平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

おんな城主直虎 第13回~瀬戸方久登場! 「銭は力。千騎の武者に値する」

2017年04月03日 | 大河ドラマ・時代劇
 新しいキャラクターの登場だ。
 瀬戸方久(ムロツヨシ)。
 井伊家からもらった銭で〝わらしべ長者〟のように財を増やしていった実務家。
 その信念は、「銭は力。千騎の武者に値する」
 自らを称して<銭の犬>。
 こう称することに何のためらいもない。

 そうなんだよな~。
 井伊家に必要なのは、〝なりふり構わぬ実務家〟
 理想やきれいごとを唱えていても現実は変わらない。
 今川の圧倒的な力の前に井伊家は忍従しているが、これに対抗する方法はひとつある。
 <銭の力>だ。

 これは俗世間から離れていた直虎(柴咲コウ)に欠けていたものでもある。
 銭は人を動かす。
 銭は人を引きつけ、人並みに扱われない者を強者する。
 瀬戸方久という世俗に通じた者を得ることで、おそらく直虎は現実的な力を得ていくのだろう。

・心の正しいあり方や理念を教える南渓和尚(小林薫)。
・現実を生き抜いていく方法を教える方久。
 このふたりが直虎の行動の指針をつくっていく。
 ………………

 権力を持つ者の不安や孤独も描かれた。
 井伊家のトップになった直虎は言う。

「何が正解かわからない」
 現実では、正解はひとつではない。
 <領民>を救うことも、<井伊家>を救うことも正解だから、迷ってしまう。
 領民を救えば井伊家は滅び、井伊家を救えば領民が苦しむという二律背反。
 こんなことも口にしていた。

「力を持つことは怖いこと」
 そうなんだよな~。
 自分の決定が、他者の生き死にを左右し、家や国を滅ぼしてしまうかもしれない。
 だから、力を持つ者は不安になって当然なのだ。

 安倍さんもさ、『この道しかない』って言ってるけど、大丈夫なの?
 原発を推進してるけど、ふたたび事故は起きないのかな?
 アベノミクス(=異次元の金融緩和)で、お金を刷りすぎて経済破綻は起きないのかな?
 右傾化教育で、戦争への道を進んでいないのかな?
 権力は抑制的に使われるべきだと思うけど、籠池イジメに使ってない?
 ………………

 最後は<自灯明>
〝おのれの信じたものを灯りとして生きていく〟
 直虎は、領民や家臣たちの<灯り>になれるのか?
 家臣たちは小野政次(高橋一生)に引きつけられ、領民たちは今川に引きつけられているようだけど。

 直虎が家臣や領民の<灯り>となるには、さらなる試練が必要なようだ。

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍首相のヤバい画像を集め... | トップ | 欅坂46、デビュー1周年~欅... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
新キャラ (TEPO)
2017-04-03 19:53:50
子役時代から丹精込めて描き込んできた小野政次も、これからは当分「いわゆる史実」どおりの敵役となってゆくことでしょう。
無論、「単なる敵役」とは違った一ひねりはどこかであると思いますが。

そこに登場した新キャラの瀬戸方久。
尼僧としての修行はしていても、「殿様業」の修行は全くしていない「ど素人」城主の直虎は、当面失敗と苦労との連続。
「四面楚歌」状態の直虎にとって、現時点では方久は「かすかな希望」として登場してきています。しかし

>自らを称して<銭の犬>。こう称することに何のためらいもない。

だから今は「味方っぽい存在」だとしても、常に味方とは限らないと思います。
しかし、行動原理が非常に単純明快なので、その限りで信じることができる存在と言えるかもしれません。

そうした点で、心情面で直虎と非常に深く複雑な関係をもつ政次とはまったく対照的な存在と言えます。
あえてこのようなキャラを導入してくるところに森下さんの仕掛けがあるのでは、と期待しています。

他にも、当初からの井伊家の一族、重臣は政次以外全滅してしまったので総入れ替え。
現時点では直虎に対して冷ややかな中野、奥山の二代目たちや「井伊谷三人衆」の今後、特に直虎との関係の変化などが興味深いところです。
さまざまな登場人物 (コウジ)
2017-04-03 20:41:03
TEPOさん

いつもありがとうございます。

>無論、「単なる敵役」とは違った一ひねりはどこかであると思いますが。
政次の行動の動機っていうのは何なんでしょうね。
<おとわに現実の苦労を味合わせたくないから、おとわを引きずり下ろし、自分が代わりにその苦労を負う>
そんな真意があると信じたいですよね。

方久に関しては、
>行動原理が非常に単純明快なので、その限りで信じることができる存在と言えるかもしれません。
まさにこれですよね。
<カネや利益で繋がっている限り、裏切らない>
こういう関係の方が、ある意味信じられますよね。

そして、中野、奥山の二代目たちや「井伊谷三人衆」。
井伊谷三人衆はナレーションで、たびたびフューチャーされていますし、直虎と信頼関係を結んでいきそうですね。
どんなふうに心を通わせていくのでしょうか。
おっしゃるとおり、その仕掛けが楽しみです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
おんな城主直虎第13回「城主はつらいよ」 (森の中の一本の木)
今日は、この後「ストハー」ってやつを見なくちゃならないので、いつも以上に簡単に行こうと思います。^^ (と、言いながら昨夜アップしたのは、本当にスカスカだったので朝・......
おんな城主直虎 「城主はつらいよ」 (のほほん便り)
予想通り、前途多難な発進の直虎今川家は、まだ幼い虎松(寺田心)の後見として、政次(高橋一生)を指名だけど、南溪和尚(小林薫)は、虎松の後見人に“井伊直虎”を推挙家臣達......
【おんな城主 直虎】第13回「城主はつらいよ」 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
柴咲コウ、杉本哲太、財前直見、前田吟、小林薫、三浦春馬、高橋一生、柳楽優弥、貫地谷しほり、ムロツヨシ、宇梶剛士、吹越満、苅谷俊介、でんでん、筧利夫… この記事のコ......
大河ドラマ『おんな城主直虎』第十三回 (レベル999のgoo部屋)
「城主はつらいよ」内容今川家は、幼い虎松(寺田心)の後見として政次(高橋一生)を指名する。だが直後、南溪和尚(小林薫)は、虎松の後見人に“井伊直虎”を推挙。家臣達...
おんな城主直虎 第13回 城主はつらいよ (事務職員へのこの1冊)
第12回「おんな城主直虎」はこちら。前回の視聴率は12.9%と降下。タイトルチューンとして勝負に出た回だけにNHKとしてもつらいところか。で、今回のサブタイトルはもちろん「男は......
大河ドラマ「おんな城主 直虎」生き残る為の決断13直虎は井伊領の借金経営の現実を知...... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「おんな城主 直虎」第13話は井伊家の領主となった直虎だったが、これまで出家していたために井伊家の実情がわからない状況だった。当然この時代におんな城主はあま......