いの人間を支持母体とする政党なんざ、普通の日本人は支持しないでしょ。非常にシンプルな話よな。





さて、E3の情報をいろいろ見ていると、俺好みの情報は少なかったなぁ。
とりあえず食指が動きかけたのはワンダと巨像のリメイクかな。
PS2で出てた頃はやったことがなくて、気になりながらもやらずに今に至るわけで。
リメイクで出るのであれば、これを機にやるのもいいかもしれない。

他にもエスコン7の新プロモなども出てきていて、あと1年、待てるかな^^;
俺はやはり大型作品よりも、こじんまりとしたソロプレイゲームの方が好み。最近の大型作品はどれもこれもオンラインものばかりなんだもの。
もっとストイックに自分との勝負をさせて欲しい。対戦したきゃアーケードでもやればいいんだ。




さて、イース8は2週目第5章まで。
属性変更アクセサリはまだですか?
2週目特典という割になかなか出てこないのは何でだぜ。

このまま進めていれば出てくるのだろうか?

タイムアタックはいざ知らず、この属性変更アイテムだけはさっさと欲しいんだけどなぁ。
ま、レベル差ごり押しでどうとでもなるんだけど。

2週目やってわかったこと。
制圧戦、迎撃戦ではラクシャのスパークチェイサーが恐ろしく便利。
ヒットまでは簡易追尾+長射程で、ヒット後は広域の敵に対して自動追尾での攻撃。難点は当たり判定のあるものすべてにヒットするため、採取ポイントまで当ててしまうこと。
ジャンプ1回分弱の上下方向への追尾性能もあり、正面にいる敵であれば一気にダメージを与えていける。
その代わり当たり判定は3組1セットなのか、3本当たろうが1ヒット判定。
それでも十な性能を持ってるけどね。ちなみに壁越しでも当たるので、壁の向こうをロックして投げれば当たる。
ハードでも2~3発当てれば瀕死~撃破まで行くので、イージーならたぶん1撃。

これを使えば、たいまつに近づく雑魚を一掃できるので、たいまつの残存率が一気に上がる。
乱戦になったら是非お供にどうぞ。
ジャンル:
アクション
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1週終わりっ | トップ | あっというまの3周目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々の出来事」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL