平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

おんな城主直虎 第27回~「おとわが気賀を獲ったぞ」 「ここに根を張ることに決めたんで」

2017年07月10日 | 大河ドラマ・時代劇
「おとわが気賀を獲ったぞ」

 政次(高橋一生)は嬉しかったんでしょうね。
 直親(三浦春馬)とそれを分かち合いたかった。

 さて、その気賀獲りだが、〝武力〟を使わず、〝交渉〟と〝政治力〟で獲ってしまった!
 これが、この作品の特徴なんですね。
 領地や城は武力で獲るばかりじゃない、知恵を使っても獲ることができる。

 これは『真田丸』など、今までの大河とは違うモチーフ。
 ………………

 この気賀獲りは、龍雲丸(柳楽優弥)が心の奥底に秘めた願望の実現でもあった。

 子供時代の悲惨から城を憎んでいた龍雲丸。
 だから彼はひとつの土地に定着しない自由を求めた。
「これから先は誰にも縛られず、おのれの心のままに生きようと思ったんでさぁ」

 うん、こういう生き方、僕は好きだなぁ。
 一方で、龍雲丸は自分の現状をこんなふうに嘆く。
「けど、気がついたら仲間に縛られ、町に縛られ、ざまぁねえんでさぁ」

 そう〝何かを持つ〟ということは〝縛られる〟ということ。
 徳川家康も言っている。
「人生は重き荷を負うて遠き道を行くがごとし」

 一方、こんなふうに嘆く龍雲丸に対し、直虎(柴崎コウ)は言う。
「かしらは、奪われてきたものを取り戻したいと望んでおったのではないのか?」
 直虎は見抜いていたのだ。
 龍雲丸が、心の奥底で居場所や仲間を求めていたことを。

 龍雲丸の心に刺さった、こんな直虎の言葉もあった。
「そなたが心の奥底で望んでおる土地など、この日の本のどこにもないぞ!
 おのれが作り出さねば誰も与えてなどくれぬ!」
 だから、龍雲丸は城を造り、気賀を自分の望んでいる土地に使用とした。

 こうして自分の願いを実現することができた龍雲丸。

 上手い作劇ですね。
・直虎の気賀獲り
・政次の喜び
・龍雲丸の夢の実現
 この3つが見事に結びついている。

 次のような直虎と龍雲丸のやりとりも、いいなぁ、と思ってしまう。
 心の奥底で望んでいることを的確に表現してしまう直虎に対し、龍雲丸は言う。
「尼小僧様はいつも俺の考えつかぬことを言う」
 これに対して直虎も、
「お互い様じゃ」
 ふたりは結構、いいコンビですね。
 政次との関係と同じように、ふたりは深いところで理解し合っている。
 ………………

 井伊の小さな領地の中での〝国づくり〟と〝家臣たち〟の物語。
 俯瞰ではなく、ミクロの世界で戦国時代を描いていく。
 これが、この作品のコンセプト。
 スケールは大きくないが、こういう大河ドラマがあってもいい。

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウチの夫は仕事ができない~... | トップ | 加計学園・集中審議~前川・... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
痛快ドラマ (TEPO)
2017-07-10 22:31:53
>「おとわが気賀を獲ったぞ」

今回は文句なしの痛快ドラマでした。

でも「本作にしては珍しく」とつけたい気持ちもあります。
これまでピンチを切り抜ける場面は多々ありましたが、今回のように手放しで痛快な回はあまりなかったように記憶しています。
視聴者が見て楽しめるドラマにするためには、今回のような回がもっとあってよいように思いました。

ご存知の通り私は「Jin」の原作とドラマとを両方見ていました。
たとえば、鉛中毒で瀕死の状態だった歌舞伎役者吉十郎は、ドラマでは舞台に立つことができず息子だけの前で最後の演技を披露していましたが、原作では最後の本舞台を演じきっていました。
原作の仁はドラマのように「歴史の修正力」なるものに阻まれることもなく、現代医学の知識と技術とを武器に破竹の快進撃を遂げていました(ただし、当時の技術的インフラでの可能性についてはしっかりと考証していたようですが)。
現在の私は、リアリティーと物語の深みという点でドラマの方を高く評価していますが、今でも原作の破天荒な痛快さも悪くないと思っています。

「痛快さ」という点で禁欲的な森下さんに対して、珍しく不満がましいことを書いてしまいましたが

>次のような直虎と龍雲丸のやりとりも、いいなぁ、と思ってしまう。
>政次との関係と同じように、ふたりは深いところで理解し合っている。

こうした「心の機微」についての描写については、私も文句なしに森下さんの本領発揮だと思います。

あと、「恋仇?」政次と龍雲丸とが肩を並べて立っていたシーンもいい感じでした。
ダイナミズム (コウジ)
2017-07-11 09:15:22
TEPOさん

いつもありがとうございます。

今回は確かに痛快でしたよね。
僕が求めていた〝ダイナミズム〟が、城取り、気賀取り、という形で、見事に発揮されていました。

少女マンガ要素も最近は薄まってきていて、味付けとしてはこれくらいがいいのではないかとも思いました。
もっとも、味付けの好し悪しは個人差がありますので、こういう薄口はイヤだという視聴者もいるかもしれませんが。

>政次と龍雲丸とが肩を並べて立っていたシーンもいい感じでした。

ありましたね。
すごく象徴的でいいシーン。
子供の龍雲丸が空を見上げて、「俺は何にも縛られず、自由に生きたい」と思ったシーンもさわやかでした。
このシーン、前々回のせりふ「空に雲があったからでさぁ」のアンサーでもあるんですよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
【おんな城主 直虎】第27回「気賀を我が手に」 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
柴咲コウ、杉本哲太、財前直見、前田吟、小林薫、三浦春馬、高橋一生、柳楽優弥、貫地谷しほり、ムロツヨシ、宇梶剛士、吹越満、苅谷俊介、でんでん、筧利夫… この記事のコ......
おんな城主 直虎 27話「気賀を我が手に」 (昼寝の時間)
公式サイト 中村屋(本田博太郎)と気賀の町衆は井伊谷を訪れ、気賀の城には大沢氏(
おんな城主直虎 第27回 気賀を我が手に (事務職員へのこの1冊)
第26回「誰がために城はある」はこちら。 前回の視聴率は12.4%とほぼ動かず。上向く要素が今のところあまり見当たらない。小藩の細腕繁盛記に自らを封じているようなので、それ......
大河ドラマ『おんな城主直虎』第二十七回 (レベル999のgoo部屋)
「気賀を我が手に」内容気賀の支配を強めるため、氏真(尾上松也)は、今川に忠誠を誓う大沢基胤(嶋田久作)に、城を造り治めさせようとする。しかし、龍雲丸(柳楽優弥)たちだ......