平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

おんな城主直虎 第24回~直虎、ついに一人前の領主に! 「なかなか、よろしきお考えかと」

2017年06月19日 | 大河ドラマ・時代劇
 ついに直虎(柴咲コウ)が一人前の領主になった!
 直虎、覚醒!
 待ってたんですよ、この時を!

 自分が今川に評価されていることを知って、直虎は言う。
「阿呆なおなごが治める取るに足らない所と見なされておった方が、よほど井伊は動きやすいではありませんか」

 鋭い分析だ。
 南渓和尚(小林薫)はこれを受けて、
「もう、おとわはおらんのじゃのう。つまらぬのう」
 和尚にとっては、破天荒でおバカなおとわが懐かしいのだ。

 桔梗と北条に嫁がせる策を伝えた時は、政次は否定せず、
「なかなか、よろしきお考えかと」

 直虎は政次と同じ戦略的判断をしたのだ。
 これは、すなわち、政次がいなくても大丈夫になったということ。
 直虎は思慮深くなり、危なっかしい判断をしなくなった。

 しの(貫地谷しほり)も評価した。
 桜の縁談のことで心を砕く直虎を見て、
「何だか、いっぱしの殿様のようになってまいりましたね」
 …………………

 直虎の成長。
 おとわからの卒業。

 これは同時に別れも意味する。
 乳母のたけ(梅沢昌代)の退場だ。
 もはや井伊の〝姫〟ではなくなり、〝殿様〟になった直虎を見て、たけは年老いた自分では支えられないと身を引く。

 そのやりとりは、なかなか感動的だった。
「たけはわれが看取ると決めたのじゃ!」
 たけはこれを聞いて、
「情け深い私のとわ姫様……」
 と昔を懐かしみつつ、
「最後にひとつくらい私の言うことを聞いて下さいませよ、姫様」
 これを受けて直虎はたけを馬に乗せて里まで送る。

 いいシーンだなぁ。
 成長を誇らしく思う乳母と、まだまだ甘えたい直虎。
 子離れ、親離れの物語。

 と泣かせつつ、
 オチは、たけとそっくりな姪のうめがやって来る(笑)
 このあたりはジメジメしていなくていいと思う。
 …………………

 成長して破天荒な〝姫〟から頼もしい〝殿様〟になった直虎。
 民を富ませ、外交、内政において的確な判断をおこない、同時に情深さも持っている領主様。

 家臣たちも育ってきたし、そろそろ外の世界に打って出る時だ。
 半径5キロから半径50キロくらいの物語になりそう。

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« AKB総選挙~須藤凛々花さん、... | トップ | 安倍晋三の記者会見~反省な... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
直虎の姫卒業と政次・瀬名の今後 (TEPO)
2017-06-20 00:06:46
>オチは、たけとそっくりな姪のうめがやって来る(笑)

「たけが死んだかもしれませぬ」と注進があった場面では、一瞬自害した篤姫の乳母菊本のことを思い出し、ちょっと重すぎる展開ではないかと思ってしまいました。

>成長して破天荒な〝姫〟から頼もしい〝殿様〟になった直虎。

思い出しついでですが、篤姫も「島津本家の姫」「将軍家御台所」と新たな境遇に順応するたびに試練が描かれていました。

>家臣たちも育ってきたし、そろそろ外の世界に打って出る時だ。

次回予告などから「次のステップ」は材木や木綿などやはり「経済」にかかわることのようで、そこでおそらく龍雲丸も再登場することでしょう。

>これは、すなわち、政次がいなくても大丈夫になったということ。

久しぶりに家康と瀬名が登場しました。
政次の悲劇は井伊の「今川離れ」が切迫する時点だと思いますので、徳川側の描写がこの程度ならまだ当分政次も安泰だと思います
ようやくおとずれた「碁を打ちながら意見を交わす殿と家老」の関係。
直虎と政次にとっての幸福なひとときはもう少し続くのではないかと思っています。

むしろ気になるのは瀬名の境遇です。
「築山殿の悲劇」は有名ですが、「今川側の立場に固執する嵩高い女性」という一般的イメージとは少し違って、家康が今川に替わって「駿府の主」となることは歓迎しており、夫婦仲もまずまずのようでした。
もっとも、放っておかれたことを皮肉ったり、焼き餅でつねったりしてはいましたが。
今回も家康に井伊のことを口添えしていましたが、「直虎の盟友」という角度から描かれる彼女の今後(外的運命も内面の動きも)には目が離せないと思います。
直虎と篤姫 (コウジ)
2017-06-20 08:12:33
TEPOさん

いつもありがとうございます。

そう言えば、篤姫も当初は、破天荒な姫でしたね。
そして次第に成熟していった。

少女マンガのような恋愛といい、直虎は篤姫を意識しているのかもしれませんね。

あとは碁を打ちながらの政治話。
「真田丸」を意識したわけではないでしょうが、これは一工夫していて面白い。

瀬名(=築山殿)の描写は新しいですね。
ヒステリックで家康が恐怖する築山殿とは全然、違っていて、しっかり夫婦として描いている。
こういう夫婦を見せられると、直虎がまだ子供に見えてしまうんですよね。
女性の色気からは程遠い存在。
このあたりはどう成熟していくんでしょうね。

コメントを投稿

大河ドラマ・時代劇」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
おんな城主 直虎「さよならだけが人生か?」 (のほほん便り)
龍雲丸(柳楽優弥)に、士官への誘いを断られ、落胆する直虎(柴咲コウ)でも、民衆に、読み書き、薬草の選び方、などを教え、井伊の女領主の話は評判に。人々も集まりはじめまし......
【おんな城主 直虎】第24回「さよならだけが人生か?」 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
柴咲コウ、杉本哲太、財前直見、前田吟、小林薫、三浦春馬、高橋一生、柳楽優弥、貫地谷しほり、ムロツヨシ、宇梶剛士、吹越満、苅谷俊介、でんでん、筧利夫… この記事のコ......
大河ドラマ『おんな城主直虎』第二十四回 (レベル999のgoo部屋)
「さよならだけが人生か?」内容龍雲丸(柳楽優弥)が、井伊家への仕官を断りを入れてくる。まさかのことに直虎(柴咲コウ)だけでなく、井伊家の家臣達、そして龍雲丸の一味の者......
大河ドラマ「おんな城主 直虎」生き残る為の決断24直虎は今川の縁談話を受け入れたが...... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「おんな城主 直虎」第24話は直虎の仕官を龍雲丸は断った。龍雲丸は性に合わないという一言に直虎はガッカリする。その頃今川は同盟を破棄した武田家への報復として......
おんな城主 直虎 24話「さよならだけが人生か?」 (昼寝の時間)
公式サイト 直虎(柴咲コウ)からの仕官の誘いを断った龍雲丸(柳楽優弥)。一方駿府