平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

おんな城主直虎 第23回~龍雲丸が家臣にならない理由 「そりゃあ、空に雲があったからでさぁ」

2017年06月12日 | 大河ドラマ・時代劇
「そりゃあ、空に雲があったからでさぁ」

 龍雲丸(柳楽優弥)が武家にならない理由だ。
 うん、これでいいと思うよ。
 龍雲丸は何者にも縛られず、空を漂う雲のように、いつも自由であってほしい。
 家臣にならなくても、井伊の味方であることは変わりがないわけだし。
 それに家臣になったら、直虎(柴咲コウ)に好きなことを言えなく待ってしまう。
 ふたりの関係は対等である方が面白い。

 それにしてもキザなせりふだな。
「そりゃあ、空に雲があったからでさぁ」
 何かの件で理由を訊かれた時に使ってみよう。
 相手に絶対、引かれると思うけど。
 何かを決断したり、行動を起こす時も、
「そりゃあ、空に雲があったからでさぁ」

 今日は気持ちのいい気候だから外出しようかな。
 青空の雲を見上げながら。
 ………………

 政次(高橋一生)の本心はバレバレですな。

 なつ(山口紗弥加)には、
「貧乏くじを引かれ、風邪をひかれ、兄上はもっと賢い方かと思っておりました」

 龍雲丸を家臣にすることを相談する直虎には、
「こたびのことは政次に従う。政次は井伊のことを誰よりも考えておるゆえ」

 ふたりにこう言われて戸惑う政次が可愛い。
 ………………

 家臣たちもそれぞれ。

 六左衛門(田中美央)は、龍雲丸の件で近藤康用(橋本じゅん)に問い詰められた時に、
「それがしが頼んだことでございます」
 と自ら罪を被って直虎を守った。

 直之(矢本悠馬)は龍雲丸を家臣にすることを問われて、
「それがしはあの者たちを井伊を守る家来衆にしとうございます」
 瀬戸方久(ムロツヨシ)は、家臣にする理由として、
「あの者たちは銭を呼びそうです」

 直之は龍雲丸が使えると思ったんでしょうね。
 強くなるためには戦力は少しでも多くあった方がいい。
 少しずつ柔軟になっていく直之。
 龍雲丸との信頼関係も築きつつあるようだ。
 方久の理由もいかにもって感じ。

 こうして形作られていく井伊家の家臣団。
 ………………

 南渓和尚は上手く近藤をねじ伏せた。
「お経を上げていいかの?
 井伊家と近藤家の末永い関係のために」

 交渉では相手に逃げ道をつくっておくことが大切なんですね。
 今回のケースでは、
「どういうことか?」「井伊家を貶めるために仕組んだことか?」と近藤を徹底的に問い詰めることもできた。
 しかし、それをせず、相手のメンツを守った。
 大人の知恵である。
 力でねじ伏せれば敵意を生むが、このやり方だと相手に貸しを作ることができる。

 井伊家の人たちの人柄や個性がじわじわと出てきていますね。
 こんな井伊家が外の世界で一丸となって活躍するシーンを早く見たい。

 
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (11)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍内閣を倒す方法~小池都... | トップ | 小さな巨人~これって完全に... »

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (ho)
2017-06-12 22:30:33
雲のジューザか

一生が鶴瓶の家族に乾杯出てた
ストイックな恋愛感情 (TEPO)
2017-06-13 01:30:09
>家臣にならなくても、井伊の味方であることは変わりがないわけだし。
>ふたりの関係は対等である方が面白い。

「ただの人間同士の関係」というコンセプトからしてこの方向がいいですね。
当然龍雲丸は今後も重要な役割を果たすでしょうし、その中で彼の「武家嫌い」へのこだわりの理由も明らかになってゆくことでしょう。
少年時代の回想シーンは彼の家の滅亡(父親の城の落城?)の場面でしょうね。

それにしてもあのような見事な龍の形の雲が一度ならずも二度までもとは。(笑)

>なつには、「貧乏くじを引かれ、風邪をひかれ、兄上はもっと賢い方かと思っておりました」

なつには「直親に代わる新たな恋敵の出現」に直面した政次の気持ちが手に取るように分かるのでしょうね。
「なつ→政次、政次→直虎、直虎→龍雲丸」というストイックな恋愛感情の連鎖。
こうした関係が醸し出す「色気」は嫌いではありません(無論「ストイック」にとどまり続けることが前提です)。
それにしても、政次を慕うなつ、そうしたなつに優しさと信頼を寄せる政次の間には、並の夫婦以上に濃密なものを感じます。

>家臣たちもそれぞれ。

最近の家臣団の中では特に軍事担当「之の字」の変化が「いい感じ」だと思います。

というわけで、私としては現時点の脇役陣の中ではなつと直之とが「好感キャラ」です。

>こんな井伊家が外の世界で一丸となって活躍するシーンを早く見たい。

次回からようやく今川、松平、武田、さらには背後の北条、織田、上杉といった大名たちとの関係が主題化してくるようです。
もっとも「軍事」というより「外交」でしょうが。
雲隠段蔵 (コウジ)
2017-06-13 08:48:48
hoさん

いつもありがとうございます。

雲のジュウザ、『北斗の拳』ですね。

僕は『超高速!参勤交代』の雲隠段蔵(井原剛志)を思い出しました。
「わしは雲よ。好きな時に好きな場所に行く」
段蔵のこのせりふ、好きなんです。
政次は孤独ではない (コウジ)
2017-06-13 09:04:09
TEPOさん

いつもありがとうございます。

なるほど、直虎と龍雲丸の関係は、TEPOさんが前回おっしゃっていた、「ただの人間同士の関係」なんですね。
この関係は大河ドラマでは新しいですよね。
直虎には、「人間、本来無一物」という仏教思想があり、農民も武家も商人も盗賊も関係ないのかもしれませんね。

<直虎を想う政次><政次を想うなつ>の関係は本当にストイックですよね。
このストイックさが政次の死によって、どう崩れるのか?
これは大きなドラマになりそうです。
なつに想われ、直虎に信頼され、政次の最期は穏やかなものになりそうですね。
彼は決して孤独ではなかった。

>今川、松平、武田、さらには背後の北条、織田、上杉といった大名たちとの関係が主題化してくるようです。

これなんです! 僕が待っていたのは!
家臣団も固まってきましたし、直虎も領主らしくなってきましたし、そろそろ弾けてもいい頃ですよね。

もうしばらくは 見続けます (megumi)
2017-06-13 11:20:01
コウジさん  こんにちは。

相変わらず 政次の登場シーン以外は倍速以上で見ている不良視聴者です。

同性のためか 
直虎の軽率さと喧しさには耐え難きものがありまする。

TEPOさんがおっしゃるように 
なつと政次の間には並みの夫婦には及ばない艶やかな空気がありますね。
心地良い場面だと思います。
なつ役を山口沙也加さんが演じる意味が分かりました。

当分の間 政次は生きるようですし 私も降りるに降りられないのですが
近隣諸国との駆け引きなどが展開されそうな気配なので期待します。

ここからは余談です。
「武田信玄」が好き過ぎて 「風林火山」を見ていませんでしたが
再放送を現在進行形で見ています。
キャストも筋立ても地味でパッとしませんが 今作よりはマシな気がしています。
コウジさんも 不定期にレビューを書いておられますので読みました。
軽さと重さ (コウジ)
2017-06-14 08:13:25
megumiさん

いつもありがとうございます。

>直虎の軽率さと喧しさには耐え難きものがありまする。

僕もこれ気になりました。
今回の場合で言えば、龍雲丸が木を伐った盗賊であることを思わず口にしてしまう所ですよね。
直虎がまだ〝頼りない領主〟であることを描いているのでしょうが、この〝軽さ〟はそろそろ卒業してほしい。

〝なつと政次〟に関しては、一番最初にmegumiさんが「同じ屋根の下にいて大丈夫なのだろうか」と指摘されたことですよね。
さすが女性の勘は鋭い。

「風林火山」は、スマートでなくゴツゴツした所がいいですよね。
登場するのは、男、男、男!(笑)
GACKTさんの華麗な謙信も、今は亡き緒方拳さんの知的な宇佐美定満もいい。
「直虎」の軽さとは対照的な「重さ」も感じます。

僕の中では、歴代大河ドラマの上位に入っている作品です。
ちょうど10年前にあたります (megumi)
2017-06-14 18:58:47
こうじさん  こんばんは。

おっしゃるように 「風林火山」 は男のドラマですね。
若干 加齢臭さえ漂いそうな・・・。
そんな中に 政次こと高橋一生さんがちょろっとだけ出てくるんですよね。
1話につき 台詞は一言くらいで 気を付けていないと危うく見逃しそうです。
10年間 腐らず地道に役者を続けて 
今や「直虎」の看板俳優にまで成長しました。
拍手です。

なつと政次は両想いでは無いのに (寧ろ片恋)
お互いを思い遣る関係になりましたね
下世話な勘ぐりをした自分が恥ずかしいですよ。(笑)

「風林火山」は こうじさんの歴代大河の上位ですか。
私は 「風邪と雲と虹」「炎立つ」とか「太平記」も好きでしたよ。
それと何と言っても「武田信玄」 (まだ言うか!)ですね。

源平 戦国 幕末以外の題材が新鮮で 惹かれます。
(「東京オリンピック」は残念ながらクドカンさんが苦手なんです)
原田甲斐と政次 (TEPO)
2017-06-14 22:52:11
>直虎の軽率さと喧しさには耐え難きものがありまする。

megumiさんのコメントを見て、なぜ私にとってなつが「好感キャラ」なのかが分かった気がしました。
本作の女性キャラと言えば、軽率で喧しい直虎の他にはしの(笑)。
男性の目から見て魅力的な「賢く健気な女性」といえばなつぐらいしかいません。
敢えて言えば祐椿尼ですが一世代上の「母上」。
新野三姉妹は個性が見えるほどに描かれていません。

まあ直虎も火中の栗を拾って領主となった点で「健気」であり、軽率でも何とかしてしまう点で「賢い」のかもしれませんが。
さらに弁護するなら、これまでのエピソードは直虎が領主となってから一年くらいの話です。
この〝軽さ〟はそろそろ卒業すると思います。

>なつに想われ、直虎に信頼され、政次の最期は穏やかなものになりそうですね。

これはどうでしょうか。
井伊家の逆臣として家康によって「処刑」されるという「史実」は動かせないと思います。
おそらく政次は「逆臣の汚名を着て死ぬ忠臣」という意味で『樅ノ木は残った』の原田甲斐の道を歩むのではないかと思います。
これから諸大名との関係が問題となると言っても、「寝返りの達人」真田昌幸とは違い、不器用な井伊家の人々にとって最大のイベントは「今川から徳川(松平)への寝返り」以外にありません。
おそらくその途中で、原田甲斐が藩を救うために伊達兵部の腹心を演じたように、政次も井伊家を救うために今川側の立場を演じなければならない場面が来るのだろうと思います。
無論、直虎やなつなど少数の人々は彼の真意を理解しており
>彼は決して孤独ではなかった
とは言える(当然泣かせる場面の連続となる)と思いますが。

それゆえ、大名間のパワーゲームの進行が熟してくると政次の余命も残り少なくなってくるのではないかと思います。
風邪ではありません (megumi)
2017-06-15 09:15:00
コウジさん おはようございます。

何という変換ミス!!!

このところ 梅雨らしくない天気が続くので「風邪」の心配ばかりしていたので
こんなポカをやっちゃいました。 ( *´艸`)

それから 
政次は処刑されるのは動かしようが無いと思います。

TEPOさん 
取るに足りないコメントに目を通していただいて、ありがとうございます。
TEPOさんはいつも素晴らしいコメントをされているので
感心しながら拝読しています。
月日が経つのは (コウジ)
2017-06-15 11:21:09
megumiさん

もう10年ですか。
ついこの間の感じなのですが、月日が経つのは早いですね。
一生さんも出ていたんですね。
これをご存じとはさすがです!

>源平 戦国 幕末以外の題材が新鮮で 惹かれます。
やはりmegumiさんは、イレギュラーですね。←失礼!
確かに上記の時代はやり尽くされた感はあるのですが。
一年! (コウジ)
2017-06-15 11:31:38
TEPOさん

直虎が領主になって、まだ一年くらいなんですか。
そう見ると、直虎は密度の濃い時間を送っていますね。
直虎が知略も備えた重みのある領主になるのは、政次の死以降ですかね。
政次の知略や判断力が直虎に引き継がれる。
そうなると、なかなかドラマチックですね。

<政次の最期は穏やかなものになる>と書いたのは、直虎やなつという<理解者を得て、心穏やかに死ねる>という意味でです。
無理解や憎しみを向けられたままの死ほど、哀しいものはありませんし。
おっしゃるとおり、政次の死はいいドラマになりそうですね。

大名同士のパワーゲームの中での生き残りドラマは『真田丸』もそうでしたが、『直虎』でどう描かれるのか、楽しみです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
おんな城主 「盗賊は二度仏を盗む」 (のほほん便り)
龍雲丸(柳楽優弥)たちとの宴(うたげ)で、酔っ払った直虎(柴咲コウ)、思いっきり乙女になってましたね。「ワシのものになれっ!」と言葉はキツかったけれど… 本心でしょう......
【おんな城主 直虎】第23回「盗賊は二度仏を盗む」 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
柴咲コウ、杉本哲太、財前直見、前田吟、小林薫、三浦春馬、高橋一生、柳楽優弥、貫地谷しほり、ムロツヨシ、宇梶剛士、吹越満、苅谷俊介、でんでん、筧利夫… この記事のコ......
【おんな城主 直虎】第23回感想と視聴率「盗賊は二度仏を盗む」  (ショコラの日記帳・別館)
【第23回の関東の視聴率は6/12(月)追記予定】「盗賊は二度仏を盗む」 前回(
大河ドラマ『おんな城主直虎』第二十三回 (レベル999のgoo部屋)
「盗賊は二度仏を盗む」内容龍雲丸(柳楽優弥)と直之(矢本悠馬)そして領民の仲違いは、直虎(柴咲コウ)の思いつきにより、解消した。しかし、翌日、政次(高橋一生)と近藤康......
大河ドラマ「おんな城主 直虎」生き残る為の決断23直虎は最後まで龍雲丸たちを信じ家...... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「おんな城主 直虎」第23話は龍雲丸たちを雇った事を知られた直虎は龍雲丸たちを逃がした上で近藤に謝罪に向かう。その中で本尊が盗まれたという話だったが本尊はそ......
おんな城主 直虎 23話「盗賊は二度 仏を盗む」 (昼寝の時間)
公式サイト 龍雲丸(柳楽優弥)たちとのうたげから一夜明け、二日酔いに苦しむ直虎(