平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

八重の桜 第12回「蛤御門の戦い」~西洋学問をしても家を焼かずに済むいくさのやり方はわからない

2013年03月25日 | 大河ドラマ・時代劇
 蛤御門の変~会津VS長州。
 作品はこの両者以外の第三の視点も描く。
 それは庶民の視点だ。

 焼け出された人たち
 親を失った子供たち
 食べ物を乞う人たち
 
 このように、結局、ひどいめに遭うのは庶民なんですよね。
 被害に遭った庶民の立場に立てば、西郷(吉川晃司)のカッコイイせりふも虚しく聞こえる。
「薩摩藩、西郷吉之助、御加勢つかまつる!」
 覚馬(西島秀俊)も銃のことしか考えていない。
「新式銃のライフル、弾丸筋がブレねえ。薩摩強え……」
 いくさが終わって町が焼け野原になった時も
「これがいくさか……。何百年もかかって築いた町をたった一日で焼き尽くしちまった。元の姿に戻るのにどれだけの時がかかるか」
 と、どこか他人事だ。
 長州側も自分たちのことしか考えていない。
「ここで引けば朝敵になる」
「時間を稼げば、公家たちが騒ぎ、和議を申し出る」
 大垣屋清八(松方弘樹)の言葉はどこか皮肉に聞こえる。
「西洋の学問をしても、家を焼かずに済むいくさのやりようは、わからんもんでっしゃろか?」

 結局、人は自分の立場でしか物事を考えられないものなのだろうけど、上の者が勝手に戦争をして庶民が被害を受けるという構図は昔も今も変わらない。
 この作品『八重の桜』は、この庶民の視点に時間を割いて描いている所に好感が持てる。

 一方、会津では八重(綾瀬はるか)と尚之助(長谷川博己)の縁談話。
 尚之助って理論的で聡明な人物ですね。
 いくさが始まり、山本家一同が不安になる中、「大砲を撃ち込むなんてことを考えるのは覚馬さんしかいない」→「だから覚馬さんは無事」という論理を展開して、皆を安心させる。
 いくさの後も、このいくさで銃の果たす役割が認識されたから、藩を説得して「銃器を一新するいい機会だ」と次の手を考えている。
 状況に流され、一喜一憂するだけの八重とは大きく違う。
 八重に生きる指針を与えてくれる。
 もっとも前々回は八重が尚之助に、「頑固なのが会津だ」「認めていただけるまで何度も何度も造り直すべ」と語り、励ましていましたが。
 お互いを支え合う八重と尚之助はいい夫婦になりそうです。

 そして、八重さんもそろそろブラザーコンプレックスから抜け出さないと。
 世の中には、覚馬以外にもいい男はいっぱいいるのですから。


『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あぽやん 走る国際空港 最... | トップ | ビブリア古書堂の事件手帖 ... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (高木一優)
2013-03-26 17:05:10
蛤御門の変、会津に加勢した薩摩が敵にまわることになるなんて覚馬たちはまだ知らないのですね。また長州の恨みを買ったことで将来おこる悲劇を予想することもできなかったでしょう。
そう思うと、今回はなんともせつない回でした。
一寸先は…… (コウジ)
2013-03-27 07:56:43
高木一優さん

コメントありがとうございます。
まさに一寸先は闇ですね。
今日の味方が明日には敵になり、歴史の状況はどんどん変わっていく。
大きな歴史の流れの中では、個人や小さな存在は無力ですね。
ただ流されていくだけ。
それで流されまいとして立ち向かうところにドラマが生まれるんでしょうね。
帰国してから (TEPO)
2013-03-28 03:58:02
ギリシアに来ておりようやくネットがつながりました。
今回と次回本編見られませんが、予通り場面は展開しつつあるようですね。
八重と尚之助の展開がどうなるのかが気になっていましたので、帰国してからチェックします。
帰国されてから (コウジ)
2013-03-28 08:27:50
TEPOさん

ギリシャにいらっしゃるんですね。
世界を舞台に活躍していらっしゃいますね!

TEPOさんがおっしゃっていたように、現在は会津も八重も急展開な時期。
帰国されてから、じっくり愉しんで下さい。
また、わざわざ外国からのコメント、ありがとうございます。
帰国しました (TEPO)
2013-04-04 22:01:26
当然次回の第13話も見た上でのコメントなので、どうしても次回の視点も混じってしまいますが……。

特に私は八重と尚之助との関係に注目していましたが、次回までの二回がかり(祝言はさらに第14話)のようなので、その方は次回の欄に書きましょう。

今回も特に印象的でしたが、本作の視点は実にバランスがとれていますね。
もちろん本作は会津視点なのですが、叙述が客観的なので「長州ファン」「薩摩ファン」「新撰組ファン」など思い入れを異にするどのような視聴者から見ても不快感は覚えないのではないでしょうか。

そしてご指摘の
>それは庶民の視点だ。

この「庶民の視点」の描写も、成り行き上会津藩が京都の庶民から憎まれるに至った事実を冷静に描いているものと理解しました。

ご指摘の言葉を残した大垣屋清八は重厚感のあるキャラですね。
松方弘樹さんが演じておられるところから見ても、今後重要な役割を担ってくる予感がします。
客観叙述 (コウジ)
2013-04-05 09:53:48
TEPOさん

お帰りなさい。
いつもありがとうございます。

>もちろん本作は会津視点なのですが、叙述が客観的なので

おっしゃるとおり、非常にバランスがとれていますよね。
逆に言うと、このバランスの良さがドラマではなく、歴史ドキュメンタリーの印象を与えてしまうのですが、これ以上書くと、いろいろ叩かれそうなので留めます……。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
【八重の桜】第12回 「蛤御門の戦い」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
1864年7月、長州が洛中(らくちゅう)へ兵を進め「蛤御門の戦い」が始まった。 慶喜(小泉孝太郎)や容保(綾野剛)が率いる幕府軍は劣勢を強いられるが、覚馬 (西島秀俊)や大蔵(玉山鉄二)らの活躍と...
大河ドラマ「八重の桜」第12回 (日々“是”精進! ver.F)
覚馬、負傷… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201303240004/ 八重の桜 二山本 むつみ 五十嵐 佳子 NHK出版 2013-03-26売り上げランキング : 9385Amazonで詳しく見る by G-Tools
『八重の桜』 第12話 「蛤御門の戦い」 (英の放電日記)
「西洋の学問しても、家焼かずに済む戦のやりようは、わからんもんでっしゃろか?」  今回の最後を締めた大垣屋清八(松方弘樹)の言葉である。  歴史的には小事で、おそらく、ドラマの筋としても脇に位置する考え方であろう。しかし、今回の話では、この言葉を言いた....
八重の桜 第12回 蛤御門の戦い (レベル999のgoo部屋)
『蛤御門の戦い』 内容 元治元年。 京へと迫る長州軍を会津藩を中心とした幕府軍は、迎え撃つ準備を進めていた。 そのころ会津では、権八(松重豊)が、ある事に頭を悩ませていた。 父の奇妙な姿に、首をかしげる八重(綾瀬はるか)だったが、 うら(長谷川京子)によ....
「八重の桜」 第12回、蛤御門の戦い (センゴク雑記)
大河ドラマ「八重の桜」。第12回、蛤御門の戦い。 長州藩との武力衝突が起こる。
蛤御門の戦い (西徂庵)
八重の桜 #12
大河ドラマ「八重の桜」信念の人12八重に尚之助との縁談も八重は断り長州軍の京都攻撃に一時助勢になるも薩摩軍の加勢で盛り返し京... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「八重の桜」第12話は長州軍が京都御所を攻めてきた。これに幕府軍は対抗し京都御所を守るが見通しが甘く京都御所まで長州軍は迫り一時守りが手薄になるも覚馬の奮闘 ...
大河ドラマ「八重の桜」 #12 蛤御門の戦い (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
ついに会津、薩摩と長州の激突です。
【八重の桜】第12回プチ感想と視聴率「蛤御門の戦い」 (ショコラの日記帳・別館)
「蛤御門の戦い」 今日は、満月のはずでしたが、天気が悪くて見えませんでした(^^