平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

ギャルサー 第9話

2006年06月11日 | その他ドラマ
 ギャルサーの特徴3つ。

  1
 敵が自分である。
 例えば「医龍」。敵は野口教授であり霧島軍司。
 「クロサギ」はカモにする詐欺師であり桂木。
 ギャルサーは個人的な悩みと葛藤する。
 今回は「妹子」という名前。
 自分の劣等感と戦って、いかに克服するかが物語のモチーフになる。
 明確な敵が設定できない現代。
 野口教授は今まで描かれてきた教授像だし、霧島は下手するとギャグになってしまう。
 そのため敵を自分に持ってくるドラマが多くなっている。
 ギャルサーはそれを突き詰めて、誇張したもの。
 その点で「ギャルサー」は新しい。
 今回の名前の件は、殴られ続けるシンノスケ(藤木直人)とお巡り(佐藤隆太)それに変な名前をつけ合ってレミ(鈴木えみ)を迎入れたエンゼルハートのメンバーたちで救った。
「(名前を偽って)ここから逃げてもまた新しい街で同じ事繰り返す。逃げる事、心休まらない。何やっても楽しくない。永遠に妹子幸せになれない」
 と言うシンノスケのメッセージはグッと来る。
「だせえ名前が最高にクールって事なったんだよ」
 というナギサ(新垣結衣)の言葉がグッと来る。

 この様に敵を個人に持ってきたこの作品。
 「名前」「年齢」という漠然としたものを敵にして、自分で勝手に悩んでいる。
 目に見えないものに不安になって、勝手にドツボにはまっている。
 実に現代を象徴する作品だ。
 次回は商店街が敵になりそうだが。

  2
 見たことのない絵。
 前回の土に埋められたサキ(戸田恵梨香)もそうだったが、この作品には見たこともない映像がいっぱい。
 今回は殴る女。
 きれいな女の子がボクシングのファイティングポーズで殴っていく。
 す、すごい! 
 今までのドラマで見たことがない。
 ここが新しい。
 もっとも渋谷にカウボーイがいること自体、すごい映像なのだが。

  3
 ナンセンス。
 全話を貫くイモコ探しは実はあまり重要でない。
 シンノスケはすぐ忘れるし、ジェロ~ニモ~(古田新太)も小野小町のほうに興味があるみたい。
 普通のドラマは目的に向かって主人公たちが戦っていく姿が描かれる。
 しかしギャルサーは……。

 これはお巡りの一ノ瀬の恋にも言える。
 レミを好きになる伏線なんてこれまでの話で何も描かれていない。
 きっかけは、タバコをポイ捨てした文房具屋(高田純次)を殴ったのを見ただけ。

 このいい加減さ、ナンセンスが素晴らしい。
 いい加減、ナンセンスでありながら、メッセージはある。

 今までのドラマに一石を投じたギャルサー。
 今後もこの作品よりもさらにパワーアップした作品を見てみたい。

★ドラマの作り方
 テーマ:個人的なコンプレックスが敵。コンプレックスで落ち込んでいく人物たち。
 企画の作り方:新しい絵。見たこともない絵。無目的・ナンセンス。

★キャラクター研究:小野小町(三浦理恵子)
 日本史好きの父が美しく育つようにという願いをこめて、小町という名前をつけた女性。
 その思いもあって彼女は美しく育ち、渋谷の人気者に。
 ジュリアナのお立ち台では彼女がトップ、スッチー時代は彼女のフライトに合わせて空港前に車の列ができたほど。
 ※ここでそんな話はいいからとユリカ(矢口真里)に止められる。
 そんな彼女が妹・妹子の苦しみに気がついたのは、秋田さんという男性と婚約した時。
 名前が秋田小町になってしまう。
 恥ずかしい。
 妹の気持ちを知った彼女は、早川晶子と名乗りブスの格好をしてドラッグストアに勤めた。
 妹を守るために。妹子という名前がバレるのを防ぐために。
 
 何とブッ飛んだ経歴!
 こういうすごい経歴のキャラが中に入って違和感のないこの作品はやはりスゴイ。
「ハンサムボ-イ、猛烈アタック、ブイブイ」と言うせりふも90年代っぽくていい。

★名セリフ
  1
「夢でも見てたんじゃないですか?」
 シンノスケたちに集会所に運ばれてきたレミ。
 目を覚ますと、仲間たちに殴ってしまったことを謝る。
 その時に言われるせりふ。
 実際の生活でも使えそうだ。

  2
「言えよ。みんな待ってんだろ。おまえのつまんないギャグ聞きたくて、みんなエンゼルハートにいるんだよ」
 レミがみんなのリーダーであることを表すせりふ。
 このせりふを言わせるために、今までのレミのつまらないギャグがあった?

★追記
 今回、ジェロ~ニモの例え話はなかった。
 自分でもないことを言い訳していた。
 しかし、『の』の字は重要と力説。
「小さい頃から木登りが大好きだったの」
 と言われれば、このおてんばさんめとリアクションができる。
 だが、『の』を取ってしまうと
「小さい頃から木彫りが大好きだった」
 と娘の陰惨な過去に触れることになる。(※意味不明)
 さらにへのへのもへじ。
 『の』を取ると
「おまえ、怒られて何ニヤニヤしてんだ!」みたいな顔になってしまう。
 さらに、あのバカボンの名せりふ「これでいいのだ」から『の』を取ると、「これでいいだ」
 すると
「なにがいいんじゃ、この田舎もんが!」と思わず突っこみたくなってしまう。
 ※確かに『の』の字は重要だ。
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クロサギ 第9話 | トップ | 功名が辻 本能寺 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (芸能情報追っかけ人)
2006-06-11 15:59:34
こんにちは。この芸能人の記事集めてみました。
Unknown (芸能情報追っかけ人)
2006-06-11 16:00:13
こんにちは。私のやっている芸能情報ブログからリンクさせていただきました。よろしくお願いいたします。
なるほどなるほど~ (まりりん)
2006-06-11 23:53:56
コウジさん、こんばんは!



深いですね~!実に深い読みをされている!!そしていちいち、なるほど~ と思ってしまいます。



確かにこのドラマのやってることはいろんな点で斬新ですよね。そこが受け入れられるかどうか、また、ドラマとしてちゃんと成立出来るのかどうかも、相当微妙だし、事実、回によっては、正直空回りしてたときもあったけど、終わりが近くなってきて思うのは、基本的には、“善”を根底にして、なおかつ現実と向き合うすべをいかにさりげなく盛り込めるか を、作り手も試行錯誤しながら作ってきたドラマだった という感じですね。



トータルでみれば、やっぱりあっぱれ!な土9ですね。

では、またよろしくです~!
確かに冒険でしたね! (コウジ)
2006-06-12 12:14:17
まりりんさん

>受け入れられるかどうか、また、ドラマとしてちゃんと成立出来るのかどうかも、相当微妙だし



確かに冒険ですよね。スタッフ・キャストに拍手です!

これからも見たこともないドラマを見てみたいです。
TBありがとうございます (ドラマの森|くぶくりん)
2006-06-15 20:05:04
的確な分析に驚きました

私はこの『ギャルサー』の演出方法は

『女王の教室』からシリーズ化されているような気がしています

そして『野ブタ。』と来て今回の『ギャルサー』



特に『女王の教室』と似ていると思うのは

最初1回見ただけでは「何じゃこのドラマは」と

早々とリタイアしそうな雰囲気をかもし出しながらも

見続けるとどんどんはまっていく点



今回も『ギャルサー』なんてリタイア候補だったのに

今では一番レビューに力が入っている作品のひとつになってしまいました

インパクト (コウジ)
2006-06-16 07:59:45
>くぶくりんさん



>「何じゃこのドラマは」と早々とリタイアしそうな雰囲気をかもし出しながらも見続けるとどんどんはまっていく点。



 おっしゃるとおり「何じゃこのドラマは」って大事ですよね。そして見れば見るほどはまっていく。わりとあっさりしている様で、繰り返して見るといろいろ発見のある作品かもしれません。

 定石を踏まえた安易なドラマ作りではなく、挑戦をしているドラマ作り。

 土9に期待です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
日テレ ギャルサー(9話) (C-bose TV Laboratory)
 レミ(鈴木えみ)豹変の第9話です。  早川(三浦理恵子)を殴ってしまったレミ。早川はレミの姉でレミの本名であるイモコという名が渋谷に知れ渡るのを心配して、進之助(藤木直人)の所へ脅しの電話を掛けていたのでした。  「イモコ」という言葉に過 ...
ギャルサー第9話 (Happy☆Lucky)
第9話 カリスマギャルの衝撃過去・傷心救った初恋の涙
進之助#9~ (とじこ森だいあり4)
「宿命から逃げるな!」ということが言いたかったのかな? テーマは・・どうでもよくなってます。(笑) 今日も面白かったギャルサー。 予想に反して、レミちゃんの演技が良かったです。 真面目な恋愛ドラマでも きっといい表情・演技を見せてくれるのではな ...
ギャルサー 第九話 (特に個性の無いブログ)
妹子=レミで確定、ジェロニモとついに面会! 晶子とレミの関係も明らかに! 見入る内容ではあったけどつまらなかった。
ギャルサー 第9回 感想 (ぐ~たらにっき)
『カリスマギャルの衝撃過去傷心救った初恋の涙』
進之助#9~ (とじこ森だいあり4)
「宿命から逃げるな!」ということが言いたかったのかな? テーマは・・どうでもよくなってます。(笑) 今日も面白かったギャルサー。 予想に反して、レミちゃんの演技が良かったです。 真面目な恋愛ドラマでも きっといい表情・演技を見せてくれるのではな ...
言えよ。みんな待ってんだ。 (コトノハヒロイ)
@ギャルサー #9 お前のつまんないギャグ聞きたくてみんなエンゼルハートにいるんだぞ。 なんと。私だけじゃなかったのか。てかみんなそーですか。とゆーわけで →やっぱ、レミはすげーよ。 な今回。レミ様大スパーク。嬉しい。ファイティングシーンが ...
ギャルサー<第9話> (のぶひさの日記)
う~む、今回の話って必要あるのかな?なーんて思ったのが正直なところです。{/ase/} おまわりさんの「恋をしたかった!」発言の結末を冒頭でつけただけだよね。 小野小町にあきたこまちも・・・。 最後なんか「芋子」だし。やっぱり。 やっぱりー、そーゆー、 ...
『ギャルサー』第9回 感想? (つれづれなる・・・日記?)
イモコ違いってオチか。ってことは芋子はやっぱり・・・かな?
ギャルサー 第9話 (自己満族)
ギャルサー 第9話 とりあえずレミさん(鈴木えみ)は痩せすぎだと思います。アバラが! アバラがもっそい見えてますよ!! で、小町(三浦理恵子)がブスだなんてやっぱりありえないわけで。眼鏡をかけたからブスになるなんてありえないわけで。 名前がト ...
ギャルサー 第9話 (イチオシ)
ほお、一ノ瀬(佐藤隆太)がレミ(鈴木えみ)に惚れるんですかー。 これは予想外の展開でした。 でも、結構いいかもしれないですね。一ノ瀬がレミのギャグについていけるんならね(笑)。 で、シンノスケ(藤木直...
ギャルサー最終回? (YOU!YOU!自的)
早いものでもう第9話。 今回、ついにイモコの秘密が明らかになりそうなので 楽しみにしてたギャルサー。 では始まり始まり~[:チョキ:] 前回「恋がしたい」とカミングアウトした一ノ瀬 理想の相手は 「弱きを助け悪を挫く、公明正大な精神の持ち主」 だそ ...
ギャルサ- 第九回 「イモコだけどイモコじゃない」 (The Glory Day)
今週はレミさん、大暴れ。何気にパンチのスピ-ド早っ!。きっと あしたのジョ-の、あしたのためその一を実践しているでしょうね(^。^) レミさんは綺麗だったし、スト-リ-もちゃんとまとまっていて今週は 良かったのでは。
ギャルサー 第9話 評価“笑って泣いて、星5つ!” (ハマリもん)
なんとボロ泣きしてしまいました!まさかこのドラマにこれだけ泣かされるとは思いもしませんでした。
ギャルサー第9話 (すまっちゅ)
今回はまぁま見ごたえがあったかな?(‐^▽^‐) いもこがレミってことが判明して・・ 過去に「妹子」という名前でいじめられたせいで トラウマになってるレミに対して シンノスケとお巡りが交互に「いもこ」と言って朝まで殴られるところは ちょっと感 ...
ギャルサー 第9話:カリスマギャルの衝撃過去傷心救った初恋の涙 (あるがまま・・・)
イモコだけど、芋子じゃない {/eq_2/} Σ(゜∀゜;) えっ! レミさんの本名は小野妹子。そして姉は小野小町。 あやうくあきたこまちになるとこだったらしい(笑)。 こんなに大騒動の末に発見したイモコなのに、ジェロニモが探してたイモコじゃなかった{/ase/} 今週 ...
ギャルサー・第9話 (あずスタ)
地元でも派手な衣装と化粧をしたギャルを見掛けるし、
ギャルサー(9) (ザクとは違うのよね)
 イモコのポスターのついでに一之瀬の恋人募集のポスターまで貼られていたのね。いいなぁ、俺も貼ってもらいたいな。{/face_tehe/}  晶子の本名は、小野小町だった。小野小町は分かるけれど、小野妹子はないでしょ。  「妹子」という名前をつけられたがために ...
ギャルサー #9 (どらま・のーと)
『カリスマギャルの衝撃過去傷心救った初恋の涙』 『WANTED こいびとさがしています いちのせ』 このポスターに、ちょっと癖のある女性たちが殺到する。 シンノスケ(藤木直人)が新たに作ったこのポスター、 「おまわり、恋人がほしい。恩を、返す。」 「 ...
「ギャルサー」(第9話) (鉄火丼のつれづれ日記)
今回の「ギャルサー」のテーマは“名前に対するコンプレックス”だったように思う。今回はレミ(鈴木えみ)が自分の名前のことでいじめられていたという、つらい過去がベースになって話が進んでいった。ドラマ中盤の小野小町(三浦理恵子)の「妹子(=レミのこと ...
ドラマの森|ギャルサー(9) (ドラマの森|ブログレビュー(by楽天))
「私は若いころ、この町でブイブイ(死後)言わせてました私をきっかけに妹に気づくものがあってはならないだから偽名を使い変装していたんです」「おっおまえは」「ドラッグストアーの」なんと渋谷一の美女と言われた小野小町がドラッグストアーのブスだったとは「 ...
【ギャルサー】第9話 (見取り八段・実0段)
ああ~。。。マヌケだわ~。何てマヌケな話なんだろう。そうだ、これを待っていたんだよ。第1話目のぶっ飛んだ、有り得ない面白さ。名前ってのは、そいつが一生背負ってかなきゃいけないモンなんだよ。笑い事じゃねーんだよ。やはり、イモコはレミだった。しかも ...