平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

ダンダリン労働基準監督官~『リーガルハイ』の古美門先生と比べてみた

2013年10月03日 | 職業ドラマ
 波風を立てない<事なかれ主義>って退屈だ。
 自分が間違っていると思うことは徹底してこだわって、戦ってみるといい。
 おかげで真鍋(佐野史郎)や土手山(北村一輝)、南三条(松坂桃李)たちは、ほふく前進や逮捕当日の服装のこと、捕まえた鴨光社長(でんでん)をどう車に乗せるかなど、イキイキと過ごすことが出来た。
 家族や娘に「退屈だ」と言われず、楽しく話せる武勇伝も出来ただろう。

 この作品や『半沢直樹』など、現在は<自己主張する時代>に入ったのかもしれない。
 大きな力に泣き寝入りせず、個人が声をあげる時代。
 そして臨検や行政指導、逮捕までの力を持つ国家公務員(この作品の場合は労働基準監督官)は、事なかれ主義に陥らず、どんどん職務に与えられた権利を行使すべき。

 もっともこの権利の行使には危うさもある。
 主人公・段田凛(竹内結子)のように正義が暴走してしまう危険。
 なぜなら段田凛が行使する法律は絶対ではないからだ。
 土手山が言うとおり「法律は法律でも現実は現実だ! お前が張り切れば張り切るほど傷つく人だっているんだよ!」という現実がある。
 法律を厳格に行使してしまったがゆえに不幸になる人も出てくる。
 たとえば、今回鴨光社長が逮捕されたけど、会社の経営は大丈夫なのかな? 潰れてしまったら従業員はどうなるんだろうとか? 西川修(渡辺いっけい)は最後に手を上げたけど大丈夫か? など。

 この点、次週から裏番組になる『リーガルハイ』は大人だ。
 主人公・古美門研介は「法律は依頼人のためにある」として、時には黒いものを白にする。
 正義なんかは信じておらず、<自分の利益>と<現実的な落とし所>を見つけて、戦っていく。
 古美門研介と段田凛のどちらが好きかと言えば、古美門先生かな。
 段田凛には、『リーガルハイ』のガッキーが演じる黛 真知子に通じるものがある。

 この作品が描く<事なかれ主義の否定>には賛成だが、段田凛のロボットのような<正義の暴走>には違和感を感じる。
 もっともこの違和感が、今後のこの作品のテーマになっていくのでしょうが。

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八重の桜 第39回「私たち... | トップ | 八重の桜 第40回「妻のはっ... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
フィクションですから (ゆりパパ)
2013-10-07 02:43:38
昔から気になっていたテーマのドラマに、期待大で見ました。
冒頭のダンダリン葬式後をうかがわせるシーンに、ただのコメディードラマじゃないんだなぁって。
あそこまで融通が利かないと、恨まれるのも当然だろうなとも思いますが、まさか殺人じゃないですよね。

今、ブラック企業が話題だから、このドラマの様に、逮捕者出してもいいんじゃないかと思いました。
自殺者まで出す企業に、ブラック企業の公表だけじゃ、遺族は浮かばれません。現実の労基署もこのドラマを見て、
>逮捕までの力を持つ国家公務員(この作品の場合は労働基準監督官)は、事なかれ主義に陥らず、どんどん職務に与えられた権利を行使すべき。

本当に、どんどん職務に与えられた権利を行使すべきでしょう。

たかが労基法とたかをくくって、法律違反の企業もいっぱいありますが、真面目に法律を守っている有料企業も多いのですから。

法律がどうのこうのよりも、人として、自分の会社のために働いてくれている人を、自分の資産を増やすための道具にしか思えない思想が、まともじゃない。

リーガルハイも始まりますが、ドラマ的にはリーガルハイの方が好きですが、正義の面でみると、正義感の
カケラすら持ち合わせていない古美門が正義感のかたまりの、大好きなガッキーとのかけあいが面白いのですが、子どもへの教育にとても悪い番組で、古美門を反面教師として、解説しています。(笑)

「だとすると真実は?」(ガッキー)
「うぬぼれるな、われわれは 神ではない。
ただの弁護士だ。真実が何かなんて分かるはずがない」(堺雅人)

それよりも、今一番のショックは、星野みなみちゃんが、新曲のメンバーから落ちちゃった事。もう一気に乃木坂ファンを降りようかと思っちゃいました。
何を楽しみに生きて行けばいいんだろう。
良かったね、生駒ちゃん8福神入りで。ううううううううう
星野みなみちゃんが、アンダーからやり直しなんて、みなみには向いていない。辞めたりしないかな。
古美門とガッキーの間 (コウジ)
2013-10-07 10:47:29
ゆりパパさん

いつもありがとうございます。

>法律がどうのこうのよりも、人として、自分の会社のために働いてくれている人を、自分の資産を増やすための道具にしか思えない思想が、まともじゃない。

ポイントはここですよね。
新自由主義とグローバル化で企業環境が苦しくなったのはわかりますが、いつからこの思想が失われてしまったんでしょうね。
ただ人に優しくない企業は遅かれ早かれ衰退していくんだろうなという気もします。

>古美門を反面教師として、解説しています。

「リーガルハイ」はこの見方が正解でしょうね。
大人の視聴者は、ガッキーの主張が上っ面で甘いことを感じて、古美門に共感する。
しかし、一方でガッキーの主張に引っ掛かるものもあって、考えさせられる。
視聴者が、古美門とガッキーの主張の間で揺れ動くことが大切なのだと思います。

それと乃木坂の7thの人事には驚きましたね。
いずれは復活するでしょうが、みなみはマイペース、省エネキャラがついてきただけにもったいない。
でも、どこにいってもあの調子でいくと思いますよ。
ある意味、一番強い子かもしれませんね。
励まし、感謝です。ううううううう (ゆりパパ)
2013-10-07 20:06:50
>古美門とガッキーの主張の間で揺れ動くことが大切なのだと思います。

そうでしょうね。
まあ、コメディードラマですから、笑いが一番かな(笑)

ブログ更新の少ない、みなみが更新してました。

>選抜に戻れるように頑張ります(*^O^*)
だからそれまでまっててほしいです♪

元気でました\(*T▽T*)/ワーイ♪

なんか、お騒がせしました。<(_ _)>
子供の成長を見守るように (コウジ)
2013-10-07 21:28:11
ゆりパパさん

ゆりパパさんはお子さんをお持ちだから実感されているでしょうが、子供には壁にぶち当たったり、失敗したり、挫折したりということがたびたびありますよね。
子供の成長を見守るように長い目で、今回のみなみちゃんのことを見ていきたいですね。
戻ってきた時、さらに一皮むけて戻って来るかもしれませんし。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ダンダリン 労働基準監督官 (AKIRAのドラマノート)
初回の感想 
ダンダリン 労働基準監督官 (第1話・10/2) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
日本テレビ『ダンダリン 労働基準監督官』(公式) 第1話『働く人を守りたい…ブラック企業に制裁を』の感想。 なお、原作:田島隆氏/作画:鈴木マサカズ氏の原作漫画『ダンダリン一〇一』は未読。 つかみはOK! 「ダンダリン」って労働基準監督官である...
【ダンダリン 労働基準監督官】 第1話 初回感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
「労働基準法」。読んだことあります? 労働基準法の最初に、こう明確に書かれてます。 「条件は労働者と使用者が対等の立場において決定すべきものである」 ダンダリン 労働基準監督官 第1話      簡単感想のみで。 ダンダリン……。 何かと...
ダンダリン・労働基準監督官 第1話 (ぷち丸くんの日常日記)
段田凛(竹内結子)は、西東京労働基準監督署に配属されます。 突然やって来た凛に対して、何も聞いていない土手山課長(北村一輝)は、真鍋署長(佐野史郎)のところへ行き、事情を聞き、真鍋署長に凛を押し付けられることになります。 凛にはの部署で問題児だった...
ダンダリン労働基準監督官 第1話 (レベル999のgoo部屋)
『働く人を守りたい…ブラック企業に制裁を』 内容 西東京労働基準監督署の南三条和也(松坂桃李)らは、ある部屋を片付けていた。 。。。。 その3ヶ月前のこと西東京労働基準監督署に1人の女性がやってくる 段田凛(竹内結子)。。。急な異動で配属されてきたのだ。...
ダンダリン 労働基準監督官第1話(10.3) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
原作はモーニングで連載中の漫画だそうですが、原作未読 カバチタレの原作者の作品ですか。なるほど。 曲がったことが許せない労働基準監督官段田凛@竹内結子の活躍を描く話 初回はサービス残業を強いられている営業マン@渡辺いっけいの 愚痴を聞いた凛が彼の勤める会社...
「ダンダリン 労働基準監督官」労働の現実1サービス残業より社長のいじめに問題があります!ダンダリンは危険を指摘しいじめを撲滅す... (オールマイティにコメンテート)
「ダンダリン 労働基準監督官」は田島隆原作の漫画「ダンダリン」をドラマ化した作品で労働基準監督官の段田凛が基準に違反する業者に対して厳しく接して正していく曲った事を許さ ...
ダンダリン:初回視聴率11.3% 竹内結子がブラック企業にメス  (自分なりの判断のご紹介:ミラー)
参院選で当選した方がブラック企業の会長だとか、ネットでどこどこがブラック企業だとか、頻繁に「ブラック企業」という言葉がメディアでも取りあげられています。個人的にはやく ...