平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

父親たちの星条旗~ヒーロー時代の終わり

2010年04月25日 | 洋画
 硫黄島に星条旗を立てた若者たち。
 その写真が話題になり彼らはヒーローになる。
 しかし彼らはただ丘に旗を立てただけで、少しも英雄的な行動をしたわけではない。
 作られた英雄であり、戦時国債を集め、戦意を鼓舞するための広告塔なのだ。
 その結果、壊れていく主人公の若者たち。

 歳をとれば体が壊れていくように、様々な人生体験によって人の心も壊れていく。
 特に戦争は<人の心を壊す>最たるもの。
 この作品の主人公達の後の人生もそうだ。
 国家によって戦場に送り込まれ、国家によって広告塔に利用される。
 人を殺さなくてはならない状況に置かれ、広告塔という偽りの自分を演じさせられる。
 唯一の彼らの救いと支えは仲間たち。
 仲間たちとの思い出。いっしょに海に入ってはしゃいだこと。

 かつてのアメリカ映画は無邪気だった。
 「史上最大の作戦」「大脱走」
 ドイツは悪であり、アメリカは正義。
 そのために戦う主人公はヒーロー。
 ヒーローを描いていれば拍手喝采で劇場には人が入った。
 ヒーローたちは陽気で、心は少しも壊れていない。

 ところが現在はベトナム戦争、イラク戦争の悲惨を知っている。
 映画「ディアハンター」はベトナム帰還兵の壊れた心を描き、「タクシードライバー」の主人公もベトナム帰りの心の壊れた男だった。
 いわば、この作品「父親たちの星条旗」の主人公達と同じ。
 
 戦場の悲惨は人の心を蝕み、壊す。
 国家は個人を戦場に送り込み、利用する。

 無邪気にヒーローを信じられる時代は終わったのだ。


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今、民主党がなすべきこと | トップ | 龍馬伝 第17回「怪物、容堂」 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
忘れ得ぬ反戦映画 (Nolly Chang)
2010-04-25 21:48:03
「父親たちの星条旗」ご覧になったのですね。
わたしは「硫黄島からの手紙」よりも衝撃をうけました。
戦争中に作りだされた英雄像の真実、英雄なのに人種差別を受けること、英雄に祭られた兵士たちの末路、自分たちをかたどったアイスクリームに無神経にかけられる血の色をしたラズベリーソース。英雄たちが戦時国債キャンペーンの華やかなパーティーに出席する夜の裏で、銃撃におびえる硫黄島の仲間の兵士たち。
ひとつひとつのシーンにクリント・イーストウッドの怒りがこめられていました。
また、戦時中の日本の悲壮な貧しさと、豊かなアメリカ社会の対比にも愕然としました。
そして今日も海の向こうで戦争をしている国があるのだと思うと絶句します。

戦争の本質 (コウジ)
2010-04-26 10:15:42
Nolly Changさん

いつもありがとうございます。
Nolly Changさんお薦めの作品だったこともあり、ついに見ました。

>ひとつひとつのシーンにクリント・イーストウッドの怒りがこめられていました。

おっしゃるとおりですね。
僕はラストの皆で波と戯れるシーンが印象的でした。
戦争がなければ、彼らはああいう青春を送れたんですよね。
それを戦争と国家が壊してしまった。
この<若者の人生を国家が奪ってしまった>というテーマは「硫黄島からの手紙」にも通じるものがありますよね。
日本、アメリカ、国は違ってもこの<戦争の本質>は同じであると訴えているようです。

見応えのある作品でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画「父親たちの星条旗」 (オレンジの太陽)
戦争映画は苦手だ。みていてつらいから。 我がままで横柄だと言われようと、私は今、