平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

加計学園問題・続報~安倍晋三は永く権力を持ちすぎた。おごり高ぶり腐りまくってる(怒)

2017年05月18日 | 事件・出来事
 安倍首相が親友の加計孝太郎氏が理事長を務める加計学園に便宜を図ったとされる<加計学園問題>。
 昨日も書いたとおり、その証拠となる文書には、
「総理のご意向」
「官邸の最高レベルが言っていること」
「できないという選択肢はなく、事務的にやることを早くやらないと責任を取ることになる」
 といった生々しい表現が並んでいる。

 菅官房長官は出所のわからない<怪文書>として処理しようとしているようだが、本日、朝日新聞はそれに反論する記事を掲載した。
 その抜粋がこれ。

<朝日新聞が入手した文書は、「○○内閣府審議官との打合せ概要(獣医学部新設)」=○○部分は実名=という題名で、文科省関係者によると、同省職員が作成した。「平成28(2016)年9月26日(月)18:30~18:55」と具体的な日時が入り、「対応者」として内閣府の審議官と参事官、文科省の課長と課長補佐の計4人の実名が書かれている。>

 

 かなり具体的だね。
 これで<怪文書>では済まなくなった。

 朝日新聞は勝負をかけている。
 これぞジャーナリズム!
 権力はさ、批判を受けないと腐るんだよ。
 森友学園に続いて、これも許されたら安倍一派のやりたい放題になる。
 他のマスコミもがんばれ!!

 文書にはこんなことも書かれている。
「平成30年4月開学を大前提に、逆算して最短のスケジュールを作成し、共有いただきたい」
 あれれ?
 これもどこかで見たことがあるな~。
 森友学園だ。
 今年4月の開校に向けて、すべての動きが加速していった森友学園の時と同じ。

 ったく!
 官僚の皆さんは誰のために仕事をしているのかね?
 すべては安倍ちゃんのため。
 全然、国民のためじゃない。
 あんたらの給料を払ってるのは〝国民の税金〟で〝安倍晋三〟じゃないんだけど。
 憲法15条をもう一度、勉強し直せ。
「すべての公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない」

 今治市もさ。
 36億円7500万円の土地を無償で提供して、愛媛県と合わせて施設建設費を約100億円を支払うみたいだけど、本当に採算が採れるの?
 四国の獣医は足りてるそうじゃないか?
 学生が来なかったら、町の活性化にはならず、多額の税金をドブに捨てることになるぞ。

 つーか、こんなことばかりやってるから、国の借金が1000兆を超えるんだよ!

 昨日も書いたけど、
 安倍晋三は永く権力を持ち過ぎた。
 おごり高ぶり、腐りまくっている。
 正しいことがおこなわれず、不正がまかり通る社会ってどうなんだろう?

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝日新聞のスクープ~「総理... | トップ | 共謀罪が衆議院採決~金田法... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL