平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

相棒15 「声なき者~突入」~彼らは自分の意思と尊厳を持つひとりの人間です!

2017年02月09日 | 推理・サスペンスドラマ
「彼らは自分の意思と尊厳を持つひとりの人間です!」
 右京さん(水谷豊)の言葉だ。

 そうなんだよな~。
 <健全な家庭を守る会>に象徴されるウルトラ保守は、戦前のような家族が大好き。
 家父長制で、<妻は夫に従い、家庭を守り、子供を国家のために役立つ人間になるように育てろ>というのが彼らの主張。
 ほんとうに気持ち悪い。
 冠城(反町隆史)の知り合いの女の子に言わせれば、「いつの時代の人?」
 彼らにとって大切なのは<個人の意思や尊厳>よりも<国家>。
 そして自分の価値観を押しつけてくる。

 で、現在は日本会議とか、こういう戦前回帰の連中がウヨウヨ湧いてきている。
 安倍内閣の中にも、日本会議のメンバーがいる。
 ………………

 ドラマとしては、上の命令を無視し、いろいろな理由をつけてギリギリまで突入しない<現場刑事の意地>がよかった。
 最初に書いたことにも関連するが、伊丹(川原和久)たちにあるのは<組織の論理>ではなく<個人の意思>。
 もちろん彼らは警察組織の人間だから、一応その論理や命令に従う。
 だが、いったんそれが違うと思えば、自分の論理で行動し、さまざまな形で抵抗する。
 冠城も権限もないのにパトカーのマイクを奪って「突入中止。突入中止!」

 右京さんと犯人の駆け引きもよかった。
 電話を介して右京は犯人と戦っている。
 右京の説得が勝つか? 犯人の強要が勝つか?
 新堂司(田中偉登)の心を動かすのはどちらか?
 犯人と対峙したときは、捜査令状が出ているというハッタリをかまして、司の母親の監禁場所を聞き出した。
 おまけに警察が突入したら司が自殺してしまうというタイムサスペンス付き。
 そしてラストは、大物・警視監の山崎哲雄(菅原大吉)への宣戦布告→劇場へ。

 逮捕された司の取調室での涙もよかった。
 母親と妹を守るために孤独な戦いをしていた司。
 敵は警察庁も関わる巨大な組織で、「母親の命を救うために自殺しろ」と強要してくる。
 そんな張り詰めた心が一気に崩壊して、あふれ出た涙。
 <健全な家庭を守る会>は、司の母親をダメな母親と否定したが、司のような、やさしくて自分の頭で考える子供を育てた彼女は実に立派ではないか。
 
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 追悼、松野莉奈さん(私立恵... | トップ | 東京タラレバ娘 第4話~あれ... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今週の相棒を見て (ぱぷたろ)
2017-02-09 11:02:34
今回本当に思ったんだけど、これ絶対日本会議意識してますよね
テレビ朝日もまだまだ捨てたもんじゃない!
同感です (コウジ)
2017-02-09 18:46:29
ぱぷたろさん

コメントありがとうございます。
僕もそう思いました。

これが脚本の太田愛さんの問題意識なのか、プロデューサーのものなのかはわかりませんが、現在のさまざまな場に登場するあの団体を意識していることは確かですよね。
我が意を得たり (カエル)
2017-02-11 19:42:02
同じ感じ方をされている方がいて嬉しいです。
14以降観ていませんでしたが、予告で神戸さんを観て嬉しくなり久しぶりに観てみました。
これはやはり日本会議のことを想定してるんだろうなと思いました。
そしてそれに敢然と立ち向かう右京さんが素敵でしたね。
警視監という新たな敵との駆け引きも楽しみです。
怖いのは (コウジ)
2017-02-12 09:49:12
カエルさん

コメントありがとうございます。

ドラマでもそうでしたけど、怖いのはああした価値観の人が権力の中枢にいることなんですよね。
これに対して、杉下右京という個人はひとりで奮闘しなければならない。(しかし、右京さんには冠城や文句を言いながらも協力する伊丹や米沢さんがいる)

現在の雰囲気を的確に反映したエピソードでしたよね。
太田愛さんの問題意識 (よしぼう)
2017-02-23 19:58:43
>これが脚本の太田愛さんの問題意識なのか、プロデューサーのものなのかはわかりませんが、現在のさまざまな場に登場するあの団体を意識していることは確かですよね。
横から失礼。
相棒の劇場版Ⅳや太田愛さんの書かれた一連のミステリ小説を読むと、社会的な弱者(庶民でもある)の側に寄り添い、その人生を妨げようとする真の「悪人」に対する怒りや嘆きが感じられます。現代に存在する「日本会議」という代物だけでなく、日本の過去を含む「負の歴史」を標的としているみたいです。
ありがとうございます (コウジ)
2017-02-23 20:18:06
よしぼうさん

お久しぶりです。
教えていただき、ありがとうございます。
太田愛さんはそういう作家さんなんですね。
劇場版Ⅳはまだ見ていないんですけど、見に行ってみます。
小説も書かれているんですね。
探して読んでみます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
相棒season15 (第14話・2017/2/8) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
テレビ朝日系・『相棒season15』(公式) 第14話『声なき者~突入』ラテ欄『前後編スペシャル!!声なき者~突入』の感想。 人質立てこもり事件が起きて半日。犯人は3週間......
相棒 Season15 「声なき者~突入」 (のほほん便り)
なんだか、当銃人物と事件、団体が多く、話が盛盛に複雑で、我乏しいキャパでは、話がごちゃごちゃに。要は、立てこもり犯、新堂司(田中偉登)は、妹を誘拐されそうになって、抵......
相棒 Season15 第14話 (ドラマハンティングP2G)
2017年2月8日(水)よる9:00~9:54  前後編スペシャル 第14話「声なき者~突入」 今から一年前に右京(水谷豊)と亘(反町隆史)が遭遇した謎の立てこもり事件。膠着状態に陥る中、......
【相棒15】第13~14話感想と視聴率「声なき者~突入」 (ショコラの日記帳・別館)
「声なき者~籠城」「声なき者~突入」 視聴率は、第13話14.6%、第14話14
相棒 season15 第14話「声なき者~突入」 (前後編スペシャル) (英の放電日記)
 まず、【前編で感じた疑問点(謎)の検証】 ・暴行の被害者・真渕は、なぜ、少女を誘拐(声掛け)をしようとしたのか?    ⇒“CARS”に依頼され、DVから逃げていた子......
「相棒 season 15」第14話 (三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ)
少年が守りたかった者。 第14話『声なき者~突入』ネタバレです。 犯罪者 上 (角川文庫)太田 愛 KADOKAWA by G-Tools
ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館5期第8話 & 嘘の戦争第5話 & 相棒15期第...... (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館5期第8話 ローズとアティカスの結婚式がロンドンで行われることに。 だがローズの両親は離婚しているわ、 ユダヤ人であるアティカスの......