平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

花燃ゆ 第27回「妻のたたかい」~文という無力な女の名は捨てます

2015年07月06日 | 大河ドラマ・時代劇
 久坂(東出昌大)は最期に言う。
「しくじってばかりの人生だったが、四季があった。
 悲しむことはない。あとは皆が志を継いでくれる」

 やたら自分の死を意義あるものにし、美化しているけど、要するに久坂は「しくじった」のである。
 鷹司卿に裏切られることも予想できなかったし、薩摩との政争にも敗れた。
 好戦的な来島又兵衛(山下真司)を抑えることもできなかった。
 ただ、それだけ。
 結果、もたらしたものは<朝敵><長州征伐>。
 久坂は自分の状況判断が甘かったこと、政治力が足りなかったこと、至誠では人は動かないことを覚り、嘆くべきだった。
 自らの死を美化してはいけない。

 こう書いてしまうのも、〝久坂たちにも理がある〟ということがドラマとして描かれてこなかったから。
 作家としてはそのつもりだったのかもしれないが、印象として残ったのは、尊皇攘夷の拝外主義者、テロ集団としての久坂たち。
 久坂たちに〝理がある〟と視聴者に思わせるとしたら、過激なテロ集団としての自分たちを総括させるべきだった。
 久坂たちがやろうとしたこと。
 これはおそらく、幕府を倒し、帝を中心とする国家をつくり、国一丸となって攘夷をおこなうというものだったのだろう。
 だが、それは時期尚早だったし、薩摩のようなしたたかさはなかった。
 まあ、ドラマとしては、明治の世になって、「久坂たちのやろうとしたことは間違っていなかった」「志は貫かれた」「久坂の死は意味があった」と、文(井上真央)に後付けで言わせるんだろうけど。

 大奥編に関しては、違和感と不安。
「文という無力な女の名は捨てます」
 文が大奥の中でのし上がり、政治力・発言力を持つみたいな話になれば面白くなるのだろうが、果たしてどうか?
 今まで文さん、握り飯をつくってるイメージしかないからな~、いきなりデキる女になってしまうのも……。
 というか、27話でこの心境というのは遅すぎ。
 文が主人公になっていない良い例だ。

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自民党・高村副総裁が精神的... | トップ | 天皇の料理番~「ジュテーム... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
全く同感です (TEPO)
2015-07-06 22:43:51
>〝久坂たちにも理がある〟ということがドラマとして描かれてこなかったから。
>作家としてはそのつもりだったのかもしれないが

まったく同感です。
ことによると作者にとって椋梨夫妻は「悪役」のつもりだったのかもしれませんが、彼らの言い分こそが全くの正論であり、逆らう文の側の言い分は全然成り立っていないように見えました。
作家は視聴者が文に感情移入してくれていると思い込んでいるのかもしれませんが空振りですね。

>尊皇攘夷の拝外主義者、テロ集団としての久坂たち。

さらに追い打ちをかけるならば、何度も回想に出てくる久坂による「撃て」の号令-下関での「攘夷決行」は、民間商船に対する無警告の砲撃でした。
「格好いい」どころか、弁解の余地のない無法、「日本の恥」というべき蛮行です。
そのために不平等条約の条件が一層悪くなった-関税自主権の実質的喪失-と言われています。

このことに一言も触れないだけでも十分に歴史の歪曲・美化だと言えるでしょう。
さらに、ドラマでは砲撃はフランス船(くどいようですが「艦」ではない)に対してということになっていますが、最初の砲撃はアメリカ船に対してだったそうです。
妙な配慮を感じませんか。
たしかに長州藩は二日目にフランス船を砲撃したそうで、指摘を受けたNHKは「その場面を描いた」と弁明したそうですが、だとしても何故最初の砲撃を描かなかったのでしょうか。

>文が大奥の中でのし上がり、政治力・発言力を持つみたいな話になれば面白くなるのだろうが、果たしてどうか?

これまた同感です。
今までとはまったく別の物語になってしまいそうですね。
普通「サクセス・ストーリー」型の物語なら、中盤の今頃にはかなりいい調子でのし上がりつつある時期のはずです。
今から仕切り直しで一番「下っ端」から出発するというのでは、確かに遅すぎでちょっと「しんどい」感じがします。
いわく付きの作品 (コウジ)
2015-07-07 08:57:49
TEPOさん

いつもありがとうございます。

>下関での「攘夷決行」は、民間商船に対する無警告の砲撃でした。

なんですってね。
要するに久坂はしくじって、失点ばかりを重ねていたんですよね。
作家はそれでは物語として成り立たないと考えたのでしょうが、むしろはっきり描いた方がよかったのかもしれません。
結果、戦争がこういうミスや誤解から始まるということがよく伝わります。
現在でも東シナ海、南シナ海で同様のことが起こりそうですしね。

アメリカの船であることを描かなかったのは、おっしゃるとおり、日米関係への配慮なんですかね。
ある週刊誌によれば、とある奇兵隊の兵士を演じている役者さんは、安倍首相に近い地元有力者の息子さんなんだとか。
もちろん、その役者さんは実力で役を獲られたのだと思いますが、そういう記事が報じられてしまうこと自体、不幸ですよね。

『花燃ゆ』は、さまざまな面でいわく付きの作品になってしまいましたね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
花燃ゆ #27「妻のたたかい」 (昼寝の時間)
公式サイト 長州軍は復権をかけて京都に上り、進軍を開始した。世に言う「禁門の変」
【花燃ゆ】第27回 「妻のたたかい」夫の名誉のため私は負けない! 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
長州軍は復権をかけて京都に上り、進軍を開始した。世に言う「禁門の変」である。久坂玄瑞(東出昌大)は天皇に嘆願書を届けようと突き進むが、ついに力尽き自刃する。夫の死の知らせにぼう然とする文(井上真央)…。しかし悲しみに暮れる間もなく、久坂家断絶という通...
花燃ゆ 第二十七回 (レベル999のgoo部屋)
『妻のたたかい』 「妻のたたかい~禁門の変で残された命抱え歩き出す」 内容 京へ向かった夫・久坂(東出昌大)が、無事戻るよう祈る文(井上真央)。 だがすでに、久坂は、来島(山下真司)らに押され、 嘆願書を届けるために、御所へ向かっていた。 そして御門を守る...
大河ドラマ「花燃ゆ」吉田松陰の妹27玄瑞嘆願書を届けるも受け取ってもらえず自害!文は玄瑞を失い毛利家の奥へ入る事を決意した (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「花燃ゆ」第27話は玄瑞らは朝廷に嘆願書を届ける為に御所へ攻め入った。しかし御所を固める会津、薩摩の大軍の前に尽く討ち取られる。玄瑞らは何とか鷹司邸に辿り着 ...
大河ドラマ「花燃ゆ」 #27 妻の戦い (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
ついに禁門の変。
花燃ゆ - 2015年大河ドラマ 井上真央 (新ドラマQ)
花燃ゆ 平成27年大河ドラマ NHK総合 2015年1月4日~ [キャスト] 井上真央 大沢たかお 伊勢谷友介 高良健吾 東出昌大 優香 瀬戸康史 劇団ひとり 佐藤隆太 要潤 かたせ梨乃 内藤剛志 奥田瑛二 長塚京三 松坂慶子 北大路欣也 ...