平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

PRICELESS~炊き出しやホームレスを安易に扱われたことに怒りすら感じる

2012年10月23日 | その他ドラマ
 甘っちょろいドラマである。
 以下、批判なので読みたくない方はスルーして下さい。

 物語は、いきなり不条理な状況に落とされた金田一二三男(木村拓哉)が七転八倒する物語。
 今までの木村さんのイメージを逆手にとって、<カッコ悪い木村拓哉>を描くというのが企画意図だろう。
 だから木村さんを<野宿者><空き缶拾い>に。
 しかし、少しもこの金田一にまったく感情移入できない。
 金田一自身は、この状況から抜け出すために大きな努力はしていないんですよね。
 行きつけのバーのマスターはいい人で働かせてくれるし、たまたま出会ったアパートの一厘(夏木マリ)は500円で朝食付きの宿を与えてくれる。
 木村さんがホームレスをやるというから期待していたけど、<野宿者><空き缶拾い>はドラマのためのただの素材でしかない。
 上っ面の表面だけをなぞっただけ。
 ここから現代の<貧困問題>に切り込むのかと思ったら、まったくそんな気配はない。
 まあ、月9ですからね、そんな問題は扱わないか。
 だから湯浅誠さんの貧困問題の本などを読んでテーマにしている僕としては、炊き出しやホームレスを安易に扱われたことに怒りすら感じる。

 この作品の言いたいことは
★500円稼ぐのって大変! だとか
★お金よりも大切なものがある! だとか
★貧乏になって見えて来る本当の人間関係 とかだろうが、テーマとしては実に甘っちょろい。

 クライマックスの<ビールか景品のブルドーザーか>という選択だって、カイジくんなら迷わずビールを選んでいますよ。
 ブルドーザーを選んだ金田一よりビールを選ぶカイジくんの方が、現代ではずっとリアリティがある。
 ちなみにカイジくんとは『賭博黙示録カイジ』の主人公のことです。藤原竜也さんで映画にもなった。
 較べること自体が意味のないことなのかもしれませんが、『カイジ』と較べてみれば、この作品がいかに甘っちょろいかがよくわかる。
 『カイジ』の世界がハード過ぎるのなら、せめて『嫌われ松子の一生』を書いた山田宗樹さんの『ジバク』くらいの内容にしてほしかった。
 『ジバク』は一歩間違えばどんどん転落していってしまう非情な現代を描いているが、『PRICELESS』は完全に<お子様ランチ>の世界。
 未来の見えない閉塞した現実に生きている人が見れば、鼻で笑ってしまう内容だろう。


『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平清盛 第41回「賽の目の行... | トップ | 遅咲きのヒマワリ~自分を受... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これは 1話リタイアですね (megumi)
2012-10-24 12:56:55
コウジさん

月9は 対象年齢層が若いような気がするので
見なくなって久しいのですが
上司役に中井貴一と書いてあるのに惹かれて
見た私がバカでした。
(近頃の中井さんは 「東野圭吾シリーズ」のナビ役とか どうでもいいような仕事が目立ちますが 何故?)

おっしゃるとおり 軽薄で甘ちょろいドラマですね。
似たような人物設定のドラマですが 
昔見た 織田裕二の「お金が無い」の方がよっぽど面白かったなぁ。

木村拓哉は 
脱皮できないままに年だけ重ねていくのでしょうか?
「あすなろ白書」の取手君を演じていた頃は好きだったんですがねぇ・・・残念です。

あ、そうそう
「薄桜記」は 大河とは違いますから
スケールは小さいですよ。
こじんまりと まとまった佳作です。
(柴本さんは たたずまいは母親似ですが
お顔のパーツの一部が父親似なのが惜しまれます。)
   ↑
 余計なお世話ですね
役者の成熟 (コウジ)
2012-10-25 09:13:24
megumiさん

いつもありがとうございます。
ぼくも1話リタイアです。

中井貴一さんにはしっかりした仕事をさせてあげたいですね。
今、一番役者として脂がのっている感じ。
ナビゲーターやワンポイントの脇役ではもったいない。

役者さんとして脂がのるということでは、木村拓哉さんはどうなんでしょうね。
木村さんに関しては、どんな役をやっても<木村拓哉>という批判があるようですが、何だろう、確かに何かが足りない。
役者・木村拓哉論を書いている文章があれば、ぜひ読んでみたいです。

「薄桜記」
佳作、好きです。
大きな仕掛けのない佳作こそが、役者さんや脚本の力が試される作品。
見応えがあります。
第1話では、ふたりが出会うシーンから婚姻の夜のシーンまでの流れが上手かったですね。
出会いのシーンで、名前を名乗らなかったのが後の物語に繋がって、なるほど! でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~ 第1話の感想 (オタクと呼ばないで)
フジテレビ系で放送された「PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~]」第1話の感想など第1話はまずまずの滑り出しだったんじゃないでしょうか。30分拡大もさして冗長に感じませんでした。金田一(木村拓哉さん)の部屋の爆発シーンには笑いました。そこまでやるかと。...
【PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~】第1話 初回感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
会社にいたときは、自分がいつの間に500円稼いだかなんて考えたこともなかったろ。 一生懸命、汗水流して働いてみな。 今のあんたなら500円の重さが分かるだろうさ。 PRICELESS~あるわけね...
PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~ (第1話 初回30分拡大・10/22) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
フジテレビ系ドラマ『PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~』(公式)の第1話 初回30分拡大『はじめての貧乏…五百円稼ぐって大変』の感想。 久し振りに「キムタクドラマにハズレ無し伝説」が復...
PRICELESS ~あるわけねぇだろ、んなもん!~ (AKIRAのドラマノート)
初回の感想
PRICELESS~あるわけねえだろ、んなもん~ 第1話 (ぷち丸くんの日常日記)
ミラクル魔法瓶という販売会社の企画開発営業部の課長・金田一二三男(木村拓哉)は、部下の榎本小太郎(藤ヶ谷太輔)の失態を詫びに得意先を一緒に訪れていました。 勢い良く会社を訪問して、いきなり土下...
PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~ 第1話 (ドラマハンティングP2G)
2012.10.22 ON-AIR #01 第1話 あらすじ「はじめての貧乏…五百円稼ぐって大変」 バカ。そんなことするわけねーだろ。 『ミラクル魔法瓶』企画開発営業部、課長の金田一二三男(木村拓哉)は、会社の後輩や同僚から愛され、キャラクターが買われて駆り出された難しい商...
PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~ 第1話 (レベル999のgoo部屋)
『はじめての貧乏…五百円稼ぐって大変 内容 ミラクル魔法瓶の創業者・大屋敷巌(中村敦夫)が、亡くなった。 息を引き取る直前、巌は、息子で副社長の統一郎(藤木直人)に耳打ちする。。。 企画開発営業部課長・金田一二三男(木村拓哉)の名前を。 統一郎に人柄を尋...
ドラマ「PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなも... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
亡き父の最後の願い。託されたその願いが、金田一二三男の人生を、大きく変える--------!!ついに始まった今期月9。まぁ、主役がキムタクなので、そういう目で見ちゃうわけですが・...
「PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん~」無一文生活1仕組まれた解雇で無一文になってお金を稼ぐ難しさと働く難しさを知るのだっ... (オールマイティにコメンテート)
「PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん~」はある企業の企画開発営業部の課長が突然身に覚えのない情報漏えいで懲戒解雇となり、さらに家まで何ものかに爆破された事で一文無しと ...
PRICELESS あるわけねぇだろ、んなもん!第1話(10.22) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
会社からは解雇・マンションは火事、 突然すべてを失った男金田一二三男@木村拓哉がどん底から這い上がっていく話 『ロンバケ』『ギフト』『眠れる森』『ビューティフルライフ』『HERO』 『GOOD LUCK!!』『華麗なる一族』etc キムタクのドラマを数々楽しんできましたが、...
《PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~》★01 (まぁ、お茶でも)
<1人の老人が息を引き取ろうとしていた。 名は大屋敷巌 ミラクル魔法瓶という大企業を 一代で築き上げた優秀な経営者だ。> 大屋敷はカープの北別府の大ファンだった。 息子統一郎が、北別府はまだかと部下たちに聞いていると、巌の手が伸びた。 何かと最期の言葉を残...
PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん! (のほほん便り)
今度のキムタクは、どん底から「はいあがる」成長物語、なんですね。 「かっこいい」キムタクはやり尽くした感、なので、「そんなバカな!」に、トホホな不運の連続は狙い目なのかな? でも、世間様は、やはり、彼には、あくまで憧れポジションであり続けて欲しかった...