平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

花燃ゆ 第13回「コレラと爆弾」~だんな様、あれはいかなる火になるのでしょう?

2015年03月30日 | 大河ドラマ・時代劇
 コロリで亡くなった人たちを荼毘に付す煙を見て、高杉晋作(高良健吾)は「辛気くさい」と言い、自分の無力を嘆く。
 一方、文(井上真央)は、亡くなった人たちに当たり前の暮らしがあったことを想う。
 同じ煙を見ても感じること、考えることが違うふたり。

 この文と高杉ら松下村塾の塾生たちの対比には、後半の地雷火の煙でも描かれる。
 地雷火の爆発を見て、おそらく塾生たちは拍手喝采したであろう。
 しかし、文は「だんな様、あれはいかなる火になるのでしょう?」と将来の不安を口にする。

 <当たり前の生活>と<理念・行動・国・戦い>

 男たちっていうのはどうしようもないですね。
 こういう観念的なことが大好きだ。
 少しも地に足がついていない。

 この対比は、小野為八(星田英利)と彼の父・山根文季(平田満)の関係でも。
 父親は医術で人を救おうとしているのに、小野為八は人殺しの武器をつくっている。

 久坂(東出昌大)も文のことなどそっちのけで国のことに奔走してる。

 今回はあまり感情移入できませんでした。
 何しろ人殺しの武器をつくって嬉々としている松陰(伊勢谷友介)たちって……。
 武器の使用の先には死があって、文が荼毘の煙を見て想像したように、戦死した人には当たり前の暮らしがあるのに、松陰たちにはその想像力がない。
 まあ、弱肉強食の世界情勢の中で、文のような想像力や考え方は無力で、甘いものなのでしょうけど。

 最後は作劇について。

・武器(地雷火)をつくる者
・医術と薬と念仏で人を救おうとする者
・母親を喪った子が生きていけるように字を教える者

 作家はこの三者を同列に扱っている。
 武器をつくる者に関しては、文を使って違和感は描いているが、これもひとつの志のあり方として全否定していない。
 死にゆく父親も為八のことを肯定していましたしね。
 作家はどうやら物事や登場人物に善悪・白黒をはっきりつけないブンガク的な作品を目指しているようだ。
 ここには大衆文学のような痛快さはない。
 これから松陰たちはますます過激なテロリストになっていくだろうから感情移入はますます難しくなっていくだろう。
 さて、この難しい作劇を作家はどう描くか?


※追記
 武器のことで思ったのですが、よく考えると、坂本龍馬って武器商人なんですよね。
 亀山社中で武器を売って金儲けしてた。
 英雄像は視点を変えれば、こんなふうに崩れていく。

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古賀茂明氏が報ステの放送中... | トップ | 波風立てない、政権とお友だ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
NHKの良心 (TEPO)
2015-03-30 13:36:51
>今回はあまり感情移入できませんでした。

そうでしょうとも!!!

ところで、本作の視聴率低迷についてNHK会長は激怒しているそうです。
http://news.livedoor.com/article/detail/9920133/
本作が安倍政権に迎合する意図のもとに企画されたという件については、たとえば
http://getnews.jp/archives/775477

ここで注目したいのは、最初から「長州藩ありき」だった点は政権への阿りであったとしても、「女性」にこだわっていた点です。
私はここにNHKスタッフの「良心」を見たいと思っています。

>男たちっていうのはどうしようもないですね。
前回書いたように、本作ではそのような「どうしようもない」男たちの「志」と<当たり前の生活>を大事にする文(女性)の志とが対立するように描かれていると思います。
そうした「女性の視点」が貫かれているかぎり、私はそこにNHK内部での「良心」を見て応援したいと思っています。

しかし会長や首相官邸では、松陰と松下村塾塾生を強引に美化し、華々しく「政治・チャンバラ・いくさ」を描き、イケメン・美女を大量投入して視聴率を稼ぐことを期待していたのでしょう。だからこその「激怒」だと思います。しかし

>武器をつくる者に関しては、文を使って違和感は描いているが、これもひとつの志のあり方として全否定していない。

本作の主人公は井伊直弼や椋梨藤太ではなく、一応松陰や塾生たちは主人公サイドの人間なので、彼らをある程度正当化しなければなりません。
この「正当化」があまりうまく行き過ぎるとやはり本作は政権への追従番組になってしまいますので、少しばかりその論理の「胡散臭さ」に注目しておきたいと思います。

今まで「封印」してきた「攘夷」という右派テロリズム思想が遂に「解禁」されましたが、その正当化に「コレラ」を持ってきましたね。
私はこの方面の歴史については全くの素人なので差し当たりWikiにたよらざるを得ないところですが
(1) 「日本で初めてコレラが発生したのは、最初の世界的大流行が日本に及んだ1822年(文政5年)のことである。感染ルートは朝鮮半島あるいは琉球からと考えられているが、その経路は明らかでない。」
(2) 「1858年(安政5年)の流行は相次ぐ異国船来航と関係し、コレラは異国人がもたらした悪病であると信じられ……」
(3) 死者数の誇張が「倒幕派が政情不安を煽って意図的に流した流言蜚語だったと見る史家が多い。」

(3)はそもそも「コレラ」をめぐる当時の言説自体にイデオロギー性があることを示唆しています。
本作では(2)の見方を作中人物に語らせていますが、人々に「信じられていた」ことと(1)の事実との間にはギャップがあるようです。
視聴者が(2)をそのまま事実と受け止めるならば、「攘夷」、すなわち人々が「外国に対する嫌悪感と恐怖感は仕方が無い」と感じる見方を醸成することにつながります。

また、文が松陰に「だから闘うんですか、地雷火をつこうて」と問う場面は、まさに女性の志と男たちの「志」との対決でしたが、松陰の「闘いとは屈しない心をもつことを言うんじゃ」という言葉は対決の回避でした。
質問には答えずに曖昧な美辞麗句を持ち出して論点をはぐらかす現代の松陰崇拝者を連想します。
私はそこに論点のすり替えを感じますが、「よい言葉」だとして共感する視聴者もいることでしょうね。

しかしながら
>文は「だんな様、あれはいかなる火になるのでしょう?」と将来の不安を口にする。

地雷火の噴煙に対するこの描写については評価したいと思います。
コレラの犠牲者の荼毘の煙と同じアングル、色で撮影しており、不吉さのイメージを強調した演出だと思いますので。
ついてまわる暗さ (コウジ)
2015-03-30 20:40:40
TEPOさん

いつもありがとうございます。

籾井会長、激怒ですか。
『花燃ゆ』の決定に関しても、巷間言われているようなことだとしたら、本当に政権によるNHKの私物化ですよね。
決定までの経緯を第三者委員会を設定して検証してもらいたいです。

この作品の企画意図としては、幕末の松下村塾の若者をイキイキと描くことなんでしょうけど、彼らには目的のためなら手段を選ばないテロリズムという暗さがついてまわるんですよね。
志のためなら命を落としてもいい、家族を犠牲にしてもいいというのも引っ掛かる。
これから、ますます感情移入しにくい作品になっていくような気がします。

コレラに関しては、やはりこうした史実があるんですね。
でも、当時の人がそう思っていたとしても、1822年(文政5年)にも同様のことがあって、黒船とコレラには何の関係もないといった描写も入れておくべきですよね。
これを入れることによって、塾生たちの物事の認識が虚妄であったことが浮き彫りにされますし。

>松陰の「闘いとは屈しない心をもつことを言うんじゃ」という言葉は対決の回避でした。私はそこに論点のすり替えを感じます。

なるほど、おっしゃるとおりですね。
僕は何となく納得してしまいました……。
よく考えると、「屈しない心」というのも柔軟性がなくて危うい言葉ですね。
力強いきっぱりした言葉というのは、魅力的なんですよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
【 花燃ゆ 】第13回 「コレラと爆弾」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
江戸に旅立った玄瑞(東出昌大)を見送った文(井上真央)は、手紙をしたためながら 夫の帰りを待っていた。 その頃、伝染病のコレラが外国船から流入し、猛威をふるう。 文は一人の少女と出会うが、少女の母はコレラでひん死の状態で、松下村塾の塾生・ 小野為八(...
花燃ゆ #13「コレラと爆弾」 (昼寝の時間)
公式サイト 江戸に旅立った玄瑞(東出昌大)を見送った文(井上真央)は、手紙をした
花燃ゆ - 2015年大河ドラマ 井上真央 (新ドラマQ)
花燃ゆ 平成27年大河ドラマ NHK総合 2015年1月4日~ [キャスト] 井上真央 大沢たかお 伊勢谷友介 高良健吾 東出昌大 優香 瀬戸康史 劇団ひとり 佐藤隆太 要潤 かたせ梨乃 内藤剛志 奥田瑛二 長塚京三 松坂慶子 北大路欣也 ...
花燃ゆ 第十三回 (レベル999のgoo部屋)
『コレラと爆弾』 「コレラと爆弾~身近に迫る脅威に兄はほえ妹は覚悟」 内容 江戸へ遊学中の夫・久坂(東出昌大)に、文(井上真央)は手紙を書き 近況などを報告していた。寂しさはあったが、いつかきっと。。。と 久坂からの返事を待ち、いつものように、塾生たちの....
大河ドラマ「花燃ゆ」吉田松陰の妹13直弼の日米通商条約締結で攘夷運動が高まり松陰たちも自分たちが戦える術を探し始めた (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「花燃ゆ」第13話は新婚早々江戸へ旅立った玄瑞は江戸で幕府の動向を伺っていた。そんな中萩では異国から入っていたコレラが流行し、当時の医学ではどうする事もでき ...
【花燃ゆ】第13回プチ感想と視聴率「コレラと爆弾」 (ショコラの日記帳・別館)
「コレラと爆弾」 第13回の関東の視聴率は、11.7%。最低視聴率の11.6%に