平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

リーガルハイ~第2シリーズは前作、そして『半沢直樹』を越えられるか?

2013年10月10日 | 職業ドラマ
 堺雅人さんの長ぜりふの語り口調を見ていると次のふたりを思い出す。
 古くは『男はつらいよ』の渥美清さん。
 最近では『古畑任三郎』の田村正和さん。
 ふたりとも独特の語り口調を持っている。
 そして堺さんも。
 こうなるとその役者さんは国民的スターですね。
 ただ、これには弊害もある。
 渥美さんを寅さんを、田村さんが古畑任三郎を求められるように、堺さんも半沢直樹や古美門研介を求められるようになる。

 さて、今回はプロローグなので物語の全容はまだ見えないが、こんな3つの対立図式であろうか?
★国家を背負い、悪を社会から排除する検事・醍醐実(松平健)。
★世の中から争い事をなくし、新しい世界を作ろうとする弁護士・羽生晴樹(岡田将生)。
★「我々の仕事は、真実を追究することではない。依頼人を守ることだ」と言い張り、黒い物も白にする古美門研介(堺雅人)。
 気になるのは羽生の主張だ。
 世の中から争い事をなくすって……、そんなことが出来るのか?
 醍醐と古美門の対立図式は今までの『リーガルハイ』がそうだったし、法廷物ならよくある対立だが、ここで羽生の主張がどう絡んでくるかが興味深い。
 場合によっては第一シリーズの『リーガルハイ』を壊してしまうかもしれない。
 現に三木長一郎(生瀬勝久)は古美門の味方になりつつあるし。

 演出はデフォルメがされていてコミック調。
 検事・醍醐をブラックジャックのような姿にしたり、まわりが寒くなるといったコミック設定にする必要があったのかな~?
 少し安っぽく見える。
 それに『半沢直樹』は演技の誇張はあったが、基本はリアリズムで、それが支持されましたからね。

 というわけで別作品とは言いながら、どうしても『半沢直樹』を意識してしまうこの作品。
 スタッフさんも「倍返し」を「八つ当たり」に、「やられたらやり返す」を「やられなくてもやり返す」と言い換えて意識しているようですし(笑)、果たしてどのような評価が出るか?

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誰かのために~乃木坂46新セ... | トップ | 八重の桜 第41回「覚馬の娘... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (高木一優)
2013-10-11 18:00:36
前作からパワーダウンするんじゃないかと心配していましたが、堺雅人さんの絶好調ぶりは止まらないみたいですね。
昔のドラマなら、「暴れん坊将軍」にしても十年でも同じパターンが続けられました。パターンを再生産するだけで人気ドラマが続けられたんだと思います。
今は難しいですよね。新しい展開を入れてパワーアップしないと新作にならない。時代の流れが速すぎるのかも知れません。パターンも使い捨てなのでしょうか。

里見浩太郎さんや松平健さんが出ているというのは、作り手からの「これは時代劇なんですよ」という暗黙のサインのように思えたりもします。
だからブラックジャック風の衣装も問題ないし、かつてのライバルは友となるわけですね。
最近は時代劇がめっきり少なくなって、かつての御大の出番も少なくなりました。
脇役ではありますが、存在感過剰のお二人が「時代劇は生きている」といっているように思えてなりません。
パターンの進化 (コウジ)
2013-10-12 09:25:33
高木一優さん

いつもありがとうございます。

>昔のドラマなら、「暴れん坊将軍」にしても十年でも同じパターンが続けられました。

まさにここですね。
僕は第一シリーズのパターンの踏襲だと思っていましたから、少し戸惑いも。
映画「踊る大捜査線3」がいろいろな要素を入れ込みすぎて散漫になったように、今作がそうならないことを願うばかりですが、脚本・古沢良太さんなら大丈夫そうです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
リーガルハイ (AKIRAのドラマノート)
初回の感想 
リーガルハイ2 第1話 (ぷち丸くんの日常日記)
古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)は、恋愛が発覚したアイドルに騙された、と訴えるファンを弁護します。 めちゃくちゃな論理で被告を追い詰めた古美門は、真知子ではなく羽生晴樹(岡田将生)を指名して交代します。 天性の人たらしの才能を持つ羽生は、...
新ドラマ「リーガルハイ」第1話 (日々“是”精進! ver.F)
黒星… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310100003/ 【送料無料】リーガル・ハイ Blu-ray BOX 【Blu-ray】 [ 堺雅人 ]価格:22,809円(税込、送料込)
【リーガルハイ】 第1話 初回感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
違う。 依頼人のオーダーが無罪ならクロでもシロにする。 それが我々の仕事だ。 このやり取り、もう飽きた! 今どき、朝ドラの主人公でももっと成長するぞ。 リーガルハイ 第1話       やっと始まった~~。 これが開始されるのを待ちに待って...
リーガルハイ(2)第1話 (レベル999のgoo部屋)
「完全復活・古美門研介!すべては依頼人のために無敗の弁護士が非道の悪人に立ち向かう!」 内容 その日、古美門研介(堺雅人)は、黛真知子(新垣結衣)とともに 恋愛問題が発覚したアイドル南風るんるんを相手に 騙されたと訴えるファン達を法廷で弁護していた。 喋...
リーガルハイ 第2シリーズ (第1話・10/9) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
フジテレビ『リーガルハイ 第2シリーズ』(公式) 第1話『完全復活・古美門研介!すべては依頼人のために無敗の弁護士が非道の悪人に立ち向かう!』の感想。 なお、『リーガル・ハイ 第1シリーズ』は鑑賞済み。 不敗神話を誇る弁護士の古美門(堺雅人)に、一...
『リーガルハイ』♯01 (悠雅的生活)
完全復活・古美門研介!すべては依頼人のために無敗の弁護士が非道の悪人に立ち向かう!
『リーガル・ハイ 第2シリーズ』第一話 (時間の無駄と言わないで)
「~2」とか「~リターンズ」とかが一切付かずに無印(?)のままってのに驚き。 新キャラが加わったけど、ノリは変わらず一安心。 「前作は観ていて当然だろう?」という作りも ...
【リーガルハイ】初回感想と視聴率好発進♪ (ショコラの日記帳・別館)
『リーガルハイ2』 「完全復活・古美門研介!すべては依頼人のために無敗の弁護士が
【リーガルハイ】初回(第1話)感想と視聴率好... (ショコラの日記帳)
『リーガルハイ2』「完全復活・古美門研介!すべては依頼人のために無敗の弁護士が非道の悪人に立ち向かう!」今日は、こちら、最高気温29.2度でした(汗)寒がりな私も、さすがに...