平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

おんな城主直虎 第6回~黴びたまんじゅうになることが、井伊の家が安泰である証であろう

2017年02月13日 | 大河ドラマ・時代劇
「それが重畳であろう。
 われが黴びたまんじゅうになることが井伊の家が安泰である証であろう」
 家のために結婚をあきらめる次郎法師(柴咲コウ)。
 自分が死んだことになったら、もし直親(三浦春馬)に何かがあった場合、跡継ぎがいなくてしまうからだ。
 これに対して、直親も理解して、
「置き去りにしてすまぬ。
 葬らねばならぬのは俺の心じゃ」
 ………………

『ロミオとジュリエット』の逆バージョンですね。
 ロミオたちは家を捨て、死を偽装して自分たちの恋をまっとうしようとしたが、次郎法師たちは逆。
 家にこだわり、死を偽装せず、自らの恋を捨てた。
 ロミオたちの方が次郎法師たちより<近代人>ですね。
 時代的にはロミオたちの方がやや古い人間だと思うが、ルネッサンスを経た分、人間として解放されている。

 しかし、後ろから抱きしめる〝あすなろ抱き〟はしっかりやる次郎たち。
 このあたりは<現代人>?

 家のために生きると決めた後の次郎法師たちはさわやかだった。
「竜宮小僧はなかなか楽しうございますし、次郎はこのままでよいと思います」
「井伊のために良きお方なら喜びです」
 ふたりの顔に迷いはなく、目は前をまっすぐ向いている。
 このあたりは悲劇で終わった『ロミオとジュリエット』と対照的だ。
 人間、自分の決定に納得できれば、悲劇は悲劇でなくなるのである。

〝道威の中と伯のエピソード〟は、次郎法師の決定に説得力をもたせる小道具として機能した。
 こういう上手い比喩で表現されると納得させられてしまうんですよね。
 これが「家のためにあなたとは結婚しません」という直接的な表現だったら、興ざめなものになってしまう。
 ………………

 竹千代(阿部サダヲ)の描写も上手いですね。
 鷹ではなく雀を可愛がっている。
 おまけに、その雀が懐いている。
 今回の家康は〝いい人〟として描かれるんだろうな~。
 このことが、このシーンだけではっきりわかる。

 後に築山殿になる瀬名(菜々緒)もイメージどおり。
 気が強くてヒステリックで、竹千代とのやりとりだけで後の夫婦生活が想像できる。
 ………………

 最後は〝あきらめ〟。
 次郎法師は「われは諦めるクセがついた」と言っていたが、〝諦め〟というのは仏教では重要な言葉。
 仏教では〝物事に固執するな〟、世の中のあらゆることを〝諦めよ〟と教えるんですね。
 家を捨て、僧になって寺で生活することは、俗世の執着から離れること。
 そうすることで自由になれる。

 だから、恋愛に固執し、家に固執する次郎法師は悟りからは程遠い。
 しかし、固執することは生きることでもある。
 欲望や思いを死ぬ瞬間まで捨てきれないのが人間だ。
〝諦め〟の空間である寺と〝欲望と執着〟の空間である俗世──次郎法師は、その両者の間を行き来している。

 この件が出てきたので思い出しましたが、
 ふみかす(清水富美加さん)、戻って来なよ。
 出家なんて早すぎる。
 もっと迷い、いろんな経験をしてからじゃないと、本当の仏教にたどり着けないんじゃないかな?

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日米首脳会談~露呈した安倍... | トップ | 国有地売却疑惑~その土地に... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
明らかに極める (ミキコ)
2017-02-13 12:49:20
『あきらめる』で仏教的には、もうひとつ意味があって、「物事を明らかに極める」という意味があるそうです。たしか五木寛之さんが著書の中で語っていた記憶がありますが、次郎法師=おとわは、まさに明らかに極めて、結論を出したように感じました。
豊かな言語文化 (コウジ)
2017-02-13 18:55:54
ミキコさん

いつもありがとうございます。

僕も、ひろさちやさんの本で読んだことがあります。
五木寛之さんも書いていらっしゃるんですね。

あきらめる→諦める、明らめる
日本語というのは本当に深い。
僕たちは豊かな言語文化を持っているんですね。
南渓和尚と竹千代 (TEPO)
2017-02-14 02:28:55
今回私にとって印象的だったのはオープニング前、亀之丞プロポーズの場面に傑山「コーチ」(某ブログでの表現)のみならず南渓「校長」(同)まで出張ってきていての「まあ、そうなるよのお」とつぶやいた場面。
前にも書きましたが、私には南渓こそが本作での真のヒーローだと感じられます。
彼はもちろん仏教僧ですが、仏教に限らずおよそ宗教的指導者もしくは教育者のすぐれたあり方を示していると思います。
性急に自らの規範的判断を押しつけることをせず、ひたすら見守り、教え子が心の底からの声を発見することを待つ忍耐強さが感じられました。だからこそ

>ふたりの顔に迷いはなく、目は前をまっすぐ向いている。

すがすがしい結論を得ることが出来たわけです。

>竹千代の描写も上手いですね。
>鷹ではなく雀を可愛がっている。おまけに、その雀が懐いている。

この場面も良かったと思います。
懐かないと思われた雀を懐かせた竹千代の「異能」に触れて、瀬名の彼を見る目が変わったのではないかと思います。
すぐれた師匠 (コウジ)
2017-02-14 08:01:47
TEPOさん

いつもありがとうございます。

>性急に自らの規範的判断を押しつけることをせず

南渓和尚は気づかせようとするんですよね。
和尚は考えるきっかけを与えるだけ。
次郎なら気づくだろうという信頼感もある。

もっと言えば、南渓にとっては、次郎がふたつの道のうち、どちらを選んでも正解なんでしょうね。
死を偽装して恋を全うしても、家のために恋を捨てても、次郎が納得して満足であればそれでいい。

おっしゃるとおり、南渓はすぐれた師匠ですよね。

>瀬名の彼を見る目が変わった
そうそう、この点を忘れてはいけませんよね。
少しずつ近づいていくふたりの距離が見ていて、面白いです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
【おんな城主 直虎】第6回「初恋の別れ道」 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
柴咲コウ、杉本哲太、財前直見、前田吟、小林薫、三浦春馬、高橋一生、柳楽優弥、貫地谷しほり、ムロツヨシ、宇梶剛士、吹越満、苅谷俊介、でんでん、筧利夫… この記事のコ......
おんな城主直虎 第6回「初恋の別れ道」 (事務職員へのこの1冊)
第5回「亀之丞帰る」はこちら。前回の視聴率は16.0%と微動だにせず。予想もどんぴしゃ。イッテQのスペシャル相手に健闘。さて今回はタイトルも「初恋の別れ道」と、チャン・ツィ......
大河ドラマ「おんな城主直虎」 #06 初恋の別れ道 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
亀之丞が帰ってきましたが・・・。 月日がたち、それぞれの立場が変わっています。
大河ドラマ『おんな城主直虎』第六回 (レベル999のgoo部屋)
「初恋の別れ道」 内容10年ぶりに亀之丞(三浦春馬)と再会した次郎法師(柴咲コウ)亀之丞は元服し、井伊肥後守直親と名を改める。直親は、次郎法師を還俗させ、妻に迎えたい......
おんな城主 直虎 6話「初恋の別れ道」 (昼寝の時間)
公式サイト 井伊谷への帰還を果たした亀之丞は、元服して井伊直親(三浦春馬)と名を
大河ドラマ「おんな城主 直虎」生き残る為の決断6直親の奇策に次郎法師は思い留まり直...... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「おんな城主 直虎」第6話は井伊谷に帰還した亀之丞は元服して井伊直親と名を改めた。それにより次郎法師を還俗させて妻として迎えたいと願い出るも、10年前に井伊家は......