平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

花燃ゆ 第11回「突然の恋」~心を偽るなど生きていく上では当たり前のことじゃ

2015年03月16日 | 大河ドラマ・時代劇
「なぜ飢える者がいるのか?」
 国家や異敵のことばかりを論じている松下村塾で、前原一誠(佐藤隆太)は新しい問題提起。
 周囲がしらける中で、松陰(伊勢谷友介)はこの問題提起を採用した。
 こういう所、松陰はいい先生ですよね。
 抽象的な天下国家の問題も大事だが、人が飢えているという具体的な問題も重要だと考える。
 前回の吉田稔麿(瀬戸康史)の「江戸の人々の生活を知りたい」という問題意識も良しとしたし。

 前原一誠は、歩みののろい人物でもあるようだ。
 天下国家を論じている他の塾生に比べて、自分の問題意識は遅れていると劣等感を持っていた。
 しかし、前原は気づいた。
「灯りを見つけたら急くことはない。あとはゆっくり近づけばいい」

 まわりがどんどん追い越していって、時に人はあせる。
 自分は劣っているのではないかと悩む。
 でも、人には人のペースがあるのだ。
 駆け足で前を走っていった人間がつまずいたり、違った道に行ってしまうこともあるわけだし。


「心を偽るなど生きていく上では当たり前のことじゃ。皆そうして生きとる。決してまともに向き合うてはいけんことが世の中にはあるんじゃ」
 という小田村伊之助(大沢たかお)の言葉も興味深い。
 大人の意見ですよね。
 大人はそうして生きている。
 しかし、これには、いつしか自分を見失ってしまうという危険がある。
 久坂(東出昌大)もこんなことを言っていた。
「心を偽るうちに決してゆずってはいけないものを失ってしまいそうで……」
 久坂のゆずってはいけないものは、文(井上真央)であるようだが、伊之助の場合は思想・信条。
 ここをゆずってしまっては伊之助は伊之助でなくなる。
 だから椋梨(内藤剛志)の意向に逆らって、
「皆様、いま一度、お考えいただけませぬか。今、異国の申すままに通商を承諾しては日本はいずれ清国のごとく金銀と土地を収奪され、異国の侵略を許してしまうことになりまする。決して条約を認めてはなりませぬ!」
「軽挙を諫めるのも忠義!」

 青臭いですね。組織人としては失格。
 でも、あのまま自分を抑えて生きていくのと自己主張して生きていくのとでは、どちらが幸せか?
 それは人それぞれが決めていくこと。
 今回、伊之助は後者を選んだ。
「心を偽るなど生きていく上では当たり前のこと」と考える大人の伊之助が迷いに迷った末、ついに発した。

 この作品は〝曲げられぬ男たち〟の物語である。
 男たちは時に迷い、ためらい、挫折しながら、自分を貫いていく。
 そんな彼らを文がどう支えていくか?

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手裏剣戦隊ニンニンジャー ... | トップ | デート~恋とはどんなものか... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「恋バナ」だから見ていられる (TEPO)
2015-03-16 21:14:44
「恋バナ」に対するブーイング、また文よりも松陰を主人公にすべきだったとする声が多いようです。
しかし、そうした人たちの要望どおり松陰を主人公にして「歴史の表舞台」-つまり、政治・チャンバラ・いくさ-の描写をメインにしたならば、男連中が口角泡を飛ばして「攘夷」を叫ぶ場面の連続になることでしょう。
現代人の後知恵に照らして「志士」たちが肯定的に評価されるのは、幕藩体制を解体して近代化への路線を敷いた限りでのことであり、「攘夷」を正当化することは容易なことではないはずです。
おそらく本作では、これまでと同様「攘夷」を主題化することは極力避け、「恋バナ」や松下村塾の塾生一人一人の個人的な悩みなどのエピソードで「安政の大獄」での松陰の最期までをつないでゆくのではないかと思いますし、それでよいと思います。

松陰による「女大学」の講義が凡庸で不評だったこと、女子会での「心臓のあたりがキュン」という伏線を最後に文が回収した際に玄瑞が「医者」として反応したボケぶり、玄瑞を冷やかす高杉らの反応などは見ていて微笑ましく、おそらくは「恋バナ」の常套手法なのでしょうが結構楽しみました。

>違った道に行ってしまうこともあるわけだし。

大雑把に言って、下関戦争までの長州藩の軌跡は、攘夷派に引きずられて「間違った道を突っ走った」とする他はないでしょう。
この時期の思想的指導者という制約がある限り、松陰を主人公とするには無理があることについては、製作者たちがよく心得ていると思います。

幕末物で長州人ということであれば、「花神」の大村益次郎こそがヒーローとして適格でした。
もともとは純然たる蘭学者であった彼が、故郷の危機に際して純粋に「軍事技術者」として関与し、その能力を発揮して連戦連勝。
洋学者である以上「攘夷」などには関与せず、長州藩士となったのは第二次長州征伐(四境戦争)からであり、ひたすら軍事の近代化を推進し、明治維新後は士族反乱を予見して対策を講じていたが、自分自身は栄達を享受する以前に、後に士族反乱分子となる者たちの凶刃に斃れてしまう。
現代人の後知恵の視点から見ても、非の打ち所のないほどに「正しい道」を歩み続けた人物でした。
大村益次郎 (コウジ)
2015-03-17 08:50:08
TEPOさん

いつもありがとうございます。

>「攘夷」を主題化することは極力避け、「恋バナ」や松下村塾の塾生一人一人の個人的な悩みなどのエピソードで「安政の大獄」での松陰の最期までをつないでゆくのではないかと思います

まさにこの路線ですよね。
もしかしたら、問題意識が高いけれど鬱屈した若者が過激に走っていく過程も描かれるかもしれません。
こういう点で、主人公が文で、文視点で物語が描かれることは正解ですよね。
文は共感力はあるが、ノーマルな女性で、視聴者目線に立てると思いますし。

>「花神」の大村益次郎こそがヒーローとして適格でした。

おっしゃるとおりですね。
前半は、蘭学医として客観的に攘夷運動を見る。
後半は、政治参加。

文も八重もこの路線の主人公なんでしょうけど、後半が弱いですよね。

私事ですが、僕は『花神』が大好きで、ダイジェスト版のビデオを通販で購入して持っていました。
あと持っていたのは『国盗り物語』。
何だかんだ言って、この2作品が僕の大河ドラマベストです。
花神 (TEPO)
2015-03-17 11:51:25
>僕は『花神』が大好きで、ダイジェスト版のビデオを通販で購入して持っていました。

そうでしたか。
私は朝日新聞に連載されていた原作以来のファンでした。
蔵六(益次郎)の「論理バカ」と言ってよいほどに理性的なキャラの滑稽な味わい、そんな彼とシーボルト・イネとの「恋バナ」などが印象に残っています。

本作にも大村益次郎は登場することでしょうが、どのように描かれるのかは興味深いところです。
おおっ! (コウジ)
2015-03-17 19:55:40
TEPOさん

>私は朝日新聞に連載されていた原作以来のファンでした。

おおっ、新聞連載を読まれていたんですか!
やっぱり僕とTEPOさんは一世代違うんですよね。
僕は大河ドラマから入って、後年、文庫本で読んだ口です。

>本作にも大村益次郎は登場することでしょうが

楽しみですね。
『花神』では大村益次郎視点で松下村塾の塾生たちを描きましたが、今回は逆になるんですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
花燃ゆ #11「突然の恋」 (昼寝の時間)
公式サイト 松下村塾が型破りな学び舎として広く知れ渡ると、文(井上真央)は塾生た
【 花燃ゆ 】第11回 「突然の恋」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
松下村塾が型破りな学び舎として広く知れ渡ると、文(井上真央)は塾生たちの 世話で一層忙しくなる。 その様子を見て心配した姉の寿(優香)は、文に縁談を持ってくる。 塾生の久坂玄瑞(東出昌大)は文にほのかな想いを抱いていたが、気持ちを 打ち明けられぬまま...
大河ドラマ「花燃ゆ」 #11 突然の恋 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
いきなり恋ですか。 まぁ、史実があまりわかっていないわけですから…。
大河ドラマ「花燃ゆ」吉田松陰の妹11文は寿が進めた縁談に困惑!しかし伊之助が進めた久坂玄瑞の縁談には自らの心を察してくれた事... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「花燃ゆ」第11話は松下村塾は身分関係なく塾生を募っているという事が評判となり広く知られるようになっていた。そんな中長州藩ではアメリカからの日米通商条約の締 ...
「花燃ゆ」 第11回、突然の恋 (センゴク雑記)
大河ドラマ「花燃ゆ」。第11回、突然の恋。 久坂と文の結婚話。 文の恋というには確かに突然・・・ご都合展開という感じがします。 八重の時も思ったけど、結局は兄の言うままに結婚という所に時代を感じますね。