平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

多様性の街・秋葉原~この街に国家主義者・安倍晋三は似合わない

2017年07月08日 | 事件・出来事
 一週間前、都議選の応援演説で安倍首相は自分を批判する人たちに叫んだ。
「こんな人たちに負けるわけにはいかない」

 小さいね。
 こう叫ぶことを〝強いリーダー〟だと思っているのかね?

 アーノルド・シュワルツェネッガーはカリフォルニア州知事選の時に生タマゴをぶつけられた。
 この時にシュワルツェネッガーが言った言葉は、
「ベーコンも投げて」
 ベーコンエッグをつくるからベーコンも投げてくれ、とユーモアで返したのだ。
 田中角栄は批判を受けると、「大変勉強になった」と言ってカネまで渡した(笑)
 カネを渡すのはどうかと思うが、セコい安倍ちゃんなら絶対にしないだろうな。
 器の大きさでは、シュワルツェネッガー>安倍、田中角栄>安倍 だろう。

 海外では、演説で反対の声をあげる人たちは〝プロテスター〟と呼ばれ、当然の行為として認められているそうだ。
 ところが、わが国の官房長官・菅義偉は「選挙妨害」。
 ………………

 安倍内閣になってから、国民の分断が始まっている。
 安倍支持と反安倍。
 これらがくっきりと分かれる。
 アメリカでも、トランプ支持と反トランプで分断がおこなわれているが、時代はこういう風潮なのだろうか?
 本当にイヤな時代になったね。
 子供が権力を握ると、こういうことになる。

 この分断が究極まで行くと、権力者に拠る反対者への弾圧が始まるだろう。
 現に自民党の工藤彰三衆院議員は、首相の街頭演説にヤジを飛ばした人たちに対して「テロ等準備罪で逮捕すべし!」と主張したフェイスブックの投稿に「いいね!」ボタンを押していた。
 この件が発覚して工藤議員は「誤って押してしまった」と弁明したらしいが、果たして本当か?
 心の中には「批判者を弾圧してしまえ」という思いがあるのではないか?
 そして、工藤が共感した「テロ等準備罪で逮捕すべし!」という言葉にこそ、テロ等準備罪(=共謀罪)の本質が現われている。
 テロ等準備罪は、テロ防止の法律なのではなく、政府の批判者を取り締まる法律なのだ。
 ………………

 最後は秋葉原について。
 秋葉原について、こんなツィートをしている方がいた。

『秋葉原はオタクの街だけど、ネトウヨの街じゃない。オタク≠ネトウヨ。さまざまなジャンルのオタクがあの街で過ごしやすいのは、秋葉原がなんでも許容される多様性の街だからだ。それは本来、ネトウヨイズムとは真逆なもの。安倍さんがネトウヨの支持を期待して秋葉原に来るの、本当にやめて欲しい』

 至言ですね。
 安倍晋三のつくろうとしている社会は〝多様性〟からはかけ離れたもの。
 もし彼が多様性を重視しているのなら、「こんな人たちに負けるわけにはいかない」などという偏狭な言葉は出てこない。
「同人誌は著作権違反」
「ロリコン、BLは公序良俗に反する」
「ケーキ屋を和菓子屋へ」
 こんなふうに規制され、管理され、空気を読み、忖度し、許容範囲がどんどん狭くなって、息苦しい社会になっていく。


※関連サイト
〝自民党の歴史的惨敗”にとどめを刺した珍言・暴言を一挙公開!(文春オンライン)

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊新潮のスクープ~内閣調... | トップ | ウチの夫は仕事ができない~... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
共謀罪の正体 見たり・・・ (忘却)
2017-07-08 18:24:03
執筆お疲れ様でございます。

共謀罪に関しては、やはりといいますか、テロとかこつけて、政権(自分)に従わない人たちを取り締まるのが本当の目的だったんだなと改めて認識できましたね。

僕が思うに、テロ対策に関しては国際基準にのっとったことをそのまま流用すればいいと思います(無論それで完ぺきとは言えませんが・・・)

重要なのはテロリストを生み出さない土壌を作ること。経済政策や福祉政策の充実などで国民に富をもたらすこと。生きてて幸せと感じられるような社会を作ることのほうがよっぽどテロ対策になると思います(理想はアジアの小国ブータンとかウルグアイのムヒカ元大統領の治世のような感じですかね)

まあ今の自民党政権に↑を期待すること自体馬鹿らしいとも言えますが・・・

~~~
愛のない経営が好ましくないように、愛なり慈悲の少ない政治は許されるはずがない。

松下幸之助
~~~
自民党の意図 (コウジ)
2017-07-09 09:25:14
忘却さん

おひさしぶりです。

共謀罪が怖いのは、いくらでも監視できる、ということとその濫用なんですよね。
仮に安倍氏が一般市民に適用しないと考えていたとしても、今回、「いいね!」を押した工藤彰三が強い権力をもった時はどうなるか、わからない。

そもそも極左、極右、カルト宗教以外、日本人でテロを起こそうなんて人間はいませんよね。
忘却さんの言葉を引用させてもらえば、<テロリストを生み出さない土壌>は現在の日本には一応、ある。
だとしたら、適用範囲を暴力団とそれらに限定して、法律に明記すればいい。

なので、この法律はテロ対策が目的ではないんですよね。
こんなムチャクチャな法律を無理矢理、通した自民党の意図はどこにあるんでしょうね。

コメントを投稿

事件・出来事」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL