平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

おんな城主直虎 第18回~あやつの夢枕に立って言うてくれぬかの? 危うくなるゆえ、早く下がれと

2017年05月08日 | 大河ドラマ・時代劇
 直虎(柴咲コウ)の良い所は<諦めの悪さ>と<型に嵌らぬ考え>。
 しかし、考えが浅い。
 突っ走ったのはいいが、壁にぶつかって上手くいかなかったり、今川につけ込まれる要素をつくってしまう。
 だから直虎は悩む。
 失策を重ねる自分はまわりに助けられてばかりだ。
 深謀遠慮の政次(高橋一生)の方が後見に合っている。

 そんな直虎に南渓和尚(小林薫)は言う。
「知恵など借りられるだけ借りればいい」
 そして、直虎の良さを潰してしまうという理由で敢えて渡さなかった『孫子』を渡す。

 南渓和尚の言うことは、生きていく上での大切な知恵ですね。
・知恵など他人からどんどん借りればいい。
・書物は人を型にはめてしまうことがあるが、重要な知恵が詰まっている。
 ………………

 今回は家臣たちが、いい感じで光っていた。

 銭の犬・瀬戸方久(ムロツヨシ)は鉄砲を今川に献上することで謀反の疑いを解き、今川の資金で鉄砲をつくれるようにした。
 まさに方久は知恵の塊だ。
 そして、謀反の疑いを解いたことを褒められると、
「銭の匂いに従ったまででございます」
 と、うそぶく。
 方久、なかなかカッコいいぜ!

 中野直之(矢本悠馬)も光っていた。
 書物の読み方として、<自分が共感する所><理解できる所>だけを読めばいい、と教え、
 直虎が失敗した時の不安を口にすると、
「ならば、それがしはしくじった時の備えをしておきます」
 このせりふ、いいなぁ。
 直虎にとって、こんなに心強い言葉はないだろう。
 いい感じの主従関係。

 直虎を陰で支えている男もいる。
 政次だ。
 政次は初代の井戸で本音を口にした。
「亀、あやつの夢枕に立って言うてくれぬかの?
 危うくなるゆえ、早く下がれと」

 政次の行動はすべて直虎を守るためだったのだ。
 敵を欺くにはまず味方から。
 そのためには味方からどんなに嫌われてもいい。
 直虎を守るためとはいえ、素直でないね、政次は。
 しかし、直虎は政次の真意に気づいてしまったようだ。
 さて、このふたり、どうなる?
 ………………

 そして、今回、やっと登場した戦国時代の勢力図。
 武田・今川・北条の三国同盟の亀裂。
 台頭してきた松平。
 勢力図って、『真田丸』の時は当たり前のように登場していたんですけどね。
 これまでの<小さな箱庭の世界>が拡がり、これでやっと大河ドラマらしくなるか?
 政次が唱えた<卑怯、臆病と罵られても戦わない戦略>というのも興味深い。

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボク、運命の人です 第4話~... | トップ | 貴族探偵 第4話~今回の小ネ... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まだまだ頑張っています (megumi)
2017-05-08 23:11:19
コウジさん  こんばんは。

政次を見たいだけの理由で、継続しています。

このドラマの設定どおりの政次であれば
彼の真意を直虎が汲み取るのが早過ぎる脚本であるのが残念です。
処刑された後で知る方が良かったと思います。
あくまでも、好みの問題ですが・・・。

なつを演じる山口さんが、以前は苦手だったのですが
NHKの「受験のシンデレラ」から見直して好きになりました。
なつ役も好演しています。

狭い視野でしか、このドラマを語れなくて申し訳ありません。
このドラマ自体も戦国ものにしては描く世界が狭過ぎる気がします。
武田の駿河侵攻の惧れに触れたのが画期的に見えるほどです。

政次が退場した後
よほど魅力的なキャラが登場しない限りは、リタイアいたします。
いい感じ (TEPO)
2017-05-08 23:47:40
人間関係が「マイナス」の状態から出発して心が通うときの「いい感じ」、「篤姫」の常套でしたが私は好きです。
基本的に今回は「いい感じ」の連続の回だったと思います。

>今回は家臣たちが、いい感じで光っていた。
>中野直之も光っていた。
今回前半の立役者である方久も無論のことながら、私はやはり「之の字」こと中野直之がいい感じだと思いました。

>「ならば、それがしはしくじった時の備えをしておきます」
今や完全に息が合った主従となりました。

しかし、何と言っても今回のメインは「スネイプ政次」の真意公開。
柴咲さんと高橋さんとの演技(表情)は見所だったと思います。
ただ、ここで真意が明らかにされてしまうと、直虎と政次とのその後の関係の描き方が結構難しくなってしまうように思われ、気になります。
とここまで下書きを書いていたのですが、上のmegumiさんによる同様の―私よりも強い―懸念を拝読した次第です。

あと、味わい深かったのはなつ。
政次と二人の場面は夫婦と言ってもよいような雰囲気でした。
山口紗弥加さんのインタビューにもありましたが、政次に対するなつの思いには恋愛感情に近いものが感じられます。
この時代の感覚からすれば未亡人が夫の兄弟の妻となることは十分に許容されたと思いますが、この二人はそうはなら無いでしょう。
あくまでも政次は直虎が、なつは玄蕃が本命であり、そこに節操を捧げると思いますので。

結ばれることのない男女の間に醸し出されるプラトニックな色気という点で、「Jin」的な味わいが出てきたように思います。
助走期間 (コウジ)
2017-05-09 09:42:49
megumiさん

がんばっていらっしゃっていて何よりです。
高橋一生さんがいいですしね!
この作品は〝直虎と家臣の物語〟になると思われますので、まだまだ魅力的な人物が出てきますよ。

なつ役の山口紗弥加さんは、なかなか色っぽいですね。
「受験のシンデレラ」は見ていないのですが、わりとサバサバした役が多い印象で、今回のなつには驚いています。

>戦国ものにしては描く世界が狭過ぎる気がします。

というのは僕も同感で、今はもっと広い世界へ出て行くための助走期間だと思っています。
いずれは関ヶ原とかがあるわけですしね。

僕は今の状態を<箱庭>と表現しましたが、ある意味、ひとつの土地を深く描いたり、国づくりの過程を丁寧に描いたのは初めて。
スタッフは、今までの大河ドラマにない新しいことをやりたいんだろうな、と思っています。
之の字 (コウジ)
2017-05-09 10:04:36
TEPOさん

マイナスの出発から心を通わせる。
TEPOさんの好きなパターンですよね。
『篤姫』なんかはほとんど全部がそれだった。
逆にこれが一番ドラマチックなんですよね。

直虎は直之に「之の字」って言ってたんですか。
よく聞き取れなくて、何て呼んでいるんだろうと思っていました。

政次はmegumiさんに拠ると〝処刑〟なんですね。
これは、つらいドラマになりそう。
megumiさんやTEPOさんがおっしゃるとおり、ここで政次の真意を知ってしまうと、今後のドラマ展開が難しくなりそうですね。
処刑されることも、直虎や井伊を守るためでやむなし。
見殺しにしてしまった直親への懺悔みたいな感じになるのでしょうか。

なつに関しては、これもmegumiさんが「ひとつ屋根の下にいて大丈夫だろうか」といった意味のことを以前におっしゃっておられましたが、そんな感じになりつつありますね。
なつは政次に今後どう絡むのか?
おっしゃるとおり、心の領域ではさらに一歩踏み込みそうですね。
政次の孤独や絶望を癒やすのは、なつしかいませんし。
ところが・・・ (megumi)
2017-05-09 15:37:48
コウジさん  こんにちは。

直虎と信長の没年(1582年)が一緒らしいんですよ。
ですから、関ケ原まで直虎は生きていませんよ。

この後、井伊家を盛り立て、虎松をどのように育て上げるのか?がテーマでしょうか。
おそらくは、生母のしのと手を携えて父母の役割を果たすのでしょうね。

虎松と亥之助は従兄弟同士ですから、良き主従関係になるようです。
小野家の者として、政次に連座して処刑されなくて良かったと思います。
(実際の政次には妻子がおり、息子2人は処刑されています)

「箱庭」は言い得て妙ですね。 (*^^)v
田植えや綿花作りの田畑の狭さと言ったら、絶句でしたもんね。
言いそびれましたが、山本学さんはさすがですね。
枯れた中にも強い存在感は流石です。

「白い巨塔」の里見先生は、山本学さん以外には考えれません。
江口洋介さんなんて止めて!と思って唐沢版は見ても居ません。
横道に逸れて申し訳無いです。 m(__)m
何と……! (コウジ)
2017-05-09 18:36:34
megumiさん

>直虎と信長の没年(1582年)が一緒らしいんですよ。
>関ケ原まで直虎は生きていませんよ。

ということは地味な大河ドラマになりそうですね……。
タイトルは「おんな城主直虎」ですし、後半は直政が主役を引き継ぐなんてこともなさそう。

大河ドラマに何を求めるかは人それぞれだと思いますが、歴史シミュレーションゲームで<内政>だけやって<軍事>はやらないという感じですね……。
そうなのです! (TEPO)
2017-05-09 21:03:52
私は「A型視聴者」なので、政次が「処刑」されることも、直虎が「本能寺の変」の年に亡くなることも最初から知っていました。
直虎は直政元服のころに、直政その後の大出世を見ることなく世を去ります。
本作には「戦での痛快な軍功」の場面はまずないと思います。
「地味な大河ドラマ」となることは先刻承知のことでした。

それゆえ私はひとえに森下さんの脚本の力だけを楽しみに見ていました。
今のところそれは政次の人物造形の見事さの中に結実していると思います。
しかし必ずやってくる「政次後」の後半を支えることができるような「よほど魅力的なキャラ」の可能性に関心があるわけです。

まあ、森下さんのお手並み拝見というところです。
何と……! 2 (コウジ)
2017-05-10 20:21:53
TEPOさん

何とTEPOさんもご存じでしたか!
『真田丸』で幸村が井伊の軍勢を見て、「あちらにもいろいろな物語があるのだろうな」と言っていたので、夏の陣までやると思っていました!

こうなると、国づくりとそれに関わる人たちをどう魅力的にドラマにしていくかですね。
現在は忍従の日々ですが、カタルシス的なものはあるのでしょうか?

>まあ、森下さんのお手並み拝見というところです。
まさにこれですよね。
派手さがない分、作家の筆力が問われる作品になっていきますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
おんな城主 直虎「あるいは裏切りという名の鶴」 (のほほん便り)
政次(高橋一生)には内緒で、“種子島”を作らせていた直虎(柴咲コウ)なれど、「謀反の可能性アリとみられる」と、政次に取り上げられてしまい、虎松(寺田心)の後見を譲るよ......
【おんな城主 直虎】第18回「あるいは裏切りという名の鶴」 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
柴咲コウ、杉本哲太、財前直見、前田吟、小林薫、三浦春馬、高橋一生、柳楽優弥、貫地谷しほり、ムロツヨシ、宇梶剛士、吹越満、苅谷俊介、でんでん、筧利夫… この記事のコ......
おんな城主 直虎 18話「あるいは裏切りという名の鶴」 (昼寝の時間)
公式サイト 直虎(柴咲コウ)が秘かに作らせていた「種子島」を奪った政次(高橋一生
大河ドラマ『おんな城主直虎』第十八回 (レベル999のgoo部屋)
「あるいは裏切りという名の鶴」内容政次(高橋一生)に伝えず、“種子島”を作らせていた直虎(柴咲コウ)しかし、政次に知られてしまい、取り上げられてしまう。謀反の疑い...
おんな城主直虎 第18回 あるいは裏切りという名の鶴 (事務職員へのこの1冊)
第16回「綿毛の案」はこちら。前回の視聴率は急降下して11.0%。危険水域に達したらしい。といっても、わたしはよんどころない事情で見ることはできなかったんですけどね。そうで......
大河ドラマ「おんな城主直虎」 #18 あるいは裏切という名の鶴 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
種子島を作っていたことが政次にばれ、 駿府に連れていかれる直虎。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」生き残る為の決断18直虎は銭の犬方久に鉄砲の商売で救...... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「おんな城主 直虎」第18話は直虎は種子島を作らせていた事を疑われ駿府へ連行される。しかし方久は先回りして氏真に取り入って直虎を救って見せた。そんな中で政次......