平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

真田丸 第41回「入城」~徳川を撃ち破ったのは私。父は黙って見ているだけでした

2016年10月17日 | 大河ドラマ・時代劇
 幸村(堺雅人)のいくさはすでに始まっているようだ。

・老けてやつれた格好で入城して、徳川方を油断させる。
・堺を抑え、大坂の徳川の米蔵を奪取して、兵糧を確保し、徳川の兵糧も断つ。
・上田城の攻防戦は自分がやったことで、父は見ていただけだとウソを語り、自分のカリスマ性を大きくする。

 勝つために、現在できるあらゆることを始めている幸村。
 この点、武者部屋にただ座っているだけの後藤又兵衛(哀川翔)、毛利勝永(岡本健一)とは大いに違う。
 しかし、人が集まれば、嫉妬などさまざまな感情が渦巻くのも現実。
 後藤又兵衛や毛利勝永は、戦場経験において幸村より自分が上だ、と思っている。
 大野治長(今井朋彦)は早くも権力争い。
 豊臣秀頼(中川大志)の信頼が厚く、早速、有効な提案した幸村のことをおもしろく思っていない。
 人間というのは、こうした俗っぽい存在なのだ。
〝豊臣家のため〟という理想を掲げていても、「俺が」「私が」が出てきてしまう。
 …………………………………………

 女性たちは戦いに向かう幸村を快く送り出した。
 春(松岡茉優)は、「もとより覚悟はできております」
 きり(長澤まさみ)は、「苦労大好きですから」
 きりのリアクションは、いかにもきりらしい。
 春は止めると思ったんだけどなぁ。
 だが、春は武家の娘。
 そして、関ヶ原で父・大谷刑部を家康に殺された。
 こう考えれば、「もとより覚悟はできております」の反応もうなずける。
「いくさは嫌です」「なぜ戦うのです?」という従来の大河ドラマで描かれてきた女性はここにはいない。
 …………………………………………

 一方、信之(大泉洋)は完全に平和モード。
 武芸より書物を読むのが好きな信吉(広田亮平)。
 繊細さに欠けるが、才気と武芸に秀でた信政(大山真志)。
 ここで、信吉に家督を譲ることを決定した。
 信吉が早く生まれた嫡男だからだ。
 これが乱世だったら、繊細な信吉よりは武芸に秀でた信政を選んでいただろう。
 信之は平時のルールで物事を決めている。

 女性たちは立派だった。
 剣術の稽古。
 稲(吉田羊)は勝負があったにも関わらず木刀を蹴った信政を叱り、こう(長野里美)は負けた信吉を「不甲斐ない」と叱った。
 普通なら自分のお腹を痛めた子を可愛がるのが母親。
 だが、彼女たちは逆で、自分の子に厳しいのだ。
 それは母親の愛情ゆえの厳しさではあるのだが。
 その他にも稲は信政ではなく、こうの子・信吉に真田家を継がせるという判断を下した。
 理由は信吉に継がせて、信政に補佐させた方が真田家にとって有効だと考えたから。
 稲は私情を捨てて、客観的な考え方のできる女性なのだ。
 …………………………………………

 淀(竹内結子)と幸村の再会は次のようなものだった。
「茶々様」
「また会えましたね、源次郎」
 淀、幸村と名前が変わっても、ふたりの間では永遠に「茶々様」であり、「源次郎」。
 会えば、すぐに昔の関係に戻れるのだ。

 最後は、佐助(藤井隆)VS 服部半蔵(浜谷健司)
 ついに夢の対決が実現!
「われに秘策あり! 全力で押し通~~~る!」
 こうなることは、半蔵が出てきた時点で予想はできました(笑)


※追記
 九度山脱出。
 歌を歌いながら、ひとりずつ抜けていき、逃亡する。
 これを見て、映画『サウンド・オブ・ミュージック』を思い出してしまった。
 三谷さんは意識したのだろうか?

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« THE LAST COP/ラストコップ~... | トップ | 新潟県知事選~与党候補、敗... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
雑感 (TEPO)
2016-10-17 22:01:54
>歌を歌いながら、ひとりずつ抜けていき、逃亡する。
>これを見て、映画『サウンド・オブ・ミュージック』を思い出してしまった。

「なるほど!」です。
「オマージュ」なのかもしれませんね。
『サウンド・オブ・ミュージック』では修道女たちがトラップ家の脱出に協力していましたが、今回は村長長兵衛たちが協力していました。

>「われに秘策あり! 全力で押し通~~~る!」
服部半蔵は「2代目」ですが、先代そのままのギャグキャラぶり。
以前加藤清正に仕掛けた恐ろしいばかりに鮮やかな「時限暗殺」との間にはギャップを覚えました。

>稲は信政ではなく、こうの子・信吉に真田家を継がせるという判断を下した。
バランスよく信之側真田家についても描いており、今回はなかなかの美談で飾られていたと思います。
最初のころとは打って変わって、稲は完全に「賢明な真田家の奥方」へと成長していました。

春については私は思い違いをしており、彼女も大阪城に入城したのでしたね。
春は秀頼に殉じた大助以外の子供たちと共に大阪の陣以後も生き残ったことだけが頭にありました。
梅ジュニアは片倉小十郎の妻(継室)となり、幸村の子孫は伊達藩士として明治以後まで続くようです。
でも「一緒に戦いたい」という春の言葉を言下に退けたのは幸村。やはり梅シニアの時のトラウマがそうさせたのですね。

まだ2か月余りあります。
後藤又兵衛、毛利勝永、大野治長といった癖のある面々と仲間関係を築いてゆくことでドラマを作ってゆくのでしょう。
関係構築 (コウジ)
2016-10-18 09:11:17
TEPOさん

いつもありがとうございます。

なるほど、長兵衛は「サウンド・オブ・ミュージック」でいう修道女なんですね。
僕は「サウンド・オブ・ミュージック」が大好きなので、もしオマージュだとしたら、すごくうれしいです。

服部半蔵は「2代目」なんですね。
その精神は子にも引き継がれている!(笑)
本多正純から「服部半蔵」の名前を聞いた時の、家康の顔がよかったですね。

梅ジュニアは片倉小十郎の妻(継室)になるんですか。
幸村と伊達政宗のドラマが描かれれば、絡んできそうですね。
それと、おっしゃるとおり後藤又兵衛、毛利勝永、大野治長といった癖のある面々と、どう仲間関係を築いてゆくかは見所ですね。
後藤又兵衛、毛利勝永とはいい関係になりそう。
一方、大野治長とはどうなるのか?
司馬遼太郎の小説にあるような、浪人派と豊臣派の対立になるのでしょうか?
その時の淀や秀頼の反応は?
大いに気になります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
真田丸「入城」 (のほほん便り)
信繁の名を、幸村(堺雅人)と改め、豊臣秀頼(中川大志)に味方することを決意し、蟄居されてる村からの脱出を試みます。宴会のどんちゃん騒ぎの最中に、一同は、するするっと。......
大河ドラマ「真田丸」第41回 (日々“是”精進! ver.F)
大坂城へ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201610160000/ 真田丸 完全版 第参集【Blu-ray】 [ 堺雅人 ]
NHK大河ドラマ『真田丸』第41回「入城」あら... (見取り八段・実0段)
豊臣秀頼(中川大志)に味方することを決意した幸村(堺雅人)。しかし家康(内野聖陽)は、九度山の見張りを増やすように命じる。幸村は脱出のための、ある策を思いつく感想記事......
真田丸 第41回 (レベル999のgoo部屋)
『入城』「妻の覚悟大坂入城」内容信繁は幸村(堺雅人)と名をあらため、秀頼(中川大志)に味方することを決断。先ずは、見張りを突破するため、脱出の策を練りはじめる。 その......
真田丸 第四十一回「入城」 (事務職員へのこの1冊)
第四十回「幸村」はこちら。前回の視聴率は15.0%と予想に反して降下。番組改編期の常として、特に日テレ好調バラエティ軍団が長時間化した余波もあったろうけれど、洗面器型の視......
大河ドラマ「真田丸」 #41 入城  (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
リアルタイムで見られなかったので、簡単レビューで。
真田丸 第41話「入城」 (昼寝の時間)
公式サイト 豊臣秀頼(中川大志)に味方することを決意した幸村(堺雅人)。しかし、
大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い41幸村大坂城入城!ついに徳川との大一番の...... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「真田丸」第41話は豊臣方に味方する事を決めた幸村はタイミングを見計らって九度山を抜け出す手段を探っていた。そんな中で家康は昌幸は死去した事は安堵したが、幸......