平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

稲田防衛大臣が国会で泣いた~こんな情緒的な人物が防衛大臣をやっていていいのか?

2016年10月01日 | 事件・出来事
 稲田朋美防衛大臣が泣いた。
 国会質問で、民進党の辻元清美議員に、8月15日の戦没者追悼式に稲田防衛大臣が参加しなかったことを責められて泣いたのだ。
 稲田防衛大臣は「国のために命を捧げた人に感謝と敬意を払わなければならない」と言っている人物。
 そんな人物が、<国のために命を捧げた人に感謝と敬意を払う場>である戦没者追悼式に参加しなかったのだ。
 自らの思想信条と防衛大臣である立場を考えれば、何を置いても参加すべきであっただろう。
 現に歴代の防衛大臣は全員参加している。
 言行不一致と辻元氏に言われても仕方がない。

 もっとも、自民党の議員なんてそんなものである。
 同じく、国のために命を捧げた人に敬意を払うべきと言い、<滅私奉公>を説いた武藤貴也議員なんか、国会の仕事をせずに、詐欺まがいの<インサイダー取引の金儲け>にいそしみ、議員会館に男の子を連れ込み<不適切なこと>をしていた。
 声高に〝滅私奉公〟とか〝お国のために〟と叫ぶやつほど、実は偽物で胡散臭いのだ。

 稲田大臣が戦没者追悼式に参加しなかった表向きの理由は、こうだ。
 ジブチに派遣している自衛隊員の激励の仕事があり、スケジュールが合わなかったから。

 では、なぜ8月15日にわざわざ海外視察のスケジュールを入れたのか?
 靖国神社参拝しないことを正当化するためである。
 防衛大臣である稲田氏が8月15日に靖国神社に参拝すれば中国・韓国から非難される。
 それを避けるために靖国神社参拝を見送ったのだが、見送った場合、今度は稲田氏を支持している保守層から非難される。
 だからジブチに行ってお茶を濁した。
 結果、戦没者追悼式にも参加できなかった。

 小さいね~。
 姑息だね~。
 自らの思想信条に忠実に従うのなら、第一義に戦没者追悼式に参加すべきだろう。
 自らの思想信条を大事にするのなら、防衛大臣を引き受けず、靖国神社に参拝すべきだろう。

 国会質問で責められて〝泣く〟っていうのもな~。
 おそらく、痛いところを突かれて動揺したのか、辻元ごときに問い詰められて悔しいと思ったのか、さまざまな感情が渦巻いたのだろうが、
 こんな情緒的な人物が防衛大臣をやっていて大丈夫なのか?
 こんな不安定な人物に防衛大臣を任せていいのか?
 もっとも、稲田氏は「日本の国旗の美しさに感動しました」って公の場で言えるほど、自己陶酔型のヤバい人物だけど。
 論理も自分を客観視する力もない。
 自制も出来ない。
 こんな人物が自分の感情で突っ走って、戦争をおっ始めるんだよな。
 国民はたまったものではない。
 泣きたいのはこっちだよ。

 稲田氏にはもうひとつ問題がある。
 彼女の夫が、三菱重工、川崎重工などの軍事産業の株を大量購入しているのだ。
 これって防衛大臣として、いかがなものだろう?
 利得行為にならないのか?
 国予算を研究開発費として、これらの企業にまわすことも出来る。
 これら軍需産業を儲けさせるために防衛予算の拡大も出来る。
 あるいは、どこかで戦争を始めるとか。

 野党の皆さん、稲田大臣は攻め所ですよ!
 攻めれば、どんどんボロが出てくる。
 ウルトラ右翼の本音を引き出してほしい。


※関連記事
 稲田防衛相、夫が株を保有していた三菱重工、川崎重工と安倍政権〝武器輸出政策〟のただならぬ関係(リテラ)


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大河ドラマ「平清盛」 再考 ... | トップ | 徳山大五郎を誰が殺したか?... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-10-01 09:01:18
拍手
ありがとうございます (コウジ)
2016-10-02 09:18:32
ご同意いただき、ありがとうございます。
【 埼玉県警察学校 校長 小河進 副校長 岩淵敏雄 が業務上横領 】 (【 埼玉県警察学校 校長 小河進 副校長 岩淵敏雄 が業務上横領 】 )
2016-10-02 20:34:31

【 埼玉県警察学校 校長 小河進 副校長 岩淵敏雄 が業務上横領 】


12月6日 さいたま県警の元幹部でさいたま市警察部長(警視正)まで務めた警察OBの田中三郎氏(60歳)が、埼玉県県政記者クラブで記者会見を行って、元埼玉県警察学校長等 を 業務上横領の疑いでさいたま地検に告発したことを明らかにした。


記者会見には、「明るい警察を実現する全国ネットワーク」の代表で田中氏の代理人である清水勉弁護士と同ネットワークの会員で「市民の目フォーラム北海道」代表の原田宏二が同席した。

埼玉県警察学校の学生と教職員の任意団体「校友会」が、構内の売店業者から売上金の3%を「助成金」名目で上納させていたが、
告発状によると田中氏の前任だった平成16年当時の校長(警視正 既に退職)は、庶務・厚生担当事務官(警部級)に「助成金は、当時の副校長(警視)に渡すよう」に指示し、平成16年4月から12月までの間の「助成金」計約125万円を「校友会」の出納帳に記載せず、
当時の校長や副校長ら3人が着服したとしている(告発状はPDF参照 http://www.ombudsman.jp/fswiki/wiki.cgi/akarui?action=PDF&page=%BA%EB%... )。


埼玉県警察学校 校長 小河進 は 幹部職員(警視正)でありながら業務上横領。
埼玉県警察学校長→ 交通部長 →勇退(退職金全額もらい退職)。その後、一般財団法人 埼玉県警察福祉協会 理事に。
処分を受けずに天下り?
blog.livedoor.jp/saitamalivdoor/archives/3297522.html



【 埼玉県警察学校 校長 副校長が業務上横領 】
埼玉県警察学校の元校長が前任者ら3人 (警察学校長 小河進 副校長 岩淵敏雄)を業務上横領で刑事告発
blog.livedoor.jp/saitamalivdoor/archives/3297533.html

埼玉県警 不祥事
https://twitter.com/saitamatwitt

チェックと批判 (コウジ)
2016-10-03 07:54:12
情報ありがとうございます。
批判やチェックを受けないと権力は腐る、の典型ですよね。
今こそマスコミや市民団体の力が問われています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL