平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

貴族探偵 第4話~今回の小ネタは「ゲロゲ~ロ」、佐藤さんは吊り橋を持ち上げるwww

2017年05月09日 | 推理・サスペンスドラマ
 何でもありですな~ww
・アイドルオタク
・いづな様の祟り
・落ちた吊り橋 ←名探偵コナン? 金田一少年?

 これだけ相反するさまざまな要素を詰め込まれると、正統派の古典ミステリーを嗜好される方は「ふざけるな!」と言いたくなるだろう(笑)
 もともと〝推理しない探偵〟というコンセプト自体が「ふざけるな!」ですからね……。
 ………………

 今回は『貴族探偵』自体もぶっ壊していた。
 何しろ
・今回は〝使用人がいない〟!
・貴族様の住居とも言うべき、移動式サルーンがない!

 しかし、それを見事に(?)クリアした。
・貴族様(相葉雅紀)の椅子は犬のシュピ様が山の中を走って運んできた!www
・田中さん(中山美穂)がつくる事件の相関図のボードもタブレットという形でシュピ様が運んできたwww
・佐藤さん(滝藤賢一)はトレイルランナーで、風景を楽しみながら山を越え、吊り橋を引き上げた ←んな、バカな!www
・事件現場にほとんどいなかったのに、山本さん(松重豊)は事件の真相を把握しているwww

 この作品、真面目に見ちゃダメだよね!
 頭を空っぽにして楽しまなきゃ!

 でも、ミステリー要素はわりとしっかりしている。
 今回は思い込み。
・男性の名前はかくあらねばならない。
・女性の恋人は男性。
 という思い込みを逆手にとってミステリーにしている。
 ……………

 貴族様と愛香(武井咲)の距離は少し近づいた感じ(かな?)。
「すべての女性を愛するのが貴族の嗜み」
「浴衣姿の女性を愛でるのは日本人の特権だ」
 と、愛香を持ち上げておいて、
 毎回、推理を外すことについては、しっかりdisる!
 愛香も貴族様のことをいろいろ知りたがっているようだ。

 以前も書いたけど、貴族様って喜多見切子(井川遥)だと思うんだよな~。
 今回も本棚に、貴族様の紋章があったし。
 貴族様は喜多見切子に変装して、愛香を探偵として育てようとしている?
 ……………

 毎回、おなじみの鼻形警部(生瀬勝久)の昭和ネタはこれですかね?

 愛香がゴライアスガエルに喩えられたのを見て、
「ゲロゲ~ロ」
 昭和の漫才師、青空球児・好児さん。
 もう細かすぎる!

 わからない方はこちら
 青空球児・好児「ゲロゲ~ロ」(YouTube)

 これを探すため、鼻形警部のシーンだけ真剣に見ています(笑)

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おんな城主直虎 第18回~あ... | トップ | ひよっこ 第6週~魅力的な... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
貴族探偵 (第4話/15分拡大・2017/5/8) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
フジテレビ系・月9『貴族探偵』(公式) 第4話/15分拡大『温泉宿で殺人事件!孤立する宿!使用人不在で御前大ピンチ!』の感想。 なお、原作:麻耶雄嵩「貴族探偵」「貴族探偵......
貴族探偵 #04 (刹那的虹色世界)
貴族探偵 #04 貴族探偵役の相葉さんの演技もちょっと板についてきたか? まだちょっとチャラいというか軽い感じが原作を読んだ私の中での「貴族探偵」とのイメージと乖離はし......