平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

カルテッド 最終話~四人が最後に到達した居場所と境地。それは自由で楽しくて、みぞみぞして

2017年03月22日 | その他ドラマ
 テーマはオーソドックスなものだった。
<居場所探し>
<何かが欠けている者どうしの共感>

 主人公たちの心の変化もあった。
<成功したプロの演奏者>から<趣味の演奏者>へ。
 彼らはこれを受け入れた。
 いや、<趣味の演奏者>というよりは、手紙に指摘されていた<中途半端な演奏者>へという感じか。
 でも、彼らは幸せなのだ。
 理由は、何だかんだ言って、いっしょにいて楽しいから。
 しらたきはハサミで切り、からあげはパセリに感謝するかどうかで論争する。
 あうんの呼吸と、どうでもいいこだわり。
 そしてカルテッドで演奏すれば、心はいつでもひとつになれる。

 四人は軽井沢の別荘を売りに出して、捨てた。
 求めに応じてあらゆる場所に行き、その場に合った音楽を演奏する。
 そこにあるのは<誰かひとりにでも自分たちの音楽が届けばいい>という思い。
 彼らは自由になったのだ。
 それは生涯を旅に明け暮れたモーツァルトのよう。
 あるいは大衆芝居を演じる旅芸人。
 四人はいつも笑い合って音楽を奏でて行くに違いない。
 ……………

 松たか子、松田龍平、高橋一生、満島ひかり。
 松たか子さんはニュートラルだが、松田さん、高橋さん、満島さんは結構クセのある俳優さん。
 この四人が共演したらどんなドラマが生まれるんだろうと思っていたが、案の定、予測不能で不協和音なトーンと雰囲気。
 しかし、そんな不協和音が調和する瞬間がある。
 まさにキャスティングの妙である。 

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おんな城主直虎 第11回~選... | トップ | 相棒15 「悪魔の証明」~今回... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
最終回 (ho)
2017-03-22 13:41:35
波乱なくてよかった
ドラクエの曲また演奏してた

すずめちゃん、かわいい

笑ったのは

ちょろかったw
w( ゜∀゜)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \
ハッピーエンド (コウジ)
2017-03-22 18:57:53
hoさん

いつもありがとうございます。

ドラクエを演奏したのは、大衆の求めるもの、喜ぶものを演奏していくぞ、という意思表示ですよね。
彼らの舞台は、芸術を演奏するコンサートホールではない。

ちょろかったw
には驚きましたね。
人生は人それぞれ。
不器用な人間もいれば、有朱のようにスイスイと人生をわたっていく人間もいる!
ラストで4人は道に迷っていましたが、これからも迷い、頭をぶつけながら生きていくんでしょうね。
好き嫌いの問題ですね (megumi)
2017-03-22 22:23:29
こうじさん  こんばんは。

途中下車されていたとは思えないほど、しっかりしたレビューですね。

ドラマを楽しめるかどうかは、つまるところ相性だと思います。
このドラマの主演4人のキャラは、何かしら病んでいるような気がします。
ですから、この4人の会話劇や行動を楽しめる人は健全なのではないかと思うのです。
私は、メンタルをやや病んでおります。(不安障害の類です)
だからこそ、この不協和音、ざらつき、他愛も無いのに面倒臭い会話などを
を受け入れ難いのだと思います。
家族から「面白がらないなら見るな」と言われながらも
最終話まで見てしまったのが不思議ではありますが・・・。

同じ面倒臭さでも 「逃げ恥」 はとても楽しめましたよ。
待ち切れなくて、いつもリアル視聴でした。
あれもコメディ仕立てでありながら、結構な問題を孕んでいましたけれどね。



相性 (コウジ)
2017-03-23 09:16:28
megumiさん

途中下車とは言え、報道ステーションの合間でチャンネルを切り替えたり、見られない時は他の方のブログを読んだりして、流れは把握していました←すみません、姑息な見方です……!

作品の好悪は誰にでもありますよね。
僕は西洋絵画では印象派のルノアールが好きなんですけど、ゴッホは少し病んでる感じがしてあまり好きでない。
ピカソになると、何だこりゃ?
音楽でも古典クラシックは退屈で、ベートーヴェンくらいのぶっ壊れ方は大好きなんですが、不協和音の現代音楽はまったく受けつけない。
なので、作品っておっしゃるとおり相性なんですよね。
あとはその時の状況。
落ち込んでいる時は、明るくて屈託のないものを見たくなる。

これからもたくさんの作品と出会うのでしょうが、相性の合わないものやつまらないものは見ないし、どこか引っかかるものは、がんばって見ていく。
その位のスタンスで行きたいですよね。
楽しみましょう (megumi)
2017-03-23 11:35:52
こうじさん  おはようございます。

そうですね。
そういったスタンスがストレスフリーで賢明でしょうね。

ドラマからは 離れますが
私も
絵画は印象派全般が好きです。
それとモリディアーニとユトリロが好きです。
ゴッホとピカソはもちろん圏外です。

音楽はバッハ大好き、ベートヴェン大好き。
不協和音の近現代は気分が悪くなる感じで大嫌いです。

カルテットの中でたびたび演奏された
「Music For A Found Harmonium」は好きでした。
ちょっとケルトっぽい感じの哀愁を帯びたノリの良い曲です。

今、応援している窪田正孝くんが刑務官役をやっている「ヒトヤノ棘」(WOWOW)を見始めました。
4月からNHKで始まる「4号警備」も似たような雰囲気ですが
作品に恵まれない彼の健闘を見守りたいと思います。
窪田正孝さん (コウジ)
2017-03-23 20:15:54
megumiさん

共通の好みがあって、よかったです!
バッハは僕には少し退屈ですが(←すみません!)、ベートーヴェンが「「バッハは小川でなく大海だ」と語ったように、近代西洋音楽の始まりなんですよね。

窪田正孝さんの最近の作品では、『ラストコップ』がありましたが、ちょっと無理をしている感じ。
窪田さんにはしっかりした演技をさせる作品に出演してほしいですよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
カルテット (第10話/最終回・2017/3/21) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
TBS系・火曜ドラマ『カルテット』(公式) 第10話/最終回『最後のまさか…さよならドーナツホール』の感想。 真紀(松たか子)はカルテットのメンバーの元へは戻らず、......
カルテット (Akira's VOICE)
最終回とまとめ
カルテット 最終話 (ぷち丸くんの日常日記)
罪を償うために、真紀(松たか子)は警察に行きました。 司(松田龍平)、すずめ(満島ひかり)、諭高(高橋一生)は、ずっと真紀を待っていました。 真紀は、マスコミから面......
カルテット 第10話(最終話) (ドラマハンティングP2G)
STORY010「最後のまさか…さよならドーナツホール」2017年3月21日 罪を償うため、出頭した真紀。 バラバラになってしまった、カルテットドーナツホール。 それから一年後、彼らはそれ......
火曜ドラマ『カルテット』第10話(最終話) (レベル999のgoo部屋)
「最後のまさか…さよならドーナツホール」内容警察に出頭した真紀(松たか子)それにより、“カルテットドーナツホール”は終わってしまう。 1年後、別府(松田龍平)家...